映画評779 ~ シン・ゴジラ

今回は「シン・ゴジラ」です。

映画160731

『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、アメリカの大統領特使役の石原さとみほか300名を超えるキャストが豪華集結。不気味に赤く発光するゴジラのビジュアルや、自衛隊の全面協力を得て撮影された迫力あるバトルに期待

主演は、長谷川博己
共演は、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子
その他、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、小野孝弘、片桐はいり、小出恵介、斎藤工、嶋田久作、諏訪太朗、津田寛治、鶴見辰吾、古田新太など


<ストーリー>
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、「ゴジラ」と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが・・・


これは、意外にも面白かった。

と言うか、「おお、そういう形で来たか」という感じで、とにかく意外な展開だし、少なくとも想像したよりはずっと良かった。

監督があの庵野秀明で、公開前から「まったく新しいゴジラを作る」と言っていたので、「まったく新しいゴジラって、それはもうゴジラじゃない」と思っていたのだけど、実際に見てみると、何と言うか、確かに「ゴジラだけど、今までのゴジラとはまったく違う」というものだった。

庵野さんだから、当然(?)エヴァンゲリオンを意識しているようで、一部では「これって、まんまエヴァじゃん」という声も多いが、ゴジラにもエヴァにも、それほどの思い入れがない私からすれば、許せる範囲だと思う。

それにしても、「ヤシオリ作戦」って、ホント「ヤシマ作戦」そのもので、もう少し名前くらい変えても良かったのでは?という気はした。

だって、なぜ「ヤシオリ」なのかまったく説明がなかったし。


さて、そのゴジラだけど、登場時点では「何じゃこれは?」という感じだった。

深海魚の化け物みたいだったし、「もしかして、この化け物を退治するためにゴジラが出てくるのか?」と思ったほど。

でも、背中がゴジラっぽいし、全体の雰囲気もそう。

「もしかして、これが変化するの?」と思っていたら、ホントにそうなった。

つまり「進化する生き物」という設定だったわけだ。

これも、当然賛否があると思う。

私としても、「これって本来のゴジラじゃない」とは思っていたが、その後の「進化」によって、従来のゴジラみたいになったので、これはこれで「あり」だと思う。

しかも、口から吐く放射能も、今までのゴジラと違って、最初は火炎だし、途中から放射能の光線(?)みたいになる。

最初ガメラで、途中からギャオスになった、みたいな感じ!?

さらに、背中からも放射する。
しかも、自分目掛けて飛んでくる物体があれば、ほとんど条件反射的に、だ。

これは、さすがにやりすぎだと思うが、最終的にゴジラを退治する方法を考えたら、この前提も必要条件の一つということであれば、何とか許容範囲かな、と思う。


あと、「あらすじ」にもあるように、実にたくさんの役者さんが出てくる。

「Yahoo!映画」の紹介欄にも、30人以上載せてあったので、全部書かなかったのだけど、ちょっとした場面にもよく知った顔が出てくる。

エンドロールで驚いたのだけど、首相役だった大杉漣や、自衛隊の司令官役のピエール瀧なども、その他大勢の一人としてクレジットされていた。

ただ、一番最後に野村萬斎の名前があったけど、どこで出ていたのかは気が付かなかった。

中心となるのは、あくまでも長谷川博己と竹野内豊、石原さとみの3人であるのだが、長谷川博己はともかく、竹野内豊が意外と下手くそで、ちょっとがっかりした、

貫録がないというか、いい声をしているのだけど、何かセリフが棒読みで、彼が演じている内閣総理大臣補佐官・赤坂の「したたかさ」みたいなものが感じられなかった。

それと、石原さとみは、ただ英語がそこそこ話せるというだけでキャスティングされたのだろうか?

将来の大統領候補にはまったく見えない、どころか、政治家タイプではなく、「エラい人のただの秘書だけど、なぜか自分までエラそうにしている女」にしか見えない。

その他、ゴジラに対する政治家や自衛隊の描き方だけど、縦割り行政の中で、いかに主人公たちが奮闘するかが、うまく描けていたと思う。

ただ、最後のゴジラに対する「決死の作戦」だけど、せっかく主人公が「みんな、命を懸けてこの作戦に臨んでほしい」みたいな演説があったにもかかわらず、肝心の最前線の人たちがまったく描かれていないのは残念だった。

どう見たって、最前線のトレーラーはすべてゴジラに破壊されているので、多くの人たちが犠牲になっているはずなのに、そのシーンがないので、その雰囲気が伝わってこない。

しかも、そのシーンは、ゴジラに対して何をどうしているのかよくわからなくて、ただ「○○パーセント完了です」という言葉で表しているだけ。

つまり、ゴジラを退治するという、まさにクライマックスのシーンが、単にセリフで説明されただけのような形になっているので、ちょっと興ざめだ。

せっかく前半はいい展開だったと思うのに、最後が中途半端だった感じ。

ということで、いろいろ不満もあるけど、あまり期待していなかった分、結構楽しめたので、評価は「B」にします。


それにしても・・・

続編でも作りそうな終わり方だったけど、そうなのか?

エヴァンゲリオンみたいに「あと12体」出すつもりだろうか。

まあ、面白そうだけど。

スポンサーサイト

映画評778 ~ ONE PIECE FILM GOLD

今回は「ONE PIECE FILM GOLD」

映画160725

世界的な人気と支持を集めている『ONE PIECE』シリーズの劇場版第13弾。独立国家グラン・テゾーロを訪れたルフィたちが、その支配者ギルド・テゾーロがたくらむ陰謀に立ち向かう。『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』に続いて原作者の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、田中真弓、中井和哉、岡村明美ら、おなじみのメンバーが結集する。めくるめく冒険と戦いの行方に加え、満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也といったゲスト声優の妙演も見どころ


<ストーリー>
海賊王になることを夢見て、新世界を航海するモンキー・D・ルフィをはじめとする麦わらの一味。彼らは、世界最大のエンターテインメントシティである政府公認の独立国家、グラン・テゾーロを訪れる。世界に名をとどろかせる海賊や海兵、大富豪が集まる、その華やかな様子に圧倒されるルフィたち。そんなグラン・テゾーロを支配し、ばく大な金の力で世界政府をも操る黄金帝ギルド・テゾーロは、ある野望を抱いており・・・


いやあ、何だかムチャクチャだった。

「ONE PIECE」って、こんな映画だったっけ?という感じ

だって、戦う相手は超能力者だし。

「タナカさん」なんて、もはや人間じゃないし。

とにかく、どう考えたって勝てる相手ではないのだけど、最後はルフィの超能力をも上回る超人的パワーによって倒す、という予定調和な展開。

このテゾーロという悪役も、金を自由自在に操るというトンデモない能力を持っているのに、最後の戦い方はただの肉弾戦みたいになっていて、「何で?」という感じだった。

そもそも、今回はルフィたちが無謀な勝負に出て、負けただけの話。

それが、さも「ハメられた」みたいな展開になって、人質として捕まった仲間(ゾロだったか?)を救うために、平気で泥棒をする。

だから、途中まではルフィたちに感情移入ができなかった。

「お前らがバカだっただけじゃん」としか思えなかったからだ。

それが一転、テゾーロが悪いヤツだということになって、ルフィの正義感を駆り立てる形となり、大規模なバトルになるわけだけど、最後はお決まりのように「実はテゾーロは、昔・・・」という話になって、「ホントはテゾーロも悪いヤツではなかった」みたいな形で終わり。

展開そのものは「あり」だとしても、前回の「Z」の方が、まだ整合性というか、納得のいく内容だったのに比べて、今回のはなかば強引だ。

だから、最後の最後までぼ~っと見ていた感じ。

だって、感情移入ができないのだから、「どっちが勝ったっていいよ」みたいな気持ちになっていたわけだ。

しかも、テゾーロが敗れた後、島そのものが一つの町になっているグラン・テゾーロを爆破しようとするのだけど、そのタイムリミットはわずか90秒。

こんなに短かったら、町にいる人全員が逃げるなんて、まずムリ。

しかも、これを阻止してやるとばかりに、今回のヒロイン役であるカリーナが、ナミと「行くわ」「ダメよ」みたいなやり取りをするのだけど、この間だけで数十秒がたっている。

どう考えたって、島の大半が爆死する展開だ。

にもかかわらず、次の瞬間には、全員が脱出している。

せめて「爆破まであと15分」くらいにしておけば、ここも違和感がなかったろうに、と思う。

そんなこんなで、とにかく展開が雑。

ここ2回ほどこのシリーズを見て「意外と面白いじゃん」と思っていただけに、何だか興味がなくなってしまった。

次はもうやめようかな。

ということで、評価は「C」にしておきます。


さて、声優陣には、意外にも役者・タレントがたくさん出ていたみたい。

あまり気にはならなかったので、それなりに頑張っていたのだろうけど、唯一の例外がレイズ・マックス。

「どこかで聞いたような声だな」と思えるしわがれ声と、滑舌の悪いしゃべり。

で、エンドロールを見たら・・・

北大路欣也だった!

う~ん、がっかり。

映画評777 ~ インデペンデンス・デイ/リサージェンス

今回は「インデペンデンス・デイ/リサージェンス」

映画160710

地球に攻めてきた侵略者と人類の激突を描いたSF大作『インデペンデンス・デイ』の続編。前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した人類が再び侵略者と対峙する。『ホワイトハウス・ダウン』などのローランド・エメリッヒ監督、『ロスト・ハイウェイ』などのビル・プルマン、『ディープ・カバー』などのジェフ・ゴールドブラムと第1作のメンバーが再結集。新たに『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのリアム・ヘムズワースらが加わる。壮大な物語と圧倒的な映像技術に息をのむ。

主演は、リアム・ヘムズワース
共演は、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、トラヴィス・トープ
その他、ウィリアム・フィクトナー、シャルロット・ゲンズブール、ジャド・ハーシュ、ジェシー・アッシャー、ブレント・スピナー、など


<ストーリー>
エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう



いやはや、相変わらずのスケールである。

前作から20年経ったのだそうな。

だから、舞台も20年後の世界だ。

でも、前作は「現代」が舞台だったので、襲ってきたエイリアンに対して、現状の武器で戦っていた。

だから、相当苦労したはずだし、結果的に一か八かの突撃作戦で、アメリカを襲ってきた宇宙船はやっつけたけど、それ以外の国を襲った宇宙船については「以下、省略」という形だったので、「いや、あんなんじゃ、勝てないだろう」と思った記憶がある。

しかし、今回の舞台は2016年と「現代」なのに、描かれている世界は「近未来」である。

だから、扱っている武器・乗り物などは格段に性能がよくなっている。

と言うか、逆に違和感バリバリだ。

いや、何で「近未来」にしたの?

だったら、時代も「2○○○年」とか微妙にボカしておけばよかったのに。

でも、今回はそういう問題ではなく、もっと根本的に「それはあかんだろ」という内容だったと思う。

それは何かと言うと・・・

襲ってきたエイリアンがあんなのでいいのか?

どこの誰だかわからない連中だったからこそ、恐怖も倍増したのだろうけど、今回は敵の正体が明らかになる。

まあ、姿・形があの「エイリアン」みたいになるのは仕方がない(?)にしても、どうして「女王」とかいう存在を作りたがるの?

「女王」をやっつたけたら、後の連中は攻撃をやめたり勝手に引き下がったりするなんて、どうしてそんな安易な設定にしちゃったんだろう。

力の差は歴然だったのだから、女王一人(一匹)いなくなったところで、エイリアン達が負けるとは、とても思えないのに。

しかも、この女王はわざわざ外に出てきちゃう。

何であんなアホみたいにデカい宇宙船を作ったりなんかしたの?(直径4500kmって、デカすぎるだろう)という疑問は置いていて、あんなバカでかい宇宙船なんだから、少々攻められたってたいしたことないだろうに。

それを、わざわざ「罠」なんか仕掛けて、地球人(しかも、そのごくごく一部)を誘い込んで一気に殲滅、みたいなことをしなくたって、普通に攻め続けていれば、簡単に攻め落とせただろうに。

つまり、エイリアンのやりたいことがまったく理解できない。

何が「コアを狙っている」だよ。

コアを破壊すれば、地球の自然・生態系が破壊される、とか何とか説明していたけど、そんな回りくどいことなんかしなくても、力技でやれば済む話。

それでは、さすがに話の筋が通らないと思ったのか、「ヤツらにとって必要」な白い球なんてものを作り出していたけど、所詮はあのエイリアン達に勝てなかった種族のただ一人の生き残り。

こんなのが地球人の手に渡ろうがどうなろうが、現時点での科学の差を見たら、どうでもいい話。

その白い球を狙うために、エイリアンの女王がわき目も振らずに宇宙船から出てきたあげく、しかも「後ろにある触手が弱点」とか言われてるのに、ほとんと無防備でいるものだから、地球軍の集中攻撃に遭ってしまう。

まあ、集中攻撃といっても、出てくるのはほんの数人の勇敢な兵士だけで、大半の軍隊は何もしていないか、もしくはすでにやられている。

ちょっと冷静に考えたら、「今、エイリアンは何をしようとしているの?もしかして、バカなの?」と思ってしまうので、まったく感情移入ができない、というより、映画自体に入っていけない。

しかも、登場人物も、前回登場して活躍した面々が中心で、あの感動的な演説をした元大統領とその娘とか、20年前に大活躍した英雄(ウィル・スミス)の息子とか、死んだはずの博士とか、ごくごく一部に集約されていて、とても「世界が一つになった」という印象はない。

元ハエ男の父親なんて、どうでもいいだろうに。

さらに言うと、その「世界が一つになった」象徴として、総司令官(?)がシナ人って、どういうことだよ。

「オデッセイ」でもそうだったけど、どうしてあの国に気を遣うのか理解できない。

どちらかと言うと、エイリアンと共謀する「悪の権化」みたいな存在なのに、トップだけでなく、その姪っ子も大活躍するなんて、見ていて気持ちいいものではない。

まあ、あれだけ綺麗でアクションのできる女優さんって、今の日本人にはいないだろうから、それはしょうがないとしても、「世界の代表がシナ」という構図だけは見たくない。

あと、細かいことだけど、主人公(リアム・ヘムズワース)とウィル・スミスの息子が、どうして仲が悪くて、そして何で簡単に仲直りしたのかよくわからない。

と言うか、前作から引っ張っているエピソードならともかく、今回いきなり出てきた話だし、話の展開にたいして影響しないのだから、「そんなことどうでもいいじゃん」と思う以外に何もない。

それ以外にも、やたらと恋愛シーンが多くて辟易してしまう。

そんな悠長なことをしている状況じゃないだろうに。

とにかく、全体的に呑気で緊張感がほとんどない。

結局、一番いいところを持っていったのは元大統領、というだけの内容。

これで、また続編を作るつもりだろうか。

こんな展開にするのだったら、もうやめてほしい。


ということで、評価としては「D」にしたいところだけど、まあギリギリ「C」にしておきます。

映画評776 ~ アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

今回は「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

映画160709

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取る。ミア・ワシコウスカやジョニー・デップなど前作のキャストが続投し、時間を司るタイムを、『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが演じる。アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に期待。

主演は、ジョニー・デップ
共演は、アン・ハサウェイ、ミア・ワシコウスカ、リス・エヴァンス、ヘレナ・ボナム・カーター
その他、サシャ・バロン・コーエン、アラン・リックマン、スティーブン・フライ、マイケル・シーン、ティモシー・スポール、マット・ルーカス、リンゼイ・ダンカンなど


<ストーリー>
ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが・・・


ファンタジーである。

色鮮やかで、きれいな画だった。

でも、何だかパッとしない、というか、盛り上がりに欠ける内容だった。

しかも、前作とはあまり関係がない、というのか、もはや原作とはまったく関係のない話になっている。

だいたい、アリスは何をしにワンダーランドに戻ったのか、というと、マッドハッターを助けるため。

それはいいとしても、そのために過去を変えてしまおうという、はっきり言ってムチャクチャなことをする。

だいたい、「時」を司るタイムは、人間とたいして変わりなく、よりによって「赤の女王」に惚れている。

このあたりで、すでにムチャクチャな展開だけど、結局今回の冒険で何がわかったのか、と言うと、「赤の女王」の過去と「白の女王」の関係、さらにはマッドハッターの過去。

マッドハッターの方は、まだいいとしても、「赤の女王」の過去を明らかにしたせいで、もう二度と「白の女王」と争うことができなくなった。

つまり、続編を作ることができなくなったわけだ。

こんな展開でいいのか?

結局、タイムも悪いヤツではなかったし、「赤の女王」も「白の女王」に「ゴメンなさい」と言われただけで、許してしまう。

あそこまで憎み、復讐をしようとしていたにもかかわらず、そんな簡単な話ではないと思うのだけど。

などなど、そもそも何がどういう理由で展開されているのかよくわからない内容だったせいで、途中ちょっと眠たくなってしまったほど。

ただヘレナ・ボナム・カーターのキャラが目立っていただけだった。

ということで、評価は「C」にします。


たぶん、もう続編はできないと思うけど・・・
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
214位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR