映画評515 ~ 豆富小僧

今回は「豆富小僧」

eiga110429.jpg

人気作家・京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」を、『あらしのよるに』などの杉井ギサブローがアニメ化した異色ファンタジー。江戸時代を舞台に、お盆に乗せた豆腐を持つことだけが取り柄の気弱な妖怪・豆富小僧が、母親捜しの旅に出ることで成長していく姿をユーモラスに描く

声の出演は、深田恭子、武田鉄也、小池徹平、大泉洋、宮迫博之、平野綾、はるな愛、檀れい、松平健など


<ストーリー>
人間と妖怪が一緒に暮らしていた江戸時代、お盆に乗せた豆腐を持って立っているだけが取り柄の妖怪・豆富小僧。気弱で人間を怖がらせることができず、父親の妖怪総大将・見越し入道からは常に怒られ、ほかの妖怪たちからもばかにされていた。そんな彼を唯一慰めてくれる目付け役のダルマと共に、豆富小僧は母親捜しの旅に出るが・・・


いやあ、参った!

冒頭で深田恭子の声を聞いた時点で、「ん??????」
違和感があるどころか、下手すぎる。
こんなのを声優に起用しちゃあいけないだろう。

いきなりこの衝撃だから、後の展開なんか、もうどうでもいい感じ。
しかし、たとえ深田恭子を受け入れられたとしても、序盤~終盤まで、まったく面白い場面がない。
しかも、画が雑だから、「かわいい」とか「面白い」と思えるキャラクターもない。
とにかく、笑えるどころか、感情移入できる部分がほとんどなかった。

唯一ユニークだと思えたのが、大泉洋が声を担当している死神。
彼だけが、ちょっと面白かった。

とは言え、彼は「閻魔大王」の手下だったのだが、これと妖怪とは、どういう関係なんだろう。
もちろん、死神も豆富小僧たちの「仲間」だったようだから、閻魔大王も妖怪ということになるが、そうすると見越し入道の「総大将」って、どういうこと?

一方、妖怪たちが相対する敵が「タヌキ」軍団。
別にこの設定はいいのだけど、タヌキの総大将は、どう見ても「キツネ」にしか見えなかった。

このキツネもどきのタヌキと見越し入道との闘いは、まずまずだったとは思うけど、その直前のやり取りがちょっと変だった。

見越し入道に対して、息子である豆富小僧が心配して声を掛けたのに応えて、「オレを誰だと思ってるんだ」と言っていたが・・・

その後の一言。

「オレは、お前の父親だ!」

えっ?
それは、違うだろう。

ここは「オレは、妖怪の総大将だ!」じゃないの?

最後も「ほろっ」とさせたいのだろうけど、私的には今いち。

豆富小僧が自分の豆腐を死神に渡したことによって死んでしまう、という場面なのだが、そもそも死神は、豆腐がなければ困る、とかいった状況ではなく、単に「欲しかった」だけ。
だから、豆腐をもらわなくても、アイのお母さん(茜)を助けることはできたはず。
どうせ、閻魔大王には怒られるわけだし・・・

まっ、こんなのはたいしたことではないんだけど、とにかく面白い部分がないのでは、どうしようもない。


本来であれば、「E」でもつけたいところだけど、死神のキャラクターに免じて、評価としては「D」にとどめたいと思います。
スポンサーサイト

映画評514 ~ ガリバー旅行記

今回は「ガリバー旅行記」

eiga1104024.jpg

長年にわたって子どもから大人まで幅広く親しまれているジョナサン・スウィフトの「ガリバー旅行記」を、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック主演で映画化したファンタジー・アドベンチャー

主演は、ジャック・ブラック
共演は、エミリー・ブラント、アマンダ・ピート、ジェイソン・シーゲル、ビリー・コリノー
その他、クリス・オダウド、T.J.ミラー、ジェームズ・コーデン、キャサリン・テイトなど


<ストーリー>
新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを目指すガリバー(ジャック・ブラック)は、謎のバミューダ三角地帯を取材するチャンスをつかむ。取材のため、航海の旅へと出たガリバーだったが、大海原で嵐に見舞われ、気が付くと小人が暮らす国、リリパット王国にたどり着いていた


残念ながら、吹替え版だった。
そして、あまり意味のなさそうな3Dだった。

結果は、というと、残念ながらあまり笑えなかった。
もちろん、ジャック・ブラックだから、コメディであることはわかっているし、ある程度は期待していた。

まず、ガリバーとリリパット王国の人々とのやり取りが、あまり面白くない。
本来、体格等相かなり差があるにもかかわらず、簡単にガリバーは手かせ足かせをされてしまう。
相当大きなモノが必要になるはずなのだが、リリパット王国の人達は「どんなものでも、すぐに作り上げてしまう」の一言で片づけている。
だから、ガリバーの住む家はおろか、ニューヨークの街そのものまで作り上げてしまう。

ここまでは、まだいい。
しかし、リリパット王国の敵国は、大男のガリバーと対峙するために、最初帆船と大砲で応じていたのに、リリパット王国の将軍が寝返った時には、いつのまにかハイテクのロボットを作っていた。
このあたりの展開が、もっとユニークであればいいのだが、「何でもできちゃう」の一言で進められているものだから、あまり笑えない。

つまり、「あり得ない」展開が繰り広げられるのはいいのだが、その間のやり取りに、あまり面白さがないので、全体として、ダラダラとした展開になってしまっている。

しかも、巨人国とのエピソードは、ちょっとだけ。
ガリバーが一目ぼれしている編集長とのロマンスも、何だか中途半端。

全体的に会話があまり面白くなくて、吹替え版の悪い面が出ていたような気がする。

特に、最後の歌の部分まで吹替えにする必要があったのかどうか。
ジャック・ブラックは、本来ロッカーでもあるので、最後くらい彼の声を聞きたかった。

ということで、あまり面白く見ることができなかったので、評価は「C」にします。

映画評513 ~ エンジェル・ウォーズ

今回は「エンジェル ウォーズ」

eiga1104019.jpg

暗い現実から逃げるために想像の世界を作り出したヒロインがバーチャル兵器を駆使する4人の女性を集め、自由を手に入れるために幻想的な戦いに挑むアクション・ファンタジー

主演は、エミリー・ブラウニング
共演は、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、スコット・グレン
その他、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、リチャード・セトロン、ジェラルド・ブランケット、マルコム・スコットなど

<ストーリー>
幻想的な世界に閉じ込められたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、バーチャル兵器を使いこなす4人の女戦士を集め、自由を求めて戦うことに。想像の世界の中でワイズマン(スコット・グレン)の手助けを受けた彼女たちは成功すれば自由を手に入れることができるが、そのためにはある犠牲を強いられる運命にあった


いやあ、不思議な映画だった。
ちょっと変わった映画、と言った方がいいのか。

最初は、義父による妹殺しの濡れ衣を着せられた女性が、精神病院に入れられて、そこで悲惨な目に遭うが・・・
という感じのSFモノだと思っていた。

予告編で見たアクション・シーンというのは、その病院を脱出するための使命みたいなもの、だと勝手に解釈していた。

だけど、全く違った。

まず、精神病院の中のキャバレー(売春宿)の時点で、すでにバーチャルの世界になっている。
そして、そこで「ものすごい踊り」をした途端に、バトル・シーンに変わり、スコット・グレン演じるワイズマンの指示に従って、必要なアイテムを手に入れる。

つまり、2段階のバーチャル世界となっている。

1つが、キャバレー。
そして、もう1つがバトルの世界。

なので、最初はよくわからなかった。
キャバレーのシーンは、最初は現実の世界かと思っていたので、後の展開が「???」だったのだが、よくよく考えてみれば、すべて主人公であるベイビードールの頭の中の世界だ。

ただし、最終的に女性5人組の一人スイートピーだけは、実際に精神病院を脱出したみたいだけど・・・

全体的に、私のようなニブい人間には、ちょっとわかり辛い映画だけど、アクション・シーンはなかなか良かったし、最後にバスの運転手がスコット・グレンだったところは、何だか「ほっ」としたシーンだった。

ただ、主人公のエミリー・ブラウニングは、美人ではない、というより、ちょっと頭の弱い女性に見えるので、最初のうちは、まったく感情移入できなかった。
後の4人のうち、一番美人タイプのスイートピー役のアビー・コーニッシュだけが、生き残ったというのは、これまた「ほっ」としたところだろうか。

スコット・グレンが、シブい役割で、全体を盛り上げていたように思う。

そんなこんなで、どうにもコメントのしにくい映画だったし、最初は「失敗したか?」と思ったけれど、途中からは、まずまず楽しめたので、コナンで厳しく評価した分、こちらをちょっと甘めに、評価は「B」にします。

映画評512 ~ 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)

今回は「名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)」

eiga1104017.jpg

無類の人気を誇る青山剛昌原作の「名探偵コナン」シリーズ劇場版15周年記念作品。
地下鉄トンネル爆破事件と雪原での死体発見事件とのつながりを究明するため、コナンが巧みな推理を展開する


<ストーリー>
都知事あてに脅迫状が届き、都営新地下鉄のトンネル爆破事故が起こる。コナンの推理で奇跡的に被害者を出すことは免れた。都知事が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者が怪しいとにらんだコナンは、一路新潟県へと向かう。すると、ダム移設5周年の記念式典でにぎわう村の雪原で、死因不明の遺体が発見され・・・


まず・・・
犯罪の規模の大きさの割には、その動機というのがややしょぼい(?)感じがした。

だいたい、都知事が北ノ沢村での記念式典に出席するのを阻止するために、わざわざ地下鉄を爆発して、都知事のみならずまわりの人間まで、すべて抹殺しようとするかね。
都知事を殺害するのは、ダム建設に対する恨みから、という動機を捏造するためだとしても、わざわざそんなことまでしなくても、という感じだ。

この犯人は、爆弾の設置とか含めて、やることが大袈裟すぎるというのか、町を一つぶっ潰して、いったいどうするつもりだったんだろう。
昔強奪した宝石を探し出すためだとしても、あんな大爆発を起こした後では、警察やらマスコミやらが殺到するだろうに、悠長に宝石探しなんかできるはずがない。

やることが派手、というよりは、限度を知らないただのバカにしか見えない。

しかも、氷川を簡単に殺したくせに、残った人物やダムの管理員たちを殺さないで、わざわざスタンガンで気絶させただけ、って何だか行動に一貫性がない。

それと、殺された氷川は、今回の犯人が、なぜ宝石強盗の犯人だとわかったのか。
職業が「保険調査員」ということだったのだが、保険調査員だと何でもわかる、という設定はいかがなものか。

そもそも、今回は冒頭から何だか違和感があった。

コナンが、地下鉄と並行して走っている道路を走行中、待機ゾーンに車もないのに人がいるのを見かけて、即座に「爆発するつもりだ!」と断定するなんて、ちょっと強引だと思う。
事前に、都知事暗殺予告があったのを知っていたとしても、それですぐさま目暮警部に電話して「電車を止めてくれ!」と指示するのは、いくら何でもムチャだろう。

それに、あれだけの大爆発・大事故なのに「人も車もまったくの無キズ」なんて、あり得ない!
少なくとも、あの爆風で、車の多くは影響を受けているはず。
このあたりの描写はいいかげんすぎる。

さらに、都知事が以前国交省をやっていた、というだけで、すぐに「何かある」と踏んで、新潟に飛ぶなんて、途中の推理はまったくなかったのか?

また、町のホテルで小学生時代の同級生5人(犯人含む)が8年ぶりに集まった時、最初は和気あいあいの雰囲気だったのに、コナンたちがやってきた途端、それぞれが勝手に人の過去を暴露したり、相手を罵倒したりと、もう違和感バリバリ。
つまり、本来であれば、コナンがいろいろ調べた結果、あるいは推理の結果、それぞれの過去を暴くという筋書きにする方がスムーズだろうに、みんなわざわざ自白してどうするんだ、という感じ。

それと、今回コナンは一つ推理ミスをするのだが、自分たちをライフルで狙った相手というのが、実は犯人ではなくて、別の人物だったというものだ。
推理ミスはいいのだけど、実は「殺す気はなかった」というのは、どうなんだろう。
前後の描写では、どう見たって「殺そうとしている」としか見えないし、たとえ脅すだけのつもりだったとしても、いったい何のメリットがあるというのだろう。
記憶喪失の少年(冬馬)の記憶が戻ればすべてが終わり、という状況では、脅しなんて何の意味もないはず。

ついでに言うと、この記憶喪失の少年は、途中ダイヤモンド・ダストを見て、何かを思い出そうとする。
それは、雪道を走行中に、盗まれた宝石が道路にバラまかれた時の状況、ということなのだが、どんな状況なのか、さっぱりイメージできない。
だいたい、宝石がバラまかれたといって、どうして7歳の小学生が「あっ、宝石泥棒だ!」と思うのだろうか。

このあたりの展開というのか、前後の関係がどうもムチャクチャクなような気がした。


最後の場面などは、かなりハラハラ・ドキドキの展開のはずなのだが、推理劇というよりは、アクションものになってしまっているので、あまり感情移入ができなかった。

最後に、タイトルにもなっている「15分」というのは、雪崩に埋まってしまった時、助かる可能性のタイムリミットということなのだが、別に「きっちり15分」というわけではなかろう。
人によっては、10分で死んでしまう人もいるだろうし、20分もつ人だっているだろう。
それなのに、「あと1分!」などとカウントダウンしている様子は、何だか奇妙だった。

そしてトドメ・・・

声優にタレントを使うことは、基本的に反対なのだけど、今回はあろうことか、ド素人を起用。

その名は、渡部陽一。
単に、「しゃべりが遅い」というだけでテレビに出ているおっさんだ。

こんなのが、容疑者を取り調べる刑事の役で出演。
やり取りの後で、少年探偵団のガキ(元太)に「あの人、しゃべり遅えなあ」と言わせていたが、こんなやり方で笑わせようなんて、ちょっと姑息すぎないか。


そんなこんなで、全体の流れとしては、特に悪くなかったような気はしたけど、こんなにもツッコミどころ満載とは思わなかったので、期待していただけに、評価としては、かなり厳しく「D」にします。

次回に期待です。

映画評511 ~ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

今回は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」

eiga1104016.jpg

大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」シリーズの、劇場版第19弾。
スパイになった野原しんのすけが変装や潜入捜査に挑戦し、前代未聞のミッションで繰り広げる活躍をギャグ満載で描かれる。


<ストーリー>
国籍不明の少女レモンが届けたアクション仮面からのメッセージによって、アクションスパイとなったしんのすけ。レモンの指導のもと、スパイとしての特訓を積むことに。変装や潜入、秘密道具といったスパイの訓練に夢中になる中、しんのすけに前代未聞のミッションが下される


今回は、徹底的に下品なテーマにこだわっている。

それは「屁」だ。

「ヘーデルナ王国」だの「ヘガデル博士」だの「メガヘガデル」だの、とにかく「屁」に関するものばかり。
世界征服まで、屁でやろうとするのだから、徹底している。

この下品さが、このアニメ本来のものかも知れないが、だったら、わざわざ映画でやらなくても、テレビで十分のような気がした。


それで、面白かったのか、と言うと・・・

今いちだった、としか言いようがない。

所々笑える部分もあったのだが、全体的には「おバカ路線」まっしぐらだった。
しかも、これまで時々醸し出していた「感動」からも、ちょっと遠かったような気がする。

登場人物も、ヒロインのレモンはまずまずだったのだが、それ以外は、根っからの悪人がいなかったせいもあり、しんちゃんの活躍があまり目立たなくなってしまったので、盛り上がりにちょっと欠けたように思う。

それと・・・

途中、ヘガデル博士の部下で、関西弁を話す二人組がいて、「下手だなあ。もしかしてタレントか?」と思っていたら、案の定関ジャニ∞のアンちゃん二人だった。
二人で漫才のようなものをしていのだが、やっぱり違和感がある。

ということで、特にケチをつけるほどの部分はなかったとは言え、全体的に今いちだったので、評価は「C」とします。

次回、第20弾は、もっとド派手にやってほしいものと期待しています。

映画評510 ~ トゥルー・グリット

今回は「トゥルー・グリット」

eiga110402.jpg

監督に『ノーカントリー』のジョエル、イーサン・コーエン、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグという豪華タッグで映画化したヒューマンドラマ。ある少女が2人の男と共に、父親殺しの犯人を追う復讐劇を描く

主演は、ヘイリー・スタインフェルド
共演は、ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー
その他、ヘイリー・スタインフェルド、ブルース・グリーン、デイキン・マシューズ、ジャーラス・コンロイなど

<スートリー>
父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は、真の勇気を持つといわれる保安官のコグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人の追跡を依頼。テキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、かたきのチェイニー(ジョシュ・ブローリン)を追うこととなる。


久々の西部劇である。

しかし、こんな展開だとは思わなかった。

父親が殺されるシーンとか、そのあたりの描写は一切なく、少女(実際には、25年後)自身による簡単説明で終わる。
そして、少女が復讐を果たすところまでは予定通り。
だけど、その後の展開はまったく予期せぬものだった。

一言で言うと、単なるハッピーエンドではない。
というか、これがそもそもハッピーエンドなのかどうか。

主人公のマティは、無茶苦茶マセた娘だ。
いきなり父親の馬を管理していたおっさんに対して、大人顔負けの交渉を始める。
中学生程度だから、そこそこの知識はあってもおかしくはないだろうが、あそこまで言い負かせることができるのかどうか、最初はちょっと違和感があった。

しかし、その後はただただ父親のかたきを狙う一途な女の子になっているので、あまり気にはならなくなってくる。

何と言っても、ジェフ・ブリッジスがシブい。
酔っ払いの保安官だけど、実は娘のために最後まで死力を尽くす勇敢な男を好演していた。

マット・デイモンは、今回は派手な活躍はないものの、ジェフ・ブリッジス演じるコクバーンと、表ではケンカをしながら、実は裏では協力しながらかたき討ちをするラビーフの役を、うまく演じていたと思う。

ただ、全体的に場面がぶつ切りになっている、というか、シーンが途中で切れてしまったように、急に次のシーンに変わってしまう、というところがいくつかあった。
「この後、どうなるんだろう」と思う間もなく、次のシーンに移ってしまうと、ちょっと「あれっ」と思うのだけど、まあ何とか大丈夫というところだろうか。

まずまず面白かったし、意外なラストは良かったのだけど、かたき討ちを含めて、やや盛り上がりに欠けるところが、ちょっと不満だろうか。

ということで、評価は「B」とします。
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
214位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR