映画評762 ~ ザ・ブリザード

今回は「ザ・ブリザード」

映画160227

アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、SSペンドルトン号の救出劇を映画化。冬の寒さが厳しい北大西洋上で悪天候により遭難した巨大タンカーに残された生存者32人の救助に、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑む。監督は、『ラースと、その彼女』などのクレイグ・ギレスピー。主演を『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインが務めるほか、『トロイ』などのエリック・バナ、『ジェシー・ジェームズの暗殺』などのケイシー・アフレックらが共演

主演は、クリス・パイン
共演は、エリック・バナ、ケイシー・アフレック、ベン・フォスター、ホリディ・グレインジャー、ジョン・オーティス
その他、カイル・ガルナー、ジョン・マガロ、グレアム・マクダウィッシュ、マイケル・レイモンド=ジェームス、ボー・ナップ、ジョシュ・シチュワート、エイブラハム・ベンルービ、


<ストーリー>
真冬の大西洋でブリザードに襲われた巨大タンカーが大破し、船内に32人の乗組員が取り残されてしまう。生存者の救出にバーニー(クリス・パイン)率いる4人の沿岸警備隊員が向かうが、彼らが乗り込んでいるのは定員12人の木製小型救助艇であった。一刻を争う状況で、一行は決死の救助活動に挑む


これは良かった。

実話に基づく話なんだそうな。

原題は「THE FINEST HOURS」なのに、なぜか邦題は「ザ・ブリザード」となっている。

確かに、ものすごいブリザードを描いた映画ではなくて、嵐のせいで難破したタンカーを沿岸警備隊が決死の覚悟で救出する物語だ。

だから、嵐のものすごさよりも、難破した上に真っ二つに割れたタンカーに残された人たちの奮闘と、主人公・バーニーたち4人の決死の行動が中心に描かれている。

そういう意味でも、真っ二つに割れた船長のいない方に残された中で、中心的な役割を果たしたケイシー・アフレック演じるシーバートがカッコいい。

仲間にバカにされながらも、常に冷静で、的確な判断で仲間を救ったこの男は、むしろ主人公・バーニーを完全に食っていた。

その点、主人公はちょっと頼りない感じ。

冷静なわけでもなく、特に経験・知識に長けているわけでもない。

ただ、過去に一度大きな失敗をしているので、それを何とか挽回したい、という気持ちがあるのと、婚約したばかりの彼女がいる。

だから、いつもより余計に頑張った、という感じしかしなかった。


さらに、嵐のシーン。

3Dで見たので、結構迫力はあったけど、何か思ったよりたいしたことなかったような気もする。

特に、救出に向かう主人公たちの船は、あんなに小さいのだから、もっとトンデモないことになっていると思うのだけど、それがあまり感じられなかった。


さて、ストーリーである。

救出劇の部分は何の問題もない。

だって、実話だし。

ただ、フィアンセである彼女の存在がよくわからなかった。

あそこまで出しゃばっていたら、主人公の頼りなさが目立ってしまって、逆効果のような気がするし。


あと、細かいところだけど・・・

最後の場面で、主人公たちを迎えにみんなで埠頭に行った時に、彼女が車のライトをつけるシーンがある。

あそこは、わざわざみんな車で行ったのだから、当然「全員でライトを点けて、船から港が見えるようにする」ものだと思っていた。

ところが、埠頭に着いた途端、みんなライトを消したので「あん?」と思ってしまった。

いいシーンだけど、ホントは最初から点けるのが当たり前なんじゃないの?

何か不自然で違和感があった。


とは言え、全体的にはとても良かったと思います。

意外と頼りない主人公の負のイメージの部分を冷静なシーバートが十分すぎるほど補っていたと思います。

ということで、評価は「B」します。
スポンサーサイト

映画評761 ~ SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

今回は「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」です。

映画160220

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチ出演のテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズの特別編。21世紀に活躍する名探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンのコンビがヴィクトリア朝の1895年へと戻り、難事件解決に挑む姿を描写する。『ホビット』シリーズなどのマーティン・フリーマンが今作でも相棒役を務める。無敵の探偵と助手が紡ぐストーリーに注目。

主演は、ベネディクト・カンバーバッチ
共演は、マーティン・フリーマン、ユーナ・スタップス、ルパート・グレイヴス、マーク・ゲイティス、ルイーズ・プレーリー
その他、アマンダ・アビントン、ジョナサン・アリス、デヴィッド・ネリスト、キャサリン・マコーマック、ティム・マキナニー、ナターシャ・オキーフなど


<ストーリー>
1895年冬、トーマス・リコレッティは数時間前に自殺したはずの妻が古いウェディングドレスを身につけて現れたことに驚がくする。この世に怨念を残したまま逝ったリコレッティ夫人の幽霊は、ロンドンの街をさまよい続ける。探偵シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)と相棒ジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)、そして仲間たちは彼女の出現の謎に迫る


これはツマらなかった。

テレビドラマで当たったホームズものを、本来のヴィクトリア朝時代に戻して、ホームズが難事件を解決する物語、だと思っていた。

いや、確かにそういう部分はあるにはあるのだけど、これってタイムトラベルものなのか?

どうして、現代のホームズが出てくるの?

ここが最大のポイント。

後で調べてみると、テレビ版を見ている人にとっては、そこそこ面白かったみたいだ。

でも、私なんぞは映画でしか見ないわけだし、そんな人たちに「テレビ版を見ないと、わかりませんよ」なんていう作りは、どう考えても許せない。

しかも、肝心の推理の部分も平凡で、特にたいしたヒネりもない。

だいたい、「死んだと思われていた人間が、実は生きていた」などというトリックは、通常「死んだ」という方が間違いか、そうでなければ「替え玉」しかありえないわけだし、そこをどううまく細工をするかがミソであるのに、それがあんな風に「よく似た人」の一言で片づけられたのではたまらない。

死体の後始末とか、替え玉との入れ替わり、などという「犯人にとっては、とても危険な賭け」の部分は、一切描かれず、至極簡単にできた、みたいな感じでスルーされていた。

何なんだろう、このいいかげんさは。

しかも、「さて黒幕は・・・」という時に、なぜか仇敵のモリアーティが出てくる。

「ホームズと言えば、モリアーティ」みたいな型にはまったストーリーなんて、私なんかまったく期待しとらんし!

おかげで、現代の話なのか過去の話なのか、単なる妄想なのか、それとも現実の話なのか、さっぱりわからない。

映画の作り、として見ると、ある意味最低じゃないかとさえ思えるほどだ。

だいたい、本編の前に「ホームズものに出てくる小道具」みたいな解説があって、置物とか絵画とかが、これ見よがしに出てきていたけど、本編とはまったく関係がない。

さらに、エンドロール後には」「メイキング映像」なるものが放映されたけど、今作のようなわけのわからない作品を「こんな感じで作ってます」みたいなことを紹介されたところで、ホームズ・ファン以外にとっては、どうでもいいことだし、面白くも何ともない。

私なんぞは、「メイキング映像」の途中で怒りのあまり席を立ったくらいだ。

私の好きな「推理もの」であるにもかかわらず、ハラハラ・ドキドキ感は皆無な上に、ほぼ2時間、呆然と見ていただけだった。

推理モノとしては平凡で、さらに内容がムチャクチャなんだから、どうしようもなかったです。

ということで、ちょっと期待した分、ものすごく大きな失望感があったので、評価は「D」にします。

ほとんど「E」に近いかも?

道理で、ネットの評価が低かったわけだ。

映画評760 ~ 傷物語 <Ⅰ 鉄血篇>

今回は「傷物語 <Ⅰ 鉄血篇>」

映画160213

人気作家・西尾維新の小説でテレビアニメ化もされている「物語」シリーズから、「化物語」の前日譚(たん)にあたる作品を3部作で描く劇場版第1弾。主人公の高校生・阿良々木暦と、伝説の吸血鬼であり「怪異の王」と呼ばれるキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードとの出会いを活写する。総監督に新房昭之、監督に尾石達也、アニメーション制作にシャフトなど、テレビアニメシリーズのスタッフが集結。キャラクターの声は神谷浩史、坂本真綾などが担当する。ファン待望のシリーズ原点のアニメ化に期待が高まる


<ストーリー>
終業式が行われた3月25日。高校2年生の阿良々木暦は、同級生で成績優秀な羽川翼から、吸血鬼が町にいるという話を聞く。その夜、暦は地下鉄のホームで、手足がなく血まみれの姿で、助けを求める女を発見。その女は、羽川が言ったように金髪で美しく、冷たい目をしており・・・


アニメである。

もちろん、原作は知らない。

別に最初から「面白そう、かな?」と思って見たわけではない。

でも、これまた3部作だし、もしかして「面白いかも?」と何となく思うようになったのと、後はもちろんヒマだったから!?

で、最初は「失敗した?」と思った。

画が汚い、というのか、主人公・阿良々木の表情が何とも大げさ、というのか、とにかく何でもかんでもビビりすぎだし、「何なの?この主人公は」という感じだった。

どう見てもリアリティさに欠けていた。

同じ高校の羽川翼と会うシーンも、何だかよくわからない。

確か吸血鬼ものだと思っていたのに、「何だ?もしかしてラブコメ?」という変な雰囲気の中で、主人公が、なぜか夜の地下鉄のホームに行き、手足のない吸血鬼に会う。

「何で、そんなところに行ったんだ?」という疑問には何も答えてくれないまま、本編に突入する。

しかし、見ていくうちに、何となくわかってきて、主人公の変な表情も、そういう設定なんだと理解できるようになった。

まあ、簡単に言えば「るろうに剣心」みたいな感じ?

内容は全然違うし、例えもちょっと違うかも知れないけど、イメージとしては、そんな感じ。

吸血鬼ハンターに襲われた吸血鬼と、その吸血鬼に血を与えたばかりにその舎弟(?)になった主人公、そしてなぜか彼らを助けようとする人間。

とりあえず、登場人物とだいたいの展開はわかった。

ただ、60分と短くて、ほんの「さわり」だけだったので、まだわからないことばかりだけど、何となく面白そうな感じ。

ということで、とりあえずの評価は「B」にしておきます。

もちろん、あと2作は見ますよ。


それにしても、劇中にやたらと文字が出てくるのが気になる。

特に多いのが「NOIR」という言葉。

何か意味があんの?

映画評759 ~ コードギアス 亡国のアキト/最終章 愛シキモノタチヘ

今回は「コードギアス 亡国のアキト/最終章 愛シキモノタチヘ」

映画160207

テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズの世界観はそのままに舞台を変え、強国ユーロ・ブリタニアに戦いを挑む少年たちの活躍を描く全5章の完結編。特殊部隊wZEROの本拠地ヴァイスボルフ城を敵軍に包囲された中での戦いと、運命の秘密が描かれる。ボイスキャストには、入野自由、坂本真綾、日野聡ら。日向アキトが駆るナイトメアフレーム、Type-01の強化機体アレクサンダ・リベルテでの壮絶なバトルに注目


<ストーリー>
聖ミカエル騎士団の総帥シン・ヒュウガ・シャイングのギアスが暴走する中、wZEROのパイロット・日向アキトは兄との戦いを決意する。成瀬ユキヤの活躍によりユーロ・ブリタニア軍は3分の1に激減。しかし、本拠地ヴァイスボルフ城を包囲され、戦況は不利な状態のまま。そんな状況で、敵のアシュレイ・アシュラが新たな仲間に加わる。アキトは最後の戦いを前に、切った髪をレイラ・マルカルに渡す


わけのわからないままに、ずっと見てきたこのシリーズも、いよいよ最終章である。

で、最終的にはハッピーエンドなんだろうけど、わけのわからないままに終わってしまった感じは変わらない。

ガキの頃から、力を得るために「悪魔に魂を売った」みたいな形となったシャイング卿の暴走を止めるのは・・・

結局、「愛」でした。

うん、何だかねえ。

まあ、もともと兄弟なんだから、父親が違うとは言え、母は同じだから、本来敵対する理由なんかないわけだ。

でも暴走する側とそれを止める側が、戦いで決着する以外で話を終わらせるには、まああれしかないだろうな、っていう感じ。

毎回書いているような気がするけど、バトルのシーンは、どっちがどっちだか区別がつかない。

見た目にわかりやすい敵ではないので、アキト側から見て敵である聖ミカエル騎士団の騎士たちも、見ようによってはそれぞれの正義をもっているわけだし。

ということで、最後は「なるほど!」と思うかと思っていたけど、残念ながらそれはなかったので、評価は「C」にします。


でも、人気があるシリーズみたいで、土曜日の午後一の回にもかかわらず、結構若い人中心に席が埋まっていました。

もう、この手のシリーズを見ることはないかも?

映画評758 ~ オデッセイ

今回は「オデッセイ」

映画160206

『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。

主演は、マット・デイモン
共演は、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ
その他、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバステャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォーなど


<ストーリー>
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。


いい話だ。

特に、最後主人公が火星を飛び立つ直前のNASAや乗組員たちとのやり取りは、感動的である。

しかし・・・

とにかく全体的に予定調和すぎる。

と言うか、ヒネりがほとんどない。

火星に取り残された後も、食物(ジャガイモ)も水も、いとも簡単に作ってしまうし、NASAとの交信も意外と早くできるようになる。

何でもかんでもそんなに簡単にいくわけないじゃん、と思っていたら、案の定食物畑はダメになってしまうし、救助用の衛星打ち上げに失敗する。

救助できる人って、あの連中しかいないじゃん、と思っていたら、やっぱりそういう展開になった。

しかし、そう簡単にはいかない。

でも、最後は船長の英断で、見事救出に成功する。

意外性なんて、ほとんどない。

唯一意外だったのは・・・

何とシナが救助な重要な役割を果たす!というところだろうか。

シナ独自の技術を持っているのだけど、それはある極秘のプロジェクトに必要な技術である。

しかし、主人公を救助するためには、どうしてもその技術が必要になるわけで、結局シナはそのプロジェクトよりも人命を優先する、というもの。

救助優先というだけで、「これって、皮肉なのか?」と思えるくらいだけど、そもそも「パクリ大国」であるシナに独自の技術なんて、あるとはとても思えない。

でも、より現実的に「日本が技術提供」という形にすると、そんなもの最初から協力体制はできているはずだから、話の流れからするとおかしくなる。

だったら、せめてロシアにしておいた方が良かったような気がするのだけど。

もしかして、シナに媚びを売るもりなのか?

とにかく、ここは大いに違和感があった。

あと、火星での生活は数十か月になるのだけど、前半の主人公は、いつも顔がきれいだ。

つまり、ヒゲを毎日きちんと剃っていた、ということになる。

救出される直前は、ヒゲが伸び放題、という顔だったのに、どうして前半はあんなにきれいにしていたのだろう。

電気は豊富にあるのだからいい、という設定なのかも知れないけど、そもそも人目を気にする必要のない人が、いちいちヒゲを剃るとは思えない。

ということで、いい話なんだけど、とにかくハラハラ・ドキドキ感があまりないので、ちょっと残念な感じでした。

評価は、ちょっと厳しく「C」にしておきます。


さて、今回は初の「MX4D」での鑑賞だった。

映像に合わせて椅子が動いたり、風が噴き出したりする例のアレだ。

別に「一度体験してみたかった」というわけではない。

土曜日の朝一に見たかったのだけど、午前中はMX4Dしかなかったからだ。

で、結論から言うと・・・

こんなものいらない!

私は、別に映画の登場人物と同じ体験をしたいとは思わない。

だいたい、宇宙船に実際に乗っているわけではないのだから、宇宙船が揺れるたびに椅子が動いたところで、ただ邪魔なだけ。

しかも、風だけでなく、ジャガイモの匂いまで噴き出てきた。

何なんだ、このシステムは。

ジャガイモの匂いを出すのなら、施設が爆発した時に、爆風だけでなく、物が焼けこげる臭いとかも出すべきだろう。

ジャガイモの匂いを嗅いだからと言って、植物畑に一緒にいる気分になんかならない。

これ以外にも、ドアを閉めたり、ワイヤーを切った時にも、いちいち振動がくるので、ウザくてしょうがない。

これがいいんだよ、と言う人もいるかも知れないけど、私は二度とMX4Dなんかでは見ない!
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
236位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR