映画評637 ~ 真夏の方程式

今回は「真夏の方程式」

映画130629

東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾。とある海辺の町を訪れた物理学者・湯川学が、そこで起きた殺人事件の悲しい真相に直面する姿を、一人の少年との出会いを絡めて描く。テレビ版と前作に続いて福山雅治が主演を努め、子どもが苦手なのにもかかわらず、少年のために事件に挑む湯川を体現する。『妖怪人間ベム』シリーズの杏、ベテラン風吹ジュンら実力派が共演。科学技術と自然の共存という、劇中に盛り込まれたテーマにも着目を

主演は、福山雅治
共演は、吉高由里子、北村一輝、杏、山崎光、風吹ジュン
その他、前田吟、田中哲司、塩見三省、白竜、西田尚美など

<ストーリー>
きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る


これは、なかなか良かった・・・と言っていいのだろうか?

トリック崩しに重きを置くより、親子の愛を描いたヒューマン・ドラマみたいな内容だった。

じゃあ「感動したか?」と聞かれると、ちょっと違う気がする。

何せ、○○が△△を殺した理由がちょっと強引だし、□□が◎◎を殺した経緯もやや不明。

複雑な内容なので、ネタバレは避けるけど、つまり「そんな簡単に殺すか?」という感じだったわけだ。

もちろん、原作はもっと人間関係とかしっかり描けていると思うのだが、そのあたりを端折ったのだろうか、見ていてちょっと違和感があった。

あと、福山雅治演じる湯川が、あっさりと犯人を見破るのはいいのだけど、逆に犯人があの程度のことで「湯川はすべてわかっているようだ」と思うのは、ちょっと無理があるような気がする。

そのあたりも原作ではきちんと描いているのだろうけど・・・

せっかくいい設定だと思うのに、ちょっともったいない感じがした。

でも、なかなかいい話だと思う。


内容以外で言うと、意外な人が意外な役柄だったのが面白かった。

白竜をあんな役柄で使うか、という感じだったし、塩見三省は、早く殺されすぎで、もう少し見たかった気がする。

子役の山崎光は、まずまずだと思う。

鈴木福みたいに、舌足らずでもなく、大袈裟な演技をするわけでもなく、あまり違和感がなかった。


ということで、内容についてあまり触れられないので、このへんにしておきます。

評価はちょっと難しいけど、いちおう「B」にしておきます。


スポンサーサイト

映画評636 ~ 攻殻機動隊ARISE Border:1 Ghost Pain

今回は「攻殻機動隊ARISE Border:1 Ghost Pain」

映画130623

士郎正宗の原作やそれを基にした押井守監督の映画などが作られた人気シリーズを、新作シリーズとして映像化したSFアクション・アニメ。サイボーグのヒロイン・草薙素子と荒巻大輔ら攻殻機動隊メンバーの出会い、電脳ウイルス「ファイア・スターター」の真相に迫る彼らの戦いを描く。『マルドゥック・スクランブル』シリーズの脚本を担当した冲方丁が本作に名を連ね、『攻殻機動隊』『エヴァンゲリオン』シリーズなど多くの作品の作画監督を手掛けてきた黄瀬和哉が監督を務める。手に汗握るアクションや電脳戦と共に、初めて語られる攻殻機動隊創設以前のストーリーはファン必見


<ストーリー>
公安9課(攻殻機動隊)が最優先ラインの攻性部隊となる前のA.D.2027。第4次非核大戦終戦から1年後、ニューポートシティで自走地雷を使用した爆殺事件と、兵器売買の収賄容疑を掛けられている軍人が射殺されるという事件が発生。軍人の電脳を求めて墓を掘り起こす公安の荒巻大輔の前に、殺された上官の無実を証明しようとやって来た陸軍義体化部隊501機関の草薙素子が現われる。


これは、ちょっと難しかったか。

よくよく考えてみれば初めて見る作品だった。

「攻殻機動隊」という名前は聞いたことがあったので、てっきり見たことがあると思っていたのだが・・・

内容としては、特に問題なし。

何せ、画がきれいなので、見ていて飽きない。

声優陣も、たぶんプロの声優さんばかりなんだろうと思うが、まったく違和感がなかったので、安心して見ることができた。

ただ、ハラハラ・ドキドキ感にはちょっと欠けていただろうか。

私のような初見の人間にとっては「この先どうなるんだろう」という期待感は結構重要だと思うわけだ。

だから、内容紹介のところに書いてあるような「手に汗握るアクションや電脳戦」というのは、ちょっとどうか、という気がする。

物語の背景とか、登場人物の相関関係について、もっと事前に知っていれば、という感じだったので、トータル的には「まあまあ」と言ったところか。

それに、やっぱり60分弱の映画はちょっと短いだろう。

これで1200円(前売券)は、ちと高い感じはする。

ということで、評価としては少し辛目に「C」にしておきます。

映画評635 ~ G.I.ジョー バック2リベンジ

今回は「G.I.ジョー バック2リベンジ」

映画130609-2

1980年代の人気テレビアニメを原作にした、ヒット・アクションの続編。国際テロ組織コブラによって壊滅状態に追い込まれた機密部隊G.I.ジョーが、リベンジを果たしながらコブラの世界征服計画を打ち砕くために奔走する。前作に引き続き、『君への誓い』のチャニング・テイタム、『悪魔を見た』のイ・ビョンホンが出演し、『スコーピオン・キング』のドウェイン・ジョンソン、大御所ブルース・ウィリスが加わって物語を盛り上げる。断崖絶壁を登りながらの肉弾戦や変形するバイクなど、迫力のアクションや驚異のガジェットも次々と登場

主演は、チャニング・テイタム
共演は、ブルース・ウィリス、ドゥエイン・ジョンソン、エイドリアンヌ・パリッキ、レイ・スティーブンソン
その他、D.J.コトローナ、イ・ビョンホン、レイ・パーク、ジョナサン・プライス、RZA、エロディ・ユン、ファラン・タヒール、アーノルト・フォルスーなど


<ストーリー>
国際テロ組織コブラの一員ザルタン(アーノルド・ヴォスルー)がアメリカの大統領(ジョナサン・プライス)に成り済まし、宿敵である機密部隊G.I.ジョーの抹殺命令を下す。パキスタンで任務に就いていたG.I.ジョーの面々は壮絶な襲撃を受け、ロードブロック(ドウェイン・ジョンソン)をはじめとする数名を残して壊滅。彼らが絶体絶命に陥っている中、コブラは世界の主要都市を侵略し、ついには核爆弾をロンドンへと落下させる。コブラと戦いたくとも為すすべのないロードブロックたちは、G.I.ジョー初代長官のジョー(ブルース・ウィリス)の助けを得ることにする


前作をまったく覚えていなかったのだが、いきなりニセ者の大統領によるG.I.ジョー殲滅作戦から始まる。

何で大統領が入れ替わってるんだよ、と思いながら見ていたのだけど、後で前作の感想を見たら、何かそれらしいことが書いてあった。

やっぱり、続編を見る時は、前作の復習が必要なんだろうか。

映画公開直前にテレビで前作を放映するのは、ある意味重要なことかも知れない。


内容は、現実の世界というよりは、SFに近いものがある。

何せ、ロンドンが完全に破壊されちゃう。

核保有国が、それぞれ核ミサイルの発射ボタンを持参して会合に参加する、なんてムチャクチャなことも平気でやってるし。

各国が一斉に核ミサイル発射って、いったいどんな設定なんだか。


アクションはまずまず。

やたらと忍者姿の連中が出てくるのは、「何だかなあ」だけど、まあそこまで文句をつけてもしょうがないし。

でも、この映画の主演って、チャニング・テイタムなんだって。

全然主役並みの活躍なんかしていない。

どう見たって、ドウェイン・ジョンソンが主演に見えるし、ブルース・ウィリスやイ・ビョンホンの方が明らかに目立っている。


ということで、特に面白いとかいうわけではなかったけど、それほど悪くもなかったので、評価は「C」にします。

まあ、敵ボスがまだ生きているので、まだまだ「続く」のだろうけど・・・

次も見ますよ。



余談だけど・・・

イ・ビョンホン演じる忍者がストーム・シャドウ。

彼は日本の忍者の末裔(というか現役?)である嵐影一族の弟子。

え?

ストーム(嵐)シャドウ(影)って、そういう意味?

いやあ、「嵐影」って変な名前だなあ、って思っていたけど、英語が先にきているからこうなったんだろう。

欧米の連中って、いまだに日本に忍者がいると思っているヤツが多いらしいけど、描かれている姿を見ても、忍者に対するイメージって結構いいかげんだ。

映画評634 ~ エンド・オブ・ホワイトハウス

今回は「エンド・オブ・ホワイトハウス」

映画130609-1

『完全なる報復』『マシンガン・プリーチャー』などのジェラルド・バトラーがプロデューサーと主演を務めたアクション。大統領を人質にホワイトハウスを占拠するテロリストたちを相手に、元シークレット・エージェントの男がたった一人で戦いを挑んでいく。『トレーニング デイ』『ザ・シューター/極大射程』のアントワーン・フークアが監督を努め、名優モーガン・フリーマンや『ダークナイト』などのアーロン・エッカートら、実力派が共演。ド派手な見せ場に加え、国際情勢を巧みに盛り込んだリアルな説定も見ものだ

主演は、ジェラルド・バトラー
共演は、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、リック・ユーン
その他、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシュレイ・ジャッド、メリッサ・レオ、ディラン・マクダーモット、ラダ・ミッチェルなど


<ストーリー>
シークレット・サービスとして大統領の護衛にあたるも、大統領夫人の命を守ることができなかったマイケル(ジェラルド・バトラー)。それから2年後、彼はホワイトハウス周辺を担当する警備員となっていた。そんな中、独立記念日を迎えたホワイトハウスをアジア人のテロリスト・グループが占拠し、大統領の解放と引き換えに日本海域からの米海軍撤収と核爆弾作動コード開示を要求する。特殊部隊による救出作戦が失敗に終わるのを目の当たりにしたマイケルは、一人でホワイトハウスに飛び込んでいくが・・・


これは、意外と面白かった。

あまり話題になっていなかったように思うが、俳優陣はそれなりに豪華だ。

スケールも結構デカく、壮絶な銃撃戦や爆破などてんこ盛りで、テンポもよく見ていて飽きない。

ただ、この種アクション映画にありがちだけど、やたらと人が殺される。

とにかく殺される。

にもかかわらず、最後大統領が救出されると「バンザ~イ!」で終わり。

それまでに、いったい何人の人たちが殺されたのか。
しかも、女性の国防長官なども、「そこまで見せるかね」というくらいボコボコにされる。

でも、とにかく大統領親子が助かれば勝ち。

アメリカ人が、いざとなったら、どれだけ犠牲を払ってでも大統領を救出するのかどうかはわからないけど、あまり気分のいいものではない。


しかし、それ以前に・・・

ホワイトハウスを占拠するのは、北朝鮮のテロリストということだけど、ホワイトハウスに迎え入れたアメリカ側のセキュリティが甘すぎる。

たとえ40人ほどのテロリスト精鋭部隊に襲撃されたとしても、あんなに簡単に突破されるなんて、ちょっと考えられない。

プロペラ機による銃撃も、ホワイトハウス直前まであそこまで自由に飛べるとは思えないし、あんなに簡単に戦闘機をかわせるとも思えない。

あと、大統領の危機という場面で、側近はともかく、韓国の要人だろうが何だろうが、とにかく他国の人間が同じシェルターに逃げ込む、なんてことは実際にあるんだろうか。

そもそも、テロリストたちが、シェルターの構造や「ケルベロスコード」の存在など、どうしてあそこまでアメリカの軍事機密を知っているの?

アメリカ側に裏切り者がいたとしても、ちょっと知りすぎ。

などなど、ちょっと作りが安易な気もした。


とは言え、単純に楽しめたので、あまりツッコまないようにします。

ということで、評価は「B」にします。


映画評633 ~ 「グランド・マスター」

本日2本目は「グランド・マスター」

映画130601-2

『ブエノスアイレス』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』などの鬼才ウォン・カーウァイが、およそ6年ぶりの監督作として放つ美しくも切ないアクション・ドラマ。中国拳法の中でも有名な詠春拳の達人にして、ブルース・リーの師匠としても知られる実在の武術家イップ・マンが織り成す激闘の数々を活写する。イップ・マンにふんする『レッドクリフ』シリーズのトニー・レオンを筆頭に、チャン・ツィイー、チェン・チェンといった中国圏の実力派スターが結集。ウォン・カーウァイ監督ならではの映像美がさく裂する格闘描写にも目を見張る。

主演は、トニー・レオン
共演は、チャン・ツィイー、チャン・チェン、マックス・チャン、ワン・シンチアン
その他、ソン・ヘギョ、チャオ・ベンシャン、シャオ・シェンヤン、ユエン・ユーピン、カン・リーなど


<ストーリー>
20世紀初めの中国。北の八掛拳の宗師・宝森は、流派統一を任せられる継承者として、弟子の馬三と南の詠春拳の宗師・葉問(トニー・レオン)のどちらから選ぼうとする。六十四手の達人にしての宝森の娘でもある宮若梅(チャン・ツィイー)も候補者として手を挙げる中、馬三が宝森の命を奪うという謀反を企てる。それを機に、宝森の敵(かたき)を討つ復讐と後継者の座を奪い合うすさまじい戦いの火ぶたが切って落とされる。


これは眠たかった。

最初から最後までダラダラとした展開で、思っていた展開でもなく、期待していたアクションもほとんどなかった。

実在するブルース・リーの師匠を描いたものらしいけど、まったくと言っていいほど盛り上がりがなく、よくこんな形にしたなあ、と変に感心してしまうほど。

だいたい、トニー・レオンとチャン・ツィイーは、「宿命の対決」をするわけでもなく、「運命の戦い」をするわけでもない。

中盤でちょろっと「お手合わせ」するだけだし、主人公はトニー・レオンのはずなのに、むしろチャン・ツィイーの方が戦う場面が多い。

序盤の「マスターの跡目」を争う戦いも、アクション満載のバトルがあるわけでもなく、何と「思想」の戦いだって。
わけがわからん!

途中から、主人公が誰だかわからなくなってしまいそうになる始末。


そもそも、トニー・レオンのカンフーは、あまり見られるものではない。

一応の型は取っているものの、ジェット・リーなどと比べると、下手なのが歴然。
まったく強そうに見えないわけだ。

だから、アクションの場面が少なかったのか?とさえ思ったほど。

また、途中で「カミソリ」なる、ちょっと曰くありげな男が出てくるのだけど、この男も結局何のために出てきたのかよくわからない。

やたらと強いのだけど、主人公との接点はなく、チャン・ツィイーとも、列車の中でちょっとしたイベントで出会うだけ。

むしろ、強さで言えば、この男の方が目立っている。


とにかく、ダラダラと物語は進んだ上に、最後はまさかの「実は好きでした」って、何だよ。

それでなくても、主人公とチャン・ツィイーって、いったい何なんだよ、と思っていたのに、この結末には笑うしかなかった。

ということで、あまりにもツマらなかったので、評価は「D」にします。


ついでに・・・

第二次大戦前後の話なので、当然のことながら日本軍のことが出てくるけれど、たいした描写もないのに「日本軍のために、ズタズタにされてしまった」的な描き方をするのはやめてほしい。

シナが混乱したのは、欧米に対してだらしなさすぎたのと、内戦が大きな原因であって、日本のせいではないはず。

ここをプロパガンダ的に描かれていたら、評価は「E」にしてました。

映画評632 ~ オブリビオン

今回は「オブリビオン」

映画130601-1

『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのトム・クルーズ主演によるSF大作。エイリアンの襲撃で半壊して捨てられた地球を監視していた男が、謎めいた人物との遭遇を機に自身と地球の運命を左右する事態に巻き込まれていく。『トロン:レガシー』で注目を浴びたジョセフ・コシンスキーが監督を務め、名優モーガン・フリーマン、『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコら、実力派たちが脇を固めている。壮大かつ予測不可能なストーリーに加えて、半壊した地球の鮮烈なビジュアルからも目が離せない

主演は、トム・クルーズ
共演は、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー
その他、ニコライ・コスター=ワルドー、メレッサ・レオ、ゾーイ・ベルなど

<ストーリー>
エイリアン「スカヴ」の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることになった。


これは面白かった。

予告編を見た限りでは、どんな展開になるのかよくわからなかったので、あまり期待してはいなかった。

しかも序盤は、何だかスケールが小さくて、とてもSF大作のようには見えず、たいしたバトルもなければ、ハラハラ・ドキドキしたものもなかった。

途中で出てくるオルガ・キュリレンコ演じるジュリアも、どのような素姓なのか何となく予想できたのだけど、如何せん全体的に「敵って、いったい誰なの?」という感じだったし。

しかし・・・

それが中盤から終盤にかけて一変。

ある意味わけのわからない展開だったのだけど、終盤で「ある決意」をするところで、なぜか感動!

このままラストに向かって突っ走るかと思われたのに・・・

あのオチはどうなんだろう。

全体にかかわることなので、今回はネタバレしないように書くけど、個人的にはあの結末は気に入らない。

モーガン・フリーマン演じるビーチが、トム・クルーズ演じる主人公のことを「最強の兵士」と呼んでいたにもかかわらず、とてもそうには見えなかったし、だから最後のあの結末はあり得ないと思うのだけど・・・

せっかくの感動をちょっと返してくれ、という感じだった。

とは言え、思ったより面白かったので、評価は「B」にします。


アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR