映画評773 ~ 殿、利息でござる

今回は「殿 利息でござる」

映画160529

『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。

主演は、阿部サダヲ
共演は、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう
その他、千葉雄大、橋本一郎、中村賢、西村雅彦、中村ゆうじ、上田耕一、羽生結弦、松田龍平、草笛光子、山崎努など


<ストーリー>
江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち・・・


いい話だ。

ただ、こんな話だとは思わなかった。

予告編を見る限りでは、阿部サダヲが出ている、ということもあり、てっきりコメディだと思っていた。

確かに、所々笑わせるところはある。

でも、全体的には至極まじめな話で、しかも実話なんだそうな。

それにしては、登場人物がどれも「いい人」すぎる。

「あらすじ」の中にも「財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで・・」とあるくらいだから、村民の企てを阻止する輩も、結構いたはずだと思うのだけど・・・

それに、こんなにいい人ばかりだったら、そもそもあんなに村が困ることもなかったろうに、という気もする。

というか、「お上に金を貸す」という企て自体が、どうして成功するのかよくわからない。

しかも、あれだけのお金が集まる、ということは、村全体としては結構潤っている、ということにはならないのだろうか。

そういう意味では、何だか「ウソくさい」話ではあるのだが、とにかくいい話なので、悪い気はしない。

まあ、代官までもがいい人だった、というのは、何だか信じられないけど。


あと、出演した役者さんは、皆さん良かったと思う。

阿部サダヲも、妻夫木聡も、竹内結子も、そして普段は「下手くそ!」と思っていた寺脇康之までも、いい味を出していたと思う。

唯一、松田龍平を除いては・・・

何なんだろうねえ、あの演技は。

と言うか、無表情で、淡々としゃべるだけって、まったく演技をしていないのと同じだと思う。

まだ、殿様役で出ていた羽生結弦の方が存在感があったように思う。


ということで、ちょっと出来過ぎ感はあるけど、なかなかいい話だったので、評価は「B」にします。

でも、映画のタイトルは、やっ変えた方がいいと思うぞ。
スポンサーサイト

映画評772 ~ ガルム・ウォーズ

今回は「ガルム・ウォーズ」

映画160521

『攻殻機動隊』『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズなどの鬼才・押井守が、構想15年にも及ぶ企画を自らの手で実写化したSF。部族間の抗争が続いている星を舞台に、それぞれの部族の男女3人が奇妙な絆を育みながら繰り広げる旅と戦いを活写する。スタジオジブリの鈴木敏夫がプロデューサーとして参加、メラニー・サンピエール、ランス・ヘンリクセン、ケヴィン・デュランドらが出演、日本語版の声を朴路美、壤晴彦、星野貴紀が務める。壮大なストーリーや、実写とアニメーションが融合した圧倒的ビジュアルも見どころ。

出演は、メラニー・サンピエール、ケヴィン・デュランド、ランス・ヘンリクセンなど


<ストーリー>
戦いの星アンヌンの創造主ダナンは、死んだ個体の記憶を複製した別個体に転写できるクローン戦士・ガルムを作り上げる。ガルムと彼らから崇められる犬のグラ、そして鳥が生息するアンヌンだが、そこからダナンが去ったことで三つの部族が星の覇権をめぐって争うようになる。そんな中、空の部族コルンバのカラ(メラニー・サンピエール)、陸の部族ブリガのスケリグ(ケヴィン・デュランド)、情報操作が得意な部族クムタクのウィド(ランス・ヘンリクセン)が運命的な出会いを果たし、ガルムの秘密をめぐる旅に出るが・・・


なかなか不思議な映画だった。

ちょっとよくわからない、というか・・・

押井守らしい、というのか、人によっては「まったく成長していない」という人もいるみたいだし。

もともと、こういう世界観は好きだ。

でも、結局何が描きたかったのか、よくわからなかったし、終わり方も中途半端。

「もしかして、続編があるのかも?」と思ったくらいだし。

いや、ありそうな終わり方だったかな?

あと、「カット割りが下手」という人もいたけど、それはなんとなくわかった。

意味もなく同じシーンを延々と流していたり、急に画面が消えたと思ったら、いきなり次のシーンに移ったり、何だか見ていて「ん?」という描写だったような気がする。

だいたい、8つの部族がどうのこうの、と言っていたけど、現在残っているのは3つだけだし、それ以外の5つは、展開の中でエピソードさえ出てこないので、わざわざ名前を出す必要があったのかどうか。

しかも、それぞれの部族は姿から言語からまったく違う、みたいなことを言っていた気がするのだけど、姿は少し違っているけど、みんな同じ言語を話しているし、ただ住んでいるところが違うだけ、みたいな感じだった。

それぞれ能力が違うようなことも言っていたけど、男と女の力の差以外に、そんなに違うようにも見えなかったし。

ということで、違和感だらけというわけでもなかったし、映像自体それほど悪くはなかったのだけど、やっぱり「面白かった!」という感情は沸いてこなかったので、評価は「C」にしておきます。

「何だかなあ」というのが正直なところでした。

映画評771 ~ 世界から猫が消えたなら

今回は「世界から猫が消えたなら」

映画160515

『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健と『ソラニン』などの宮崎あおいが初共演を果たし、川村元気の小説を原作に描く感動のドラマ。余命宣告された主人公が、悪魔と取引して世の中から一つ何かを消すことで一日の命を得るという不思議な物語を紡いでいく。『ジャッジ!』などの永井聡監督がメガホンを取り、『サケボム』などの濱田岳が共演。佐藤の一人二役による熱演はもとより、斬新な映像で描かれる胸を打つ物語に引き付けられる。

主演は、佐藤健
共演は、宮崎あおい、濱田岳
その他、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子など


<ストーリー>
ある日、余命いくばくもないごく平凡な30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に、自分と同じ容姿を持つ悪魔(佐藤健)が出現する。その悪魔は、彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれるというのだ。次々と電話や映画や時計などが消えていく中、彼は初恋の女性(宮崎あおい)と再会し、共に過ごした日々を振り返る。


いい話だ・・・・と思う。

泣ける話・・・・らしい。

私は、泣きそうにはなったけど、泣きはしなかったが・・・


その理由は、設定の不自然さ、だという気がする。

「彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれる」というのはいい。

ただ、それが「電話」だったり「映画」だったりと、「身の回りのもの一つ」じゃなくて、世界中から消えてしまう、というわけのわからなさ。

元カノとの出会いが「間違い電話」だったから、「電話」がなくなることにより、彼女との思い出も消えてしまう、というのはいい。

だけど、消えるのは彼女との思い出だけじゃなくて、ムチャクチャたくさんのものが消えてしまうだろうに。

しかも、他の電化製品(?)はすべて残っているのに、「電話」だけがなくなるって、意味がわからない。

そんな設定自体が想像できない。

「彼女との思い出が消えてしまう」という設定なら、まだ理解できるのだけど、発想がよくわからない。

「時計」に至っては、さらに理解不能だ。

何だよ、「時計」がなくなるって。

「時間がわからなくなる」っていうことなのか?

これこそ、他の電化製品全体に影響が出てくるだろうし・・・!?

だから、途中までは「はあ?」という疑問符しか頭には思い浮かばなかった。

ただ、次の「世界から猫がいなくなる」というところで、ようやく話の筋がわかってきた・・・ような気がする。

要は、主人公が「自分の死」を受け入れられないから、それを受け入れるための、いわば「妄想」みたいな話なわけだ。


途中に挿入される過去の話も、時間軸がバラバラなので、いつの話なのかよくわからなくなったりする。

いちおう、右頬に絆創膏が貼ってある時が「現在」で、貼っていない時が「過去」

子供の時を除けば、年齢的にまったく見分けがつかないので、それで判断するしかない。

それぞれが、全体にまつわる「いい話」なんだけど、唐突に出てくるので、ついていけない時がある。

特に、アルゼンチンの話は唐突だし、トムとかいうお兄さんが出てきて、いきなり死んでしまうくだりは、見ていて唖然とするしかない。

最終的には、主人公が自分の死を受け入れることで、元カノや親友、さらに父親にも素直になれる(?)という展開になるわけだけど、号泣する親友(濱田岳)に対して、元カノは、主人公を抱きしめて「出会えてよかった」と言うのだけど、この部分は、ちょっと違和感がある。

いや、主人公はもうすぐ(明日にでも?)死ぬというのに、あの笑顔はないだろう、というわけだ。

とは言え、全体的には「いい感じ・・・かな?」というお話でした。

ということで、評価はちょっと甘いかも知れないけど「B」にします。

予告編で見た時のイメージと違って、ネットでの評価が思ったより低かったので、ちょっと気になっていたのだけど、その理由は何となくわかりました。


主人公の佐藤健は、まったく違うタイプの役をうまく演じていたと思う。

まだ27歳だって。

「るろうに剣心」の時にも思ったけど、いい役者さんだと思う。

あと、宮崎あおいも、濱田岳も、登場人物はみんな良かったと思います。

映画評770 ~ 64~ロクヨン~前編

今回は「64~ロクヨン~前編」

映画160507

『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、県警警務部の広報官を主人公に警察内部の対立や県警記者クラブとの衝突などを浮き彫りにしていく。監督は『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。主演の佐藤のほか、綾野剛、榮倉奈々、瑛太らが出演。緊張感あふれる演出と演技で描かれる、お蔵入り事件の謎や登場人物たちの確執に注目。

主演は、佐藤浩市
共演は、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、椎名桔平
その他、吉岡秀隆、篠田正孝、坂口健太郎、赤井英和、瑛太、永瀬正敏、三浦友和など


<ストーリー>
わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し・・・


これは面白かった。

もちろん原作は知らないので、どういう内容なのか知らないで見たのだけど、先が気になる展開も良かったと思う。

主人公は佐藤浩市だけど、他にも登場人物がたくさんいて、お互いにいろいろと複雑な関係にあるので、途中までは、「○○って、誰だっけ?」と思うことがしばしばあった。

最初は、少女誘拐殺人事件をずっと追っかける話かと思っていたが、途中で警察内部のゴタゴタや、記者クラブとの軋轢など、いろいろと出てくる。

そういう環境の中で、主人公が奮闘(?)するわけだけど、そのうち新たな事件(しかも、例のロクヨンを模倣した事件)が発生し、そこで「(後編へ)続く」となる。

新たな事件の犯人の予想は何となくつくのだけど、最終的にどういう結末になるかはまだわからない。

ネットでの評価が今いち良くなかったので、あまり面白くないのかと思っていたけど、どうやら原作を知っている人からすると、ちょっと物足りないのかも知れない。

私としては、次回がものすごく気になるし、もちろん後編の前売り券も買いました。

ということで、今回結末までいかないので、最終的な評価はまだ先になるけど、今回は次回への期待も込めて「B」にします。


出演者で言うと・・・

主演の佐藤浩市は、もはや円熟の域に入っているので、特に問題はなし。

誘拐された少女の父親が永瀬正敏とは思わなかった。

彼がそのままで終わるはずがないと思うので、そういう意味でも後編では何やらやらかしそうな気はする。

綾野剛は、意外と貫録がないなあ。

逆に瑛太の方が、存在感があった。

あと、榮倉奈々が出ている映画は、実は初めてだけど、そんなにいいとは思えなかった!?

だけど、もっとヒドかったのが赤井英和。

滑舌が悪いせいで、ほとんど何を言っているのかわからなかった。

ボクシングをやめて俳優となり、もうかなり長いはずなのに、こんなに下手だとは思わなかった。

吉岡秀隆は、相変わらずガキみたいで、見ていてイライラする。

調べてみたら、もう45歳らしいけど、大人の役は無理じゃないのか?


あと、話の筋とは関係がないけど・・・

新聞記者(記者クラブ)の面々が、どいつもこいつもクズ顔をしていて、ちょっと笑いそうになった。

権利ばかり主張していて、自分たちがまるで特権階級かのような発言の数々は聞いていて胸糞が悪かった。


映画評769 ~ 亜人 第二部~衝突~

今回は「亜人 第二部~衝突~」

映画160506

桜井画門の人気コミックを基にした劇場版3部作の第2部で、不死身の新人類「亜人」を中心とした社会全体を巻き込む戦いを活写するアニメーション。国内3例目の亜人である永井圭ら、亜人管理委員会、テロリストが三つどもえとなり、し烈なバトルとスリリングな心理戦を展開する。総監督と監督を務めるのは、第1部に続き瀬下寛之と安藤裕章。声優は宮野真守、細谷佳正らのほか、第2部より鈴村健一、森川智之らが参加している


<ストーリー>
不死の人類「亜人」と認定された高校生・永井圭が、亜人研究所から逃走してしまう。一方、謎の帽子の男・佐藤は報道陣に対して亜人の権利を訴え、その数日後、日本全国に潜んでいた亜人7人が佐藤のもとに集結。佐藤は彼らに大量虐殺を命じる。亜人の一人、中野攻は佐藤の話に困惑するが・・・


これは、ホント面白い!

前作で、内容も何も知らず、何となく「面白そう」と思って見たところ、予想外の面白さだったので、この第二作も楽しみにしていた。

作品によっては、第一作で期待させておいて、第二作以降でがっかりさせるものも結構あるけど、これはそんな心配も杞憂だった。

不死の人類というのは、特に目新しい設定ではないけど、とにかくストーリーというか、展開がすばらしい。

・・・みたいなことは、前回も実は書いていた。

今回書こうしていることも、あらかた前回書いていたので、繰り返しになるからあえて書かないけど、とにかく最終作(第三作)が楽しみだ。

次から次へと「亜人」が出てくるけど、それぞれに個性があって、微妙に違いもあって、ホントによく考えていると思う。

ということで、評価は今回も「A」にします。

まさか、最終作でがっかりすることはないと思うけど・・・

映画評768 ~ 追憶の森

本日2本目は、「追憶の森」

映画160501-2

『ミルク』などのガス・ヴァン・サント監督が、「The Black List 2013」(製作前の優秀脚本)に選出された脚本を映画化。死に場所を求めて青木ヶ原樹海にやって来たアメリカ人男性が、自殺を思いとどまり樹海からの脱出を試みる日本人男性と出会ったことで、人生を見つめ直すさまを描く。『ダラス・バイヤーズクラブ』などのオスカー俳優マシュー・マコノヒーと、『インセプション』などで国際的に活躍する渡辺謙が初めて共演を果たし、『インポッシブル』などのナオミ・ワッツも出演。

主演は、マシュー・マコノヒー
共演は、渡辺謙、ナオミ・ワッツ、ケイティ・アセルトン、ジョーダン・カヴァリス、ジェームズ・サイトウ、オーウェン・バークなど


<ストーリー>
人生に深く絶望したアメリカ人男性アーサー(マシュー・マコノヒー)は、死に場所を求めて富士山麓の青木ヶ原樹海を訪れるが、森の奥深くでけがを負った日本人男性タクミ(渡辺謙)と出会う。アーサーと同じく死のうとして樹海に来たものの考え直し、妻子のところへ戻るため助けを求めてきたタクミと互いのことを語るうちに、二人はこれまでの人生を見つめ直し、生きるため樹海からの脱出を模索するようになり・・・


なかなか考えさせる映画だった。

と言うか・・・

序盤(から中盤まで?)までは、富士の樹海を傷ついたおっさん二人がウロウロしているだけの映画にしか見えなかった。

ただ、渡辺謙は、さすがに何か特別な存在なんだろうな、とは思っていたけど・・・

そして、ほぼ予想通りの展開にはなる。

そういう意味では、まあいい映画なのかも知れない。

でも、上映時間110分というのは、ちょっと長すぎ。

90分くらいでまとめられたんじゃないか、という気がした。

しかし、そんなことより気になったのが・・・

途中で出てくる「伏線」。

何だよ、妻の名前が「キイロ」で、娘の名前が「フユ」って。

いや、外国人からすると、違和感はないのかも知れないけど、日本人にとっては、何か違和感バリバリ。

「キイロ」なんて名前は、聞いたことないし・・・

どうせなら、妻の名前は「ムラサキ」、娘は「アキ」か「ハル」くらいしとけばいいのに・・・

いくらニブい私でも、「はあ?キイロ?」と思った時点で、この映画の面白さは半減(?)じゃないの?

だって、ほとんどネタばれみたいもんだし。

渡辺謙も、自分でセリフを言う時に、違和感なかったのか?

アンタくらいの大物だったら、それくらい指摘できるんじゃないの?

終盤になって、「これって、どうやって回収するつもりだろう」って、そっちばかりが気になってしょうがなかった。

まあ、学生が日本語をちょっと知ってたから、というパターンは「まあ、ぎりぎり有りかな?」って感じだったけど・・・


あと、気になったのは、渡辺謙以外の日本人がしょぼすぎること。

特に、空港職員の女性とかCAとか、女性陣はしょぼすぎる。

これも、外国人的にはOKなの?

そのせいか、ナオミ・ワッツが、いつもより余計に綺麗に見えました!?


ということで、いい映画なんだろうけど、ちょっと長かったし、いろいろあって、評価は「C」にしておきます。


主演の、マシュー・マコノヒーは、存在感もあり良かったと思います。

でも、渡辺謙の英語って、そんなに上手いか?

映画評767 ~ フィフス・ウェイブ

今回は「フィフス・ウェイブ」

映画160501-1

リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。監督は、『アリス・クリードの失踪』などのJ・ブレイクソン。『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツがヒロインにふんし、『ジュラシック・ワールド』などのニック・ロビンソン、『完全なるチェックメイト』などのリーヴ・シュレイバーが共演。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

主演は、クロエ・グレース・モレッツ
共演は、ニック・ロビンソン、ロン・リビングストン、マギー・シフ、アレックス・ロー
その他、マリア・ベロ、マイカ・モンロー、ザカリー・アーサー、トニー・レヴォロリ、タリタ・ベイトマンなど


<ストーリー>
人知を超えた知能を誇る生命体アザーズが、地球を4度にわたって攻撃し世界人口の99パーセントが死滅。そんな荒廃した世界で、女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は離れ離れになった弟の行方を追っていた。アザーズが人間の内部に侵入できるために他人を一切信用できないという状況下で、彼女は一人の男性と出くわす。彼をアザーズではないかと疑いながらも惹かれるキャシー。弟が連れ去られた可能性のある基地に二人で向かうが、アザーズによる第5の攻撃が始まろうとしていた。


何ともまあ、呑気な映画というのか、緊迫感や迫力があまりなかった。

ハラハラ・ドキドキ感もほとんどなし。

だいたい、何が起こって、結局どうなったのか、というのがよくわからなかった。

何者かはわからないが、とにかく地球を襲ってきた生命体が、4(5?)種類の攻撃でもって、人類を滅ぼそうとする。

その第一波が「電磁波」、第二波が「地震」、第三波が「ウィルス」、そして第四波が・・・

これがよくわからなかった。

たぶん「人類同士の戦い」なんだろうと思う、展開からすると。

だから、第5波は・・・?

もしかして「愛」?

自分でも何を言っているのかよくわからないけど、何か「フィフス何とか」というタイトルからして、そうとしか考えられない。

それくらい無理やり感のある設定だ。

だいたい、何で謎の生命体が、そんな段階的に人類を滅ぼそうとしているのか、よくわからない。

第一波で、地球の攻撃体制を不能にする、というのならよくわかる。

でも、解説によると「暗黒」ということになっている。

「暗い」ということが不利な状況なのではなく、「電気が使えない」というのがマイナスな要素なんだろうに。

その後の「地震」と「ウィルス」も、何でこんな順番になったの?

というよりも、地震を起こしたり、ウィルスをばらまいたりできるのだったら、他のことだって、できそうな気がするし・・・

いずれにしても、わざわざ「5つの波」を設定しようとしている時点で、全体の展開を詳細まで考えていない感じ。

そして、第四波なのか第五波なのかは、よくわからないけど、子供を騙して大人を攻撃させる、ってのも、よく考えると変な設定だ。

あんな「にわか」訓練で、ガキが大人を倒せるほどの力をつけるとは、とても思えない。

しかも、主人公キャシーの弟って、まだまだ縫いぐるみを手放せないほどのガキなのに、何で他のガキと同じように戦ってんの?

ここは明らかに違和感があるし、主人公が弟を助ける、という設定のためだけに弟をぶっ込んだとしか思えないようなムチャクチャな展開。

しかも、謎の生命体の正体がまったくわからないので、ただの人間同士の争いにしか見えない。

だから、全体的に、いったい何がどうなっているのか、何をしようとしているのかがわからないわけだ。

しかも、最後は中途半端に終わってしまうし。

もしかして、続編でも作るつもり?

だとしたら、今後あのガキたちをどうするの?

というか、あの謎の青年が、また出てくるの?


とにもかくにも、この映画の見どころって・・・

クロエ・グレース・モレッツちゃんしかない!

相変わらず可愛い!!

でも、どう見ても、普通の高校生には見えない。

「キック・アス」のような、かなり訓練された女性にしか見えない。

でも、それはまたそれでいい味は出していると思う。

逆に言えば、それだけ。

ストーリーとしては、はっきり言ってムチャクチャ。

道理で、ネットでの評価が低いわけだ。


ということで、評価は「C」にします。
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
214位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR