映画評591 ~ アベンジャーズ

今回は「アベンジャーズ」

映画120825


アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見もの。

主演は、ロバート・ダウニー・Jr
共演は、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー
その他、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、ステラン・スカルスガルド、コビー・スマルダーズ、グウィネス・ドルトロー、サミュエル・L・ジャクソンなど


<ストーリー>
人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた


いやあ、面白かった。

単純に面白かった。

後半の戦闘場面など、とにかくド迫力があった
何だかよくわからないけど、ものすごい!としか言いようがない。

特にハルク。

まさに最強!

終盤で、悪の中心人物(黒幕ではない)ロキを叩きのめす場面は、思わず笑ってしまったほど。

ということで、評価は「B」にします。



ん?

内容?

いや、あんまり触れるとイチャモンばっかりなっちゃうので・・・

細かい辻褄合わせ、ということではなく。


あえて挙げてみると・・・


まず、登場人物

いずれもアメリカのヒーローたち、というのはわかるし、それぞれが登場する映画を見ていれば、流れはだいたいわかる(私は「アイアンマン」と「マイティ・ソー」しか見ていないけど)のだけど、「どうしてこの人?」というのがいる。

強いと思われた順に並べてみる。

ハルク:文字通りの超人。文句なく強い!
アイアンマン:スターク自身はともかく、アイアンマン自体は間違いなく超人だ。
雷神ソー:何せ神様ですから。 その割には、っていう気はするけど。あと、頭悪すぎ!
キャプテン・アメリカ:氷の中で70年も生きていた、というだけですけど、確かに超人的な力を発揮してます。
ホーク・アイ:弓の名手です。すごくうまいです。でも、超人的ですが、超人ではありません。
ブラック・ウィドウ:強いです。でも、ただのスパイです。超人的でもありません!

つまり、ホーク・アイは、まあ何とかヒーローとして存在しているのだから許せるとしても、ブラック・ウィドウだけは、どうしてヒーロー(ヒロイン?)の中に入れられているのかよくわからない。
もともと、「アイアンマン」の中に出てくる、ただの怪しい女スパイ、というだけだし。

つまり、「アベンジャーズのメンバーに女性がいないじゃん!」というだけでメンバーになった、という感じがしてくるわけだ。

だから、ヒーロー全員が揃った時に、彼女だけがちょっと違和感がある。

もちろん、彼女の活躍がなければ・・・と思う人もいるだろうけど、個人的にはかなり違和感がありました。


次に、地球を狙う悪役たち。

いったい、何がしたかったの?

地球を征服して、支配下におく?

だったら、いきなり攻撃してきて、あちこち破壊しまくって、人々を殺しまくったりしないで、「お前ら、オレたちの言うことを聞け」くらい言えよ。

そうかと思えば、ある銀行で、中にいた人たちを人質みたいにしていた場面があったけど、あれは何をしたかったの?
何か要求したかったの?

一方で、殺戮しまくっているにもかかわらず、他方でこんなわけのわからないことをしている。
ただ破壊して滅亡させたかっただけなのなら、余計なことするなよ!


そして対するヒーローたちの行動も小さすぎる。

街全体が破壊されまくり、人々も殺されているという状況だから、とにかく敵をやっつけるしかない。

にもかかわらず、「今、銀行が乗っ取られた」とか「あっちで、市民がバスに閉じ込められているぞ」とか、ある特定の場所での出来事にいちいち対応している。

たった数人で、そんなのに対応できるわけがないだろうに。

このあたりの描写にも、ちょっと違和感があった。


そして、一番違和感があったのが、次の場面。


アベンジャーズの仕掛人(?)であるニック・ヒューリーの優秀な部下だったコールソンが、空飛ぶ空母(?)の中でロキと一人で対峙して殺されてしまった時。

ニックは当然としても、アベンジャーズたちが急に深刻になって「コールソンが死んだ?信じられない」という感じになり、そして「あいつら許せない!だからオレたちは結束してあいつらを叩き潰そう」みたいな雰囲気になった。

コールソン自身も、死ぬ間際に「これがきっかけになってくれればいい」みたいなことを言っていた。

でも、ちょっと待て!

それ以前に、敵が空母に侵入してきてから、いったい何人の部下たちが殺されたと思ってるの?

ニックは「(コールソンは)優秀な部下だった」と嘆いていたが、じゃあ優秀でない、ただの兵隊たちはどうなってもいい、というわけ?

何だか、ものすごくいや~な感じがした。

だって、コールソンが殺されたことをきっかけに、実際にアベンジャーズたちが一つにまとまったわけだし。

傷つけられてはいるけど、他に誰も死んではいないという状況なら、いいきっかけにはなると思うけど、これでは余りにも他の部下たちが不憫だ。


だいたい、あの空母は、敵が侵入してくるのがまったくわからなかったのか?
感知システムとか、防御システムとかはなかったの?


とまあ、こんな感じだけど、テンポがいいので、飽きる余裕はない。

なので、終わってみれば「いやあ、なかなか面白かった」となるわけです。


ただ、エンドロールの途中で、今回の悪の黒幕である宇宙人が出てくるけど、まだ続きがある、ということ?

まあ、ロキが生きているのだから、まだまだ続きがあってもおかしくはない。

あの時、ハルクに殺されれば良かったのに・・・!?


<追記>
後で思い出したのだけど、そもそもブルース・バナーがハルクに変身するのは、「怒り」が頂点に達した時のはずなのに、劇中後半で、一度変身してまた元に戻ったバナーは、本人の意思でいとも簡単に変身していた。

その理由が、本人いわく「オレは、いつも怒っているのさ」って・・・

あまりに安易すぎないか?
スポンサーサイト

映画評590 ~ コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた

今回は「コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた」

映画120819


サンライズ制作の人気テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズから舞台や主人公を一新し、ヨーロッパ連合国の特殊部隊と超大国ブリタニア帝国とのし烈で無謀な戦いを描くSFアクション・アニメ。ヨーロッパを侵攻するブリタニア帝国に対し、劣勢のE.U.軍特殊部隊所属のパイロット、主人公アキトをはじめとする日本人の少年少女が活躍を繰り広げる。監督は、『劇場版 エスカフローネ』などの赤根和樹


<ストーリー>
皇暦2017年。日本ではルルーシュが大国ブリタニア帝国への反抗を繰り広げているころ、ヨーロッパ連合国E.U.もまたブリタニアの侵攻に圧倒されていた。そこでE.U.軍は特殊部隊「W-O」を編成。中でも元ブリタニアの貴族の少女レイラ・マルカルを司令官にパイロットの日向アキトら日本人の少年少女たちから成るナイトメア部隊は、生還の可能性の低い戦いに送り込まれる


アニメである。

全4章らしいが、原作はもちろん知らない。
何となく面白そうだったから見ただけ。

イメージとしては、エヴァンゲリオンとかガンダムみたいな感じ?

両方ともよく知らないんだけど・・・

ただ、今回は本編が50分しかない。
どうしてこんなに短いのかはわからないが、逆に短すぎて、今後どうなるのかよくわからない。
という以前に、どんな話なのかあまりよくわからない。

どうやら、ブリタニアという帝国が、アメリカ大陸やアフリカ・オセアニア、その他ヨーロッパの一部除くユーラシア大陸の大半を手中に収めていて、残ったヨーロッパ連合が、これに対抗しているという図式らしい。

日本はと言えば、ブリタニア帝国に滅ぼされて、国の名前が歴史上から消えた、ということだ。
しかし、生き残った日本人は、ブリタニアに対抗すべく、ヨーロッパ連合の一員として、というよりは単なる捨て駒として戦っている。
その中の一人が、今回の主人公アキトであり、同様に日本人残党がいろいろ出てくる。

しかし、この日本人の描き方が何ともよくわからない。

途中で、日本人部隊(?)が、敵に対して自爆を決行するというシーンがあり、これに対して「日本人ってのは、自爆とか腹切りとか好きだからなあ」というセリフが出てくる。

とても、日本人が作った作品とは思えない。
皮肉のつもりなのかも知れないが、何だかバカにされた気分で、気持ちの悪いセリフだった。

とは言え、この日本人が主人公なのだから、この後大活躍し、いずれ自分たちの地を取り戻そうとするのだろうか。

でも、全体的に登場人物が味方なのか敵なのかわかりにくい。

いずれにしても、ちょっと中途半端な短さなので、面白いのかどうか判断できない。

ということで、評価は「C」にしておきます。

画は綺麗だったと思います。


だけど、第2章は来年の春だって。

もう忘れているかも知れない。

映画評589 ~ トータルリコール

今回は「トータル・リコール」

映画120812

フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化し、大ヒットした『トータル・リコール』をリメイクしたSF大作。監督を務めるのは『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン。かつてアーノルド・シュワルツェネッガーが演じた主人公を『フライトナイト/恐怖の夜』などのコリン・ファレルが演じ、その妻を『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセイルが熱演する。迫力満点のアクションがさく裂する斬新な映像に目を奪われる。


主演は、コリン・ファレル
共演は、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クラストン
その他、ジョン・チョー、ビル・ナイなど

<ストーリー>
容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラス(コリン・ファレル)は、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)が襲ってくる。


前作は、舞台が火星だったけど、今回は地球だ。
そして、「富豪が住む地域」と「貧民が住む地域」とが分かれている。

しかし、「富豪が住む地域」は、英国を中心とした今の西ヨーロッパあたりで、「貧民が住む地域」はその植民地(流刑地)だったオーストラリアだから、まあ簡単に言えば昔の英国が舞台のようなもの。

で、貧民たちは、富豪たちのために働かされているのだが、その移動手段は、何と地球のコアを通っていくというもの。

このあたりの理屈・説明はほとんどないので、映画「コア」で散々コキおろされたような「何?それ」感はない。

それ以外にも、前作と設定が違うものがちょこちょこあるが、前作を全部覚えているわけではないので、そういう意味では結構楽しめた。


主演のコリン・ファレルは、シュワちゃんと違って肉体派ではないので、強さは感じないけど、なかなか良かったと思う。

それよりも、共演の女優二人の方が存在感がある。

特に、悪役(?)のケイト・ベッキーセールの演技は鬼気迫るものがあって、とても良かった。

しかし、味方役のジェシカ・ビールも私の好きな女優さんの一人だし、アクションもできるので、この二人が役柄を入れ替わっても違和感はなかったと思う。


内容の方は、スピード感もあり、アクションが盛りだくさんで、見ていて飽きない。

ただ、ストーリーに関しては、「結局何だったの?」という妙な感じが残る。

それは、最後に「リコール社」の看板が映る、ということから、「実は今までのアクションも全部夢でした」ということなのか何なのかよくわからない。

その点、前作ではちゃんとオチがついていたような気がするのだが・・・


ということで、面白く見ることはできたけれど、ちょっと違和感も残ったので、評価としては「B」にします。
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
236位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR