映画評679 ~ 相棒 劇場版Ⅲ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

今回は「相棒 劇場版Ⅲ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」

映画140429


2002年より連続テレビドラマとしてオンエアされて人気を博す刑事ドラマ「相棒」のおよそ3年半ぶりとなる劇場版。太平洋に位置する孤島を舞台に、水谷豊演じる警視庁特命係の刑事・杉下右京とその相棒で成宮寛貴演じる甲斐享が、実業家が所有し、元自衛隊員が訓練をする謎の島の真相を探るべく捜査に乗り出す。六角精児や川原和久らレギュラー陣のほか、伊原剛志や釈由美子、そしてかつての相棒である及川光博などが共演。防衛省や国の権力者の暗躍、ジャングルや岩礁での捜査など、劇場版ならではのスケールに期待が膨らむ

主演は、水谷豊
共演は、成宮寛貴、伊原剛志、釈由美子、風間トオル、六平直政、渡辺大
その他、吉田鋼太郎、宅麻伸、六角精児、神保悟志、片桐竜次、及川光博、石坂浩二など

<ストーリー>
東京から約300キロ離れた島・鳳凰島で馬に蹴られた男性が死亡する事故が発生。警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)は、不思議なうわさのある島の実態を調査することに。その島は実業家(宅麻伸)が所有し、元自衛隊員が集まり訓練に励んでいた。右京は男性の死亡理由が事故ではなく殺人であると確信。島には特命係、捜査一課、鑑識課が集結するが、彼らを何者かが襲撃し・・・


これは、まったく別の意味で期待して見に行った。

何せ、劇場版第1作で、あまりのストーリーの杜撰さに唖然とし、第2作では、ムチャクチャな展開を期待した割には、たいした展開ではなかったので、今回は「今度こそは!」と思っていたからだ。

結論から言うと・・・

第1作に近い感じ?

つまり、ストーリーも推理もムチャクチャで、なかなか良かった!?

途中までは、淡々と進む。

と言って、まったく違和感があるわけではなく、出てくる人物みんなが怪しい動きや顔をするので、何かわざとらしかった。

特に、殺された被害者は、訓練の最中から違和感ありありで、「わざわざ、なんであんな態度を取るの?」という不自然な態度を取る。

しかし、その後に判明する被害者の正体を考えたら、あんな態度を取る理由なんかどこにもない。
どころか、たとえイヤであっても、あそこは素直な態度を取る以外にない。

つまり、あんな不自然な態度を取らせた理由は「この人が殺されますよ」と観客に教えるためだけ、というわけだ。

誰だ?こんな演出を考えたヤツは。

さらに、訓練をしている連中がみんな下手くそ!
あんな下手な組み手ってあるか?


あと、スケールは、「ムダにデカい」という感じだろうか。

孤島で民兵による軍事訓練、という設定はいいのだけど、なぜか防衛省から盗んだという生物兵器(天然痘)が出てきて、話を大袈裟にしようとしている割には、その収拾の仕方はいい加減だ。

何と、生物兵器のある施設を爆破して、証拠を隠滅しようというのだ。

「爆破?天然痘って、爆弾で死滅するのか?下手したら拡散してしまわないか?」と思ったこともあるけど、だいたい盗まれたものを、なんで消し去ろうとするの?

盗まれたんだから、元に戻せばいいじゃん。

島には杉下右京たちがいるから、持って帰るわけにはいかなかった、という理由だろうけど、だからといって爆破はないと思う。

と言うか、右京さんよ。絶海の孤島に行くのに、スーツにネクタイなんかするなよ。


とまあ、まず唖然とした後、肝心の殺人トリックで、またまた「はあ?」となる。

犯人は、「馬に顔面を蹴られてしまった」という事故死の形にしてしまおうとするのはいいのだけど、そのトリックとは、杖に蹄鉄を溶接したもので被害者を殴り殺す、というものだ。

しかし、映画で見ると、犯人は最初顔面を殴るのだけど、その後顔だけでなく体を4~5回殴っていた。

そして犯人は、それをごまかすために、馬を驚かせて何回も被害者を踏みつけさせていた。

しかし・・・

蹴飛ばした跡と、踏みつけた跡って、全然違うだろう。

しかも、一度は驚いて後ろ足で蹴飛ばしたのかも知れないが、その後も執拗に蹴飛ばす(あるいは踏みつける)状況って、いったいどんな状況?

馬にしてみれば、不意に後ろに回られたら、驚いて蹴飛ばすだろうが、最初の一撃で被害者は倒れているわけだから、その後馬が暴れまわったところで、被害者にはたいして当たらないはず。

と言うか、その後も暴れまわる状況が理解できない。

なぜなら、驚かした相手はもうすでに倒れているから、それ以上驚かすことはできないからだ。

一番肝心なトリックの部分が、最後の最後まで引っ張ったあげくに、この程度のいいかげんなものだなんて、映画をバカにしているとしか思えない。


これを作ったヤツって、いったい何を考えて作ったのだろう。

「蹄鉄で相手を殴り殺したら、馬に蹴飛ばされたのと同じになるだろう」という発想はともかく「どうせ見ているやつにトリックなんかわかりゃしないよ」という安易な考えで作っているとしか思えない。


しかし・・・

もっと気に入らないことが、最後の最後に出てきた。


右京にトリックを見破られて拘置所に入れられた犯人(神室)が、訪れた右京たちに「どうしてこんなことをしたんだ?」と問われた際のやり取り。

「生物兵器を持つのは、それで何か事を起こすためではない。あくまでも備えとしてもっているのだ」という主旨の話をし、さらに「核兵器は持ってもいいけど、生物兵器を持ってはいけない理由って何だ」という至極当たり前のことを言う。

そして、右京たちに「あんたたちは、重い病に冒されているんだ。『平和ボケ』という名の病にね」と言う。

あまりにも当たり前の指摘に対して、アホ面の成宮演じる甲斐はほとんど理屈になっていない理屈で反論しようとするが、神室に一蹴される。

その時に言った水谷・右京の一言。

「あなたも重い病に冒されていますよ。『国防』という名の流行り病にね」

出た!

「お前はネトウヨ」宣言!?

この映画はテレビ朝日の制作だから、それはイコール朝日新聞の主張と同じだ。

つまり、朝日は「国防とか集団的防衛権がどうのこうのとかいうヤツは病気だ」と言っているわけだ。

きちんと反論し、「武力で平和を勝ち取るなんておかしい」と言うのならともかく、それまで成宮に任せきりだったくせに、最後の最後で「国防という流行り病」の一言で片付けようとする態度は、卑怯極まりない上に、理屈になっていない。


さらに、最後拘置所から出てきた右京と甲斐が、歩きながら「戦争のない平和な世の中はいつ来るんでしょうか」みたいな会話をし、右京が「出口が見つかればいいのですがね」という意味のことを言った後、アホ甲斐が一言「きっと出口はありますよ」

何だよ、この一言で終わりか?

戦争のない世の中は「平和」「平和」と唱えていれば訪れる、ということをマジで信じている連中は、中国という覇権国家が近隣諸国を侵略し、今まさに日本にもその魔の手を伸ばそうとしているというのに、当の中国には何の抗議もしないくせに、侵略されそうな自国民に対して文句を言う。

バカとしか言いようがないけれど、その代表格である朝日新聞の主張を、わざわざ娯楽の一つである映画の中に入れなくてもいいと思うのだが。


というわけで、あまりにも胸くそが悪いので、評価は「D」にします。

もちろん、映画としてみても、まったく面白くはありませんでした。


いちおう、登場人物について・・・

今回の主役は、何といっても伊原剛志だろう。

見た目ももちろん、低音の響きもいい。

特に、成宮との格の違いは歴然だ。
貫禄の差がありすぎる。

あと、風間トオルが意外といい味を出していた。
優男に見えるが、ああいう演技もできるんだなあ、とちょっと感心した。

逆に、宅麻伸は演技が大袈裟すぎる。
変に表情を作りすぎだ。

あと・・・

何で釈由美子なの?

別にたいしたアクションでもなかったし、恋愛要員とは言え、中途半端な扱いだったような気もする。

スポンサーサイト

映画評678 ~ クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

今回は「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」

映画1404120

おバカなギャグと野放図なキャラクターでおなじみの幼稚園児野原しんのすけが父親たちによる革命に立ち向かう姿を描く、人気アニメ映画シリーズの第22弾。父親の復権をもくろむ組織により父ひろしがロボットにされるも、しんのすけとロボットのひろしが巨大な陰謀を阻止すべく奔走する。脚本を、劇団☆新感線の作家であり『仮面ライダーフォーゼ』シリーズなどの脚本も手掛ける中島かずきが担当。矢島晶子やならはしみきといったレギュラー声優のほか、武井咲とコロッケがゲスト声優として参加する。しんのすけとひろしの絆と奮闘に、心が突き動かされる。


<ストーリー>
マッサージに行った父ひろしが、なぜかロボットになって帰ってくる。リモコンで家事をこなす「ロボとーちゃん」にしんのすけは大喜び。しかし、それは日本の父親たちの復権をたくらむ「父ゆれ同盟」の陰謀だった。そして父親革命が発生し、父親たちが暴動を開始。それに対し、ロボとーちゃんはしんのすけと共に立ち上がり・・・


これは面白かった。

「名探偵コナン」と違って、もともと荒唐無稽な設定なのは承知の上だし、辻褄などはある意味無視してもいいのだけど・・・

それでも、いい話に仕上がっている。

爆笑あり、苦笑ありで、そして最後は感動する。

特に「ピーマン」のくだりは、ベタとは言え感動間違いなし!?


「とーちゃんがロボットになっちゃった」という設定なので、いったいどういう展開になるのかと思っていたが、まさかあんな形にするとは・・・

ホント、よく考えていると思う。

あまりネタバレしてもあれだし、と言って内容に触れてもあまり意味がないので、このへんでやめておきますが、評価はもちろん「A」です。


ところで・・・

ラスボスの子分の声でコロッケが出ていたのだが、最後の戦いでのやり取りは、荒唐無稽だけど大笑いした。

あと、女性警官の声が武井咲みたいだったけど・・・

あんまり違和感はありませんでした。

映画評677 ~ 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

今回は「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」

映画140419

コミックとテレビアニメの双方で絶大な人気を誇る、青山剛昌原作による『名探偵コナン』シリーズの劇場版第18弾。高層タワーで正体不明のスナイパーによる狙撃事件に遭遇したコナンと仲間たちが、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズも絡んだ陰謀に立ち向かっていく。監督は、『名探偵コナン 11人目のストライカー』や『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』なども手掛けている静野孔文。スケールの大きなストーリーやアクションに加えて、コナンと共闘する女子高生探偵・世良真純の活躍も見もの


<ストーリー>
高さ635メートルを誇るベルツリータワーのオープニングセレモニーに出席し、東京を見渡せる展望台からの景色に胸を躍らせるコナンたち。そんな中、一発の弾丸が強固なガラス窓を貫通し男性の胸を撃ち抜く。騒然とする状況下で、コナンと女子高生探偵・世良真純はFBIを巻き込む形でスナイパーを追い掛けるものの、すんでのところで逃げられてしまう。警察、FBI、コナン、世良が調べを進めていく過程で、海軍特殊部隊ネイビーシールズと事件の関連が浮上。さらに謎めいた大学院生・沖矢昴の暗躍も・・・


相変わらず、スケールだけはデカい!

FBIが、ただ出てるだけじゃなく、好き勝手に動き回っている時点で違和感バリバリだけど、今回はシールズまで出てくる。

日本国内でいったい何人射殺したんだか。

まるで、ジョン・マクレーンがロシアで暴れまわっている感じ。

いったい日本をどんなところだと思ってるんだろうか。

しかも、FBIにも日本人がいる。

それに、ニュースでいちいち「亡くなったのは元シールズ隊員」とか、普通言うのか?

ホント、設定なんかどうでもいいみたい。

やっぱり、このマンガは子供向けなんだろう。

普通なら「はあ?こんな設定ありえんだろう」というところが、あっちこっちに平気で出てくる。

ここにいちいちイチャモンをつけていてはいけないのだろうけど、ちょっと安易すぎるような気もする。

だいたい捜査会議にガキどもやそのへんのおっさん(いちおう名探偵だけど)が参加するのも・・・もうやめとこう。


さて、内容の方だけど・・・

どうも推理に難がある、というのか、強引な感じがしてならない。

最終的に「五角形」が重要な意味を持つのだけど、それを示すのに、わざわざ「ある方向から見ると、高さの違うビルも同じに見える」とか、いちいち考えるかね。

もっと別の方法で相手にわからせた方が、もっと恐怖を与える効果だってあるんじゃないかと思うわけだ。

それに、結局サイコロの数字の意味もたいしたことがなかった感じだし、いったい何だって、あんなややこしいことをしたのか、私には理解できなかった。

何だか、安易に机の上で「トリック(というか暗号?)を考えてみました」みたいな感じで、とてもじゃないけどムリがある。

見せられた方も、あれでは何が何だかわからないんじゃないの?
逆に、そう簡単に気が付かないと思うのだが・・・


推理の部分がこれだから、いくらアクションが派手だったところで、全体的にハラハラ・ドキドキするものがない。

ネットでは、「過去最高!」とか絶賛している人が結構いるけど、どこがどう面白かったんだろうか。

もしかして、私がヒネクレすぎているの?

いずれにしても、予想通り(?)面白くなかったので、評価は「C」にします。

映画評676 ~ GANTZ:PERFECT ANSWER

今回は「GANTZ:PERFECT ANSWER」(テレビ版)

映画140411

「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクライマックスとなる後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体「GANTZ」に召集され、「星人」と呼ばれる強敵たちとの戦いを繰り広げる様をダイナミックに描く。二宮和也と松山ケンイチの日本を代表する若手俳優が主人公を演じ、吉高由里子や田口トモロヲなどバラエティー豊かな俳優たちが集結。激しいアクションと、原作とは異なる映画版オリジナルのラストは必見だ

主演は、二宮和也、松山ケンイチ
共演は、吉高由里子、本郷泰多、夏菜、綾野剛、越村友一
その他、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、戸田菜穂など


<ストーリー>
死を迎えるその瞬間、黒い謎の球体「GANTZ」に呼ばれた男女たち。幼なじみの玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)もまたGANTZに召集され、「星人」という異形の者との戦いを強いられていた。玄野は戦いの中で生き抜くことを選び、加藤は暴力と戦いを否定する。そして、終わりのない戦いの過程で、2人はある選択を迫られる


さあ、前回「何がなんだかさっぱりわからない」と書いた作品の完結編である。

これで、すべてのナゾが解ける!

そう期待して見た・・・


・・・わけではもちろんない!


いちおう見ないと落ち着かない、と思ったから見ただけなのだが・・・


やっぱり、わかりませんでした!

今回は「一度死んだものの、戦いで100点を取ったので、記憶を消されて解放(生き返る)された」人たちが、再び召集される、というパターンが出てくる。

これで、一気にヒートアップして、「星人」って何なんだ、そして戦いの結末は・・・と期待は高まるばかり、と思ったのだろうか。

じゃあ聞くけど、前回書いた「あのおばあちゃんとガキ」は、いったい何だったの?
なぜ呼ばれたの?
何の説明もなかったと思うぞ。

そもそも映画版は140分あったらしい。
で、昨日の放映時間は約100分。

ということは、40分もカットしていたということになるのだけど、もしかしてそこに重要な部分があったのか?

だいたい40分もカットするなんて、放映する側も「ここはわけがわからないからカット。ここも必要ないからカット」とか思ってたんじゃないの?


前作と比べたら、アクションは確かにスケールアップしていたと思う。

特に、電車の中でのバトルはそれなりに迫力はあった。
ニセ松山ケンイチも、どうせスタントマンなんだろうけど、殺陣もきれいで、見どころは十分だったと思う。

と言うか、前作がショボすぎただけなんだけど。

でも、そこだけ。

終盤のGANTZのある部屋(?)での、主人公たちと星人集団とのバトルって、ありゃあ何だ?

5mも離れていないだろう距離の中で、主人公たちは例のわけのわからない武器を撃ち、星人たちはマシンガンをぶっ放している。

何だ、宇宙人(?)なのに、武器はマシンガンかよ。

ということではなく、あんだけ銃弾が飛んできているのに、なぜだか主人公たち数人は生きている。

お前ら、不死身かよ。

一方で、主人公たちが使う武器は、とにかく結果がいつ出るかわからないので、星人たちが一通り撃ち終わった後で、次々に爆発する。

見ていてわけがわからない。


そして・・・

吉高由里子は、いったい何だったの?

GANTZがターゲットとして指定してきた、ということは、彼女は「星人」だったということなのか?

そんな説明はなかったと思うけど・・・

結局のところ、最後に二宮と吉高の悲恋(?)を演出するためだけに設定したとしか思えないようなシーンになってしまっている。

つまり、二人が血まみれになりながら最後は抱き合って死ぬ、みたいな「感動的」なシーンにしたかったのかも知れないけど、そもそも「何で吉高が狙われるの?」ということしか頭にない私にとっては「はあ?」としか思わない。


それと、前作の最後の方で出てきた山田孝之。

この作品の中で、唯一と言っていいほど存在感のある役者さんで、今回完結編を見たのも、彼はいったい何だったんだ、というのを知りたかったから、というのが大きな理由の一つでもある。

にもかかわらず、結局わからなかった、というか、ただの刑事(?)みたいな感じだった。
(最初は、ジャーナリストか何かか?と思っていたけど、拳銃を持っていたし・・・)

だとしたら、途中に出てきた「星人」たちとのやり取り(取引?)のシーンは、いったい何だったの?

星人たちに向かって、堂々と「お前ら、いったい何者なんだ」と言っているのだから、ただ者ではないな、と思っていたのに、最後はベッドに横たわっていて、同僚の女から「何にもなかったじゃないのよ」とか言われるただのおっさんに成り下がっていた。


とにかく、前作の疑問は何ら解決することなく、新たな疑問ばかり出てきて終わり、という感じだった。

ラストシーンも、「原作とは違うオリジナル」とか書いてあったけど、あれもわけがわからない。

結局二宮が自分を犠牲にして、他の人たちを救った、ということなんだろうけど、終始呆然として見ている私としては、「そうなりそうな気はしていたけど、でも何で?」というだけのシーンでした。


最後に・・・

前作で「下手くそな演技はともかく」と書いたけど、二宮もやっぱり下手だな。

特に唇を意味もなく震わせる、というシーンが何度もあったけど、あれは見ていて「何やってんの?」としか思えなかった。

何が「クリント・イーストウッドも絶賛!」だ。

彼は日本語がわからないから、うまく見えただけじゃないのか?


などなど、後はもう思い出して書くのも面倒くさい。

結局2作にわたって、最初から最後までほとんど表情が変わることなく見ていた、という稀有の作品だったと思います。

ということで、評価は前作に続いて「D」にします。



いちおう調べてみました。

<GANTZ>
http://ja.wikipedia.org/wiki/GANTZ


なるほどね、という部分はあるにしても、元々面白そうな漫画ではなさそうだ。

映画評675 ~ GANTZ

今回は「GANTZ」(テレビ版)

映画140404

欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像化したSFアクション超大作。『硫黄島からの手紙』の二宮和也、『ノルウェイの森』の松山ケンイチが初共演に臨み、謎の球体「GANTZ」に召喚され、異形の「星人」と呼ばれる敵との戦いを強いられた、若者の苦悩と究極の選択を体現する。監督は、『砂時計』の佐藤信介。生と死がテーマの深遠なドラマや、肉体を駆使した活劇の数々に圧倒される。

主演は、二宮和也、松山ケンイチ
共演は、吉高由里子、本郷泰多、夏菜、綾野剛、水沢奈子
その他、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、戸田菜穂など

<ストーリー>
まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体「GANTZ」が彼らを呼び出し、「星人」と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。


2010年の作品である。

内容はともかく、主演の二宮和也と松山ケンイチにまったく食指が動かなかったことが第一の原因で、映画館では見なかったものだ。

ところが、実際には・・・

二宮と松山の演技はともかく、内容のくだらなさに唖然としてしまった。

何だろう、この緊張感のなさ。
ハラハラ・ドキドキ感がまったくなく、ただただグタグタ感のみだった。

松山ケンイチの下手くそ演技がまったく気にならなかったほどだ。


まず、冒頭であんぐり。

地下鉄で線路に落ちた酔っ払いのおっさんを助けようとした加藤(松山ケンイチ)が、助け上げた後、線路からホームへ上がることができない。

力を使い果たしてしまったのかも知れないが、あの場面ではもはやホーム下の空間に逃げ込むしかない。

ところが、そこでなぜか、それまで傍観していた玄野(二宮)が、加藤に手を差し伸べる。

ものすごく違和感があるシーンだ。

線路に落ちたおっさんを助け上げた連中(何人もいた)が、同時に加藤を助け上げればいいだけなのに。

そして次のシーンで、加藤が玄野を引きずり落とす(?)みたいな格好で、玄野も一緒に線路に落ち、そして電車に轢かれる。

この時点で、思わず「くだらね~」と叫んだしまったほど。


その後の展開も、意味不明なものばかり。

死んだ人間が集められて、いろいろとミッションを与えられるという設定はいいのだけど、なぜその人たちが呼び集められたのかがわからない。

死んだ人全員であるわけがないのだから、何らかの理由があるのに違いないのだが、そうすると前半に出てきたおばあちゃんとガキの二人が呼ばれた理由は何なんだろう。

しかも、ミッション(変な星人とのバトル)では、参加しているのかどうなのかわからないような描写で、いつの間にか死んでいたような感じ。

あの二人は、いったい何のために出てきたの?


さらに、肝心のバトルに緊張感はないし、迫力もリズムもクソもない。

敵(星人?)は、常に襲ってくるわけではなく、仲間が苦しんでいるのを助けようとしている間は、ちゃんと待ってくれているし、そうかと思うと、わけもなくものすごいスピードで移動するし、何だかさっぱりわからない。

これほどまでにぼ~っと見ていたバトルも、おそらく初めて!?

だいたい、戦う連中(元死人?)は、ちゃんと武器を持っているのに、それをなぜか使おうとせず、ほとんど撃たない。

難しい武器でもなさそうなのに、ただ逃げ回っているだけ。

使えるのが一回だけ、という設定でもなさそうなのに、どうして撃たないのだろう、と見ていてイライラするばかり。

しかも、いざ撃ったところで、何がどうなったのか、当たったのか当たらなかったのかもわからないので、敵が大爆発する場合があれば、何にも起きない場合もある。


さらに、何なんだ?あの星人たちって。

「ねぎ星人」までは、「実は宇宙人」っていう設定も理解できないことはないが、その後出てくるのは、動く人形とか、動く仏像とか、もう宇宙は関係なくなったみたい。

笑わせるつもりなら、きちんとそういう流れにしろよ。


とにかく最初から最後まで、面白いと思ったシーンは皆無。

最後の方に、思わせぶりに山田孝之が出てくるけど、もうこの時点では「おっ、何か新しい展開があるのか」という期待感さえ湧いてこない。

劇場版の上映時間は130分とあったので、テレビ版ではかなりカットしているのだろうけど、その中に重要な部分があったとしたら、かなりのアホだし、ある意味2時間枠に収めたのは正解かも知れないが・・・


来週、続編(完結編)を放映するらしい。

見ようかどうしようか、かなり迷っている。

死んだ連中が復活するわ、次のターゲットが実は・・・というのも、ちょっと気にはなるけど、さらにがっかりしそうだし。

いずれにしても、本作品に関しての評価は・・・もちろん「D」です。

やっぱり映画館で見なくて良かった!
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
401位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR