映画評683 ~ WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~

今回は「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」

映画140524

『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合わせの過酷な林業の現場に悪戦苦闘しながら、村人たちや自然と触れ合い成長していく姿を描く。『ヒミズ』などの染谷将太をはじめ、長澤まさみ、伊藤英明、ベテラン柄本明らが共演する

主演は、染谷将太
共演は、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ
その他、有福正志、田中要次、山中淳史、広岡由里子、近藤芳正、光石研、柄本明など


<ストーリー>
大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが


久しぶりの映画だが、特に見たいと思うものがなく、「スパイダーマン」や「プリズナーズ」はちょっと重そうだったので、軽い感じのこの映画にした。

しかし・・・

ちょっと軽すぎる・・・

というのか・・・

ネットでは結構評判は良かったのに、いったいどこが面白かったのだろうか、という感じだった。


まず、主人公勇気が林業をやろうと思った動機が変。

不純というのではなく、チラシに載っている女性を見て「わっ、この人に会いたい」と思うヤツなんて、相当頭が弱いヤツだろう。

普通、チラシに載せる女性なんて、モデルか芸能人だからだ。

しかし、まあ実際にいたわけだし、それを否定すると後の話が続かないからいいとしても、そんな頭の弱い男が、あんな林業の厳しさについていけるとはとても思えないのだ。

しかも、そのあたりの描写がいいかげん、というか、あえて省略してある。

最初1カ月の研修も、都会からいいかげんな気持ちで参加したチャラ男には、かなり厳しいはずだが、あっという間に無事終えている。

一度伊藤英明演じる山の男に怒られただけ。

いったいどうやってクリアしたんだか。

そして、その後の1年間の実務体験でも、木に登るシーンなどは、いきなり中段まで登っている描写になっていて、そこまでいく苦労がどこにも描かれていない。

そこまでいけるようになるまで相当大変だったはずなのに、なぜか「ある日突然」できるようになっている。

ほかにもいいかげんな描写が随所にあって、勇気が山の男たちに認められるのも「ある日突然」だし、ヒロイン直紀が勇気を見る目が変わるのも「ある日突然」だ。

あまりにも唐突な展開に、見ていて「はあ?」と思うしかない。

勇気が山の男たちに認められるようになったのも、都会から来た勇気の元仲間たちが、林業を茶化すのを見て、ちょっと激怒したから・・・って、ちょっと安易じゃないか?

スローライフとか何とか言っている元仲間たちも、わざわざ来た割には、本人たちのいる前で林業をバカにするなんて、頭悪すぎ。


あと、中盤で村のガキが山に入って迷子になる展開も、いきなりすぎて「何で?」と思うしかなかった。

山の中の村なんだから、大人たちが普段から厳しく教えているはずだろうに。

あのガキが山に入った理由は、たぶん虫なんだろうけど、いきなり山の中に入っていくので、その後の捜索シーンも緊張感も何もないし、そんな中でなぜ勇気がガキを助け出せたのかも、無理やりすぎてよくわからない。

原作では、そのあたりはきちんと描かれているとは思うのだけど、監督はどうしてそのあたりをいいかげんな形にしたのか、私には理解できない。


でも、一番納得がいかないのは、やはり主人公の描き方だろう。

物語を通して、勇気には「山の男になった」というイメージがまったくない。

顔も浅黒くなるどころか青白いままだし、相変わらずチャラい。

チャラいというより、終始「ヘラヘラしている」の方が正確だろうか。

いつでもどこでも、とにかくヘラヘラ・ヘラヘラ。

最後の重要な儀式の場面も、いくら何をするのか教えてもらっていない、とは言え、まわりの真剣な姿を見れば、あそこまでヘラヘラできないはず。

しかも、ダラダラ歩いていて、前を歩く伊藤英明たちに付いていこうとさえしない。

いや、そんなヤツはいない、と言っているのではない。

もしそんなヤツだとしたら、そもそも林業研修なんかについていけるはずがなく、山の中での生活などできるはずがない、と思うわけだ。

だから、肝心の儀式の場面でも、一人だけ異常に浮いていて、見ていて違和感があってしょうがなかった。

ああいう描き方で笑わせようとしているのだろうけど、少なくとも私にはまったく笑えなかった。

もっと、「相変わらずチャラいのだけど、でも真剣にやっている」という描き方ってできるんじゃないかという気がする。

だいたい・・・

登場人物の中で「山の男」に見えるのは、伊藤英明くらいで、後は身体も貧弱だし、どう見ても町の人にしか見えない。

割と重要な役どころである光石研も、どう見たってサラリーマンのおっさんだ。

まあ、演技を優先するためにはしょうがないのかねえ。


唯一山の男に見えた伊藤英明も、相変わらず下手くそで、何を言っているのかわからない場面もいくつかあった。

ただ・・・

長澤まさみは良かった。

以前の舌っ足らずの話し方が消え、感情表現もなかなか良かったと思う。

ある意味、彼女に惹かれて映画を見た私も、そこだけは正解だったのかも?


ということで、随所に出てくる小ネタに笑える部分も少しあったが、何せ展開が雑すぎて、とても感情移入できるものではなかったので、評価もホントは「D」にしたいところを、長澤まさみちゃんに免じて「C」にします。

いや、もっと笑えるかと思ったのに、ホント残念でした!


おまけで・・・

ラストはあれで良かったのかなあ、という気がする。

せっかく「涙の別れ」をしたのに、その直後に戻ってきていいの?と思うわけだ。


スポンサーサイト

映画評682 ~ ネイチャー

今回は「ネイチャー」

映画140503

『アース』などを製作したBBC EARTHが、水をテーマに大自然を特殊なカメラで撮影したドキュメンタリー。573日の撮影期間を要し、謎めいた森、燃え盛る地下世界、異国の砂、灼熱の平原、魅惑の海中都市、凍てつく山脈、荒れ狂う激流の七つのカテゴリーの自然で構成。『ウォーキング with ダイナソー』のニール・ナイチンゲイルと共にパトリック・モスが共同でメガホンを取る。ジンバブエ共和国のビクトリアの滝の縁からの眼下に落ちていく水、数千羽のフラミンゴの色が変化する過程など、迫力あるビジュアルでいまだ見たことのない大自然が眼前に広がる。


<内容>
多くの人々が雨に濡れないように身を潜める中、雨は自然の神秘と奇跡の象徴だと愉悦を覚える少女。そこへ地球の旅への案内人が出現。世界最大の落差と称されるジンバブエの滝、大群のフラミンゴの色が瞬く間に変化する様子など、七つの大自然の王国を最新鋭のカメラが捉える。


この手の映画・映像は大好きだ。

テレビなどでも自然モノ・動物モノはたいてい見ている。

それが、今回3D映像で見られるというのだから、壮大なスケールを想定して大いに期待していた。

しかし・・・


何だか釈然としない。

朝一の回を見たとは言え、途中で少し寝てしまうそうになったのは、イージーリスニングの音楽のせいだけではないと思う。

確かに迫力のある映像も数々あった。

「こんな映像、どうやって撮ったの?」というところがたくさんあり(エンドロールの後に、別のドキュメンタリーとして短く紹介されてはいたのだけど・・・)初めて見る映像もあった。

しかし、ほとんどは知っているものばかりで、被写体との距離や映す角度が違うという程度のものだった。

もちろん、フラミンゴの飛び立つシーンなどは壮大そのもので、「すげえ!」というのが正直な感想。

でも、何だか物足りない。

もっと「ものすごいシーン」を期待していたのに。

予告編でも流されていたビクトリアの滝から落下する映像も、期待していたシーンの一つだけど、あれ以上のものは何もなかった。

何が物足りないのか思い返してみると・・・

まず、それぞれのシーンが、どこのものなのかよくわからなかった。

「たぶんアフリカだろう」とは思うものの、そのアフリカのどの国のどのへんなのか、ナレーションにはほとんどなかったような気がする。

そのナレーションも、何だか中途半端だった。

マウンテンゴリラの生活について「の~んびりとした」というようなことを言っていたが、ジャングルの中は危険がいっぱいで、そんなのんびりした生活があるとはとても思えない。

実際、「危険が迫っても群れのボスがいますから」みたいなことも言っていたし。

一方で、ゲラダヒヒについては「単調な日々の繰り返し」というようなことを言っていた。

動物の世界で「食べる、寝る、子供を作る・育てる」以外で、いったい何があるというのか。

大半の動物は「単調な日々」を過ごしているはずだ。

中には起きている間の大半を食事に費やしている動物も数多くいる。

たまに「これって、もしかして遊んでいるのか?」という動物もいるが、それはそういう動物がほとんどいないという証明でもあるわけだし。

ついでに言うと、ナレーターの滝川クリステルも、あまりナレーションは向いていないと思う。

決して下手くそではないのだけど、話し方がワンテンポ遅い、というのか、スムーズなナレーションには聞こえないので、聞いていてちょっと違和感がある。

東京五輪でのスピーチがウケたからと言って、彼女の話し方は決して聞きやすいとは思えない。


ということで、期待が大きすぎた半面、がっかり度が結構あったので、評価はちょっと厳しく「C」にします。

映画評681 ~ キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

本日2本目は「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

映画140501-2

『アベンジャーズ』でのニューヨークの戦いから2年後を舞台に、キャプテン・アメリカと暗殺者ウィンター・ソルジャーとの死闘を描くアクション大作。70年の眠りから覚め、アベンジャーズの一員として戦ったキャプテン・アメリカが、S.H.I.E.L.D.(シールド)の仲間に突如襲われ、その裏に潜む真実を追う姿を映し出す。監督は、『ウェルカム トゥ コリンウッド』のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスやスカーレット・ヨハンソンらが出演。新たに加わる名優ロバート・レッドフォードの役どころにも注目。

主演は、クリス・エヴァンス
共演は、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、コビー・スマルダーズ、フランク・グリロ、サミュエル・L・ジャクソン
その他、ロバート・レッドフォード、スタン・リー、トビー・ジョーンズ、ギャリー・シャンドリング、スティーヴン・カルプ、トーマス・クレッチマンなど


<ストーリー>
アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で・・・


実は見るつもりはなかった。

アベンジャーズの一員の中でも、何だか中途半端な立ち位置に感じられて、単独で出演するだけだったら、もしかしたら見なかったかも知れない。

だけど、ブラック・ウィドウも出るみたいだし、ニック・フューリーも出てくるので、「映画の日」ということもあり、見てみた。

でも・・・

何がなんだかよくわからなかった、というのが正直な感想だ。

スケールもデカいのかどうかわからないが、とにかく「現代科学を結集した武器」を駆使するアクションものなのか、ただのSFなのか、見ていて中途半端な感じがする。

マシンガンや拳銃をぶっ放すシーンがやたら多い割には、「かなりの高度からパラシュートもなしに飛び降りても平気」というような超人が所々に出てくる。

しかも、米軍とかFBI・CIA、警察などの組織は一切出てこなくて、あくまでもS.H.I.E.L.D.(シールド)かそうでないか、の2種類だけみたいな感じ。

だから、見ていて誰が敵で誰が味方なのかよくわからない。

あの巨大な飛行物体も、ものすごい兵器のようだけど、いとも簡単にプログラムを書き換えられてしまうし、スケール感がない。

「名優ロバート・レッドフォードの役どころにも注目」とか言ったところで、別に予想した通りの役どころだったし、ドンデン返しも何もない。

唯一良かったのは・・・

昔はポヨヨ~んとしたイメージのあったスカーレット・ヨハンソンが、いつの間にかものすごいアクション女優になっていたこと。

今作においても、一番存在感のあったのは彼女だ。

色白でちょっとひ弱っぽい主人公に比べたら、はるかに強そうだった。

で、例のごとく「エンドロールの後にも映像があります」などと引っ張っておいて、予想通りの「次回作もありますよ」という予告であり、わざわざ残って見るほどのものでもなかった。

どうせ次回作が出る頃には忘れちゃうわけだし!?


ということで、相変わらず「破壊しまくり」だけの印象しか残らなかったので、評価は「C」にします。


ところで・・・

なんで「ウィンター」なの?

映画評680 ~ テルマエ・ロマエⅡ

今日は映画の日。

ということで本日は二本立て。

まずは「テルマエ・ロマエⅡ」

映画140501-1


古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まったルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。主演の阿部寛や上戸彩、市村正親ら主要キャストが続投し、ブルガリアに実物大のコロッセオを建設するなど大規模なロケを敢行。また、曙や琴欧洲ら現役、元力士も出演。帝国を揺るがす危機的状況を、日本の風呂文化によって救おうと頑張るルシウスの奮闘に注目

主演は、阿部寛
共演は、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親
その他、キムラ緑子、勝矢、曙、琴欧州、いか八朗、松島トモ子、白木みのるなど


<ストーリー>
ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄(ほんろう)されることになり・・・


実は、あまり期待していなかった。

前作は面白かったのだけど、奇想天外な展開は、1作目こそ斬新だから面白く見られるけれど、それに慣れてしまうと、2回目からは驚きがなくなるので、何とも思わなくなってしまう。

洋画で言えば「ナイト・ミュージアム」みたいなものだろうか。

1作目は爆笑したのだが、2作目はピクリともしなかった。

初めて見た時は「あらあら、こんなものまでこんなものまで動いちゃうの?」という新鮮な驚きがあるのだけど、2作目では、もう何が動いても驚かない。
「どうせ、あれも動くんだろ?」と思ってしまうからだ。

それと同じ感じで、ローマと現代日本との行き来と、それに伴う面白いやり取りも、2回目からは慣れてしまって、新鮮な気持ちになれないのではないか、という気がしていた。

しかし、思ったより面白かった、というところだろうか。

相変わらず竹内力の使い方には不満が残るが、随所に笑いが散りばめられていて、くだらないギャグであっても、結構笑ってしまう。

ただ、終盤になって、北村一輝演じるケイオニウスのニセ者が出てくるくだりで、ちょっと展開的にはグダグタになっていた。

「あんなもの、普通気が付くだろう」という展開だったので、「これ、どうやって落とし前をつけるつもり?」と思っていたら、あまりにもベタすぎる展開で、ちょっと残念だった。

阿部寛演じるルシウスと上戸彩演じる現代日本の漫画家志望の女の子との恋愛も、私的には余計な感じがするだけだけど、まあ物語としては仕方がないのかも知れない!?

原作だとまだ先があるみたいだし、今回はそういう意味でも中継ぎ的な作品で、あまり大きな出来事は起こらなかったようだけど、次もたぶん見るかも知れない、ということで、評価はちょっと甘めに「B」にします。


出演者で言うと・・・

琴欧州はすぐわかったけどあまりたいした出番でもなかったが、曙だけが最後までどうしてもわからなかった。

途中に出てくる大柄の強いグラディエーターがたぶんそうかな?とも思っていたが、体つきはそっくりではあるものの顔が精悍で、プロレスなどでも感じる頼りないイメージの曙とは似ても似つかなかったので、違うと思っていた。
でも、あれがそうだったらしい。

もしかして、メイクであんな顔にしたのか?

あと、松島トモ子の出番は、やっぱり「動物に咬まれるため」だけだったのか?

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
214位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR