映画評719 ~ エクソダス 神と王

今回は「エクソダス 神と王」

映画150207

旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリー・スコット。『ザ・ファイター』などのオスカー俳優クリスチャン・ベイル、『華麗なるギャツビー』などのジョエル・エドガートンを筆頭に、実力派やベテランが結集。砂漠を埋め尽くすエジプトの軍勢や割れていく紅海など、スケールの大きなビジュアルも見もの。

主演は、クリスチャン・ベイル
共演は、ジョエル・エルガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガニー・ウィバー
その他、ベン・キングズレー、ヒアム・アッバス、インディラ・バルマ、ユエン・ブレムナー、アンドリュー・ターベット、ケヴォルク・マリキャンなど


<ストーリー>
旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリー・スコット。『ザ・ファイター』などのオスカー俳優クリスチャン・ベイル、『華麗なるギャツビー』などのジョエル・エドガートンを筆頭に、実力派やベテランが結集。砂漠を埋め尽くすエジプトの軍勢や割れていく紅海など、スケールの大きなビジュアルも見もの。


お馴染みの「十戒」のリメイク版である。

ネットでの評判がそれほどよくなくて、2時間半の長編ものだし、途中で飽きるかと思ったけど、意外とそうでもなかった。

ただし、海は割れない。
ただ、満潮と干潮の差がムチャクチャ大きくて、その間を狙って海を渡るのである。

まず、スケールは大きい。

でも、CG感が出すぎていたと思う。

特に、クライマックスであるヘブライ人たちが海を渡るシーンなどは、追ってくるラムセスの軍に迫りくる大波は、CGがバレバレなので、あまり迫力がない。

あと、流れがスムーズで思ったよりも違和感がなかったものの、やはり途中に冗長なシーンがあるので、2時間半は長い。

あと30分は削れたと思う。

それと、いくら違和感があまりなかったとは言え、大量の魚が死んだり、疫病が流行ったり、カエルやイナゴの大群が襲ってきたにもかかわらず、何だか一瞬の出来事みたいな描き方だったので、人々が苦しみ続けているという感じが伝わってこない。

次のシーンでは、カエルがまったくいなくなったり、疫病も翌日にはどこかに去ってしまったみたいに見えるから、それぞれのシーンがバラバラに思えてしまう。

ということで、2時間半は思ったより長くなかったけど、最終的にヘブライ人が海を渡った時の感動なんかほとんどなくて、最後は「ああ、終わったな」という感想くらいしか残らなかったので、評価は「C」にしておきます。

もう旧約聖書の物語はいいかな、という感じ!?


出演者で言えば・・・

主演のクリスチャン・ベイルは相変わらずカッコいいが、相方のジョエル・エルガートンも存在感があったと思う。

ただ、女性陣にあまり魅力的な人がいなかった(あくまでも個人の感想です)のは残念!
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR