FC2ブログ

映画評889 ~ 「デス・ウィッシュ」

今回は「デス・ウィッシュ」を見てきました。

映画181020jpg

チャールズ・ブロンソンが主演を務めた『狼よさらば』をリメイクしたアクション。何者かに家族を傷つけられた外科医が復讐に乗り出す。メガホンを取るのは『ノック・ノック』などのイーライ・ロス。『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリス、ドラマシリーズ「LAW & ORDER クリミナル・インテント」などのヴィンセント・ドノフリオらが顔をそろえる。ブルースが外科医と処刑人の顔を持つ男に扮した。

主演は、ブルース・ウィリス
共演は、ヴィンセント・ドノフリオ、エラザベス・シュー、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス
その他、カミラ・モローネ、ボー・ナップ、レン・キャリオー、ジャック・ケシー、ロニー・ジーン・ブレヴィンズ、イアン・マシューズ、ウェンディ・クルーソンなど


<ストーリー>
犯罪が多発しているシカゴ。外科医のポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、犯罪に巻き込まれて次々と運ばれてくる患者を診る殺伐とした毎日を送っていた。ある日、彼が家を留守にしていた時に何者かに妻を殺され、娘は昏睡状態になってしまう。警察の捜査がなかなか進まないことに怒りを爆発させた彼は、犯人を捜し出して抹殺することを決意する。


1974年公開の「狼よさらば」のリメイクである。

チャールズ・ブロンソン主演の映画だけど、何となく覚えている。

調べてみたら、「狼よさらば」の原題も「デス・ウィッシュ」だった。

当時のブロンソンは53歳だったそうだが、今回のブルース・ウィリスはすでに60歳を超えている。

内容は少し違っているが、銃を持ったことのない男が、妻を殺され、娘を昏睡状態にされたことから、その復讐をする、という話のプロットはほぼ同じだ。

ただ「ダイ・ハード」な男であるブルース・ウィリスは、とてもじゃないが、銃を初めて持つ男には見えない。

悪人を前に、いきなり銃を撃ったり、一人ひとり追い詰めて犯人を探し出したりするところなどは、「ダイ・ハード」などとあまり変わらない。

特に、最後のバトルシーンで、隠し持っていたショットガンをぶっ放すところなどは、完全にマクレーン刑事だ。

そんなわけで、弱々しさがまったく見えない主人公のおかけで、いつものブルース・ウィリスのアクション映画でした。

旧作では、公園で暴漢に襲われそうになり、やむを得ず銃を使った、という設定になっているのだけど、今回は最初から積極的に撃って出ている。

だいたい、敵の本拠地(?)である夜のクラブに単身で乗り込むなんて、銃を持ったことのなかった人間のすることではない。

あまりにも積極的すぎて、かえって違和感がある。

元々のお話通りのものにするのだったら、主人公はブルース・ウィリスではなくて、もうちょっとひ弱そうな俳優にした方が良かったのではなかろうか。

とは言え、アクション映画ですし、そこそこ楽しむことができたので、評価は「B」にしておきます。


それにしても・・・

チャールズ・ブロンソンの名前なんて、久しぶりに出てきた。

1970年代、彼は渋い役者の代表格だった。

そして、日本の代表格・三船敏郎とヨーロッパ代表で「ハンサム」の代表格だったアラン・ドロンと共演したのが「レッド・サン」

3大スター共演ということで、結構話題になったが、侍とガンマンが一緒に出てくる西部劇で、思ったよりたいしたことのない映画だったことを覚えている。

今回の「デス・ウィッシュ(狼よさらば)」だけど、実は続編があって、「ロサンゼルス」「スーパーマグナム」などと名前を変えて登場している。

もしかして、こちらも続編があるの?

スポンサーサイト



映画評888 ~ ルイスと不思議な時計

今日は「ルイスと不思議な時計」を見てきました。

映画181014jpg


ジョン・ベレアーズの児童文学を原作にしたファンタジー。少年と2人の魔法使いが、世界を救うために時計の謎に挑む。監督は『グリーン・インフェルノ』などのイーライ・ロス。『グースバンプス モンスターと秘密の書』などのジャック・ブラック、『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェット、ドラマ「デスパレートな妻たち」シリーズなどのカイル・マクラクランらがそろう。

主演は、ジャック・ブラック
共演は、ケイト・ブランシェット、オーウェン・バカーロ、レネー・エリス・ゴールズベリー
その他、サニー・スリッチ、コリーン・キャンプ、ロレンチャ・イッツォ、カイル・マクラクランなど


<ストーリー>
両親を亡くし、叔父のジョナサン(ジャック・ブラック)の世話になることになった少年ルイス(オーウェン・ヴァカーロ)は、ジョナサンが魔法使い、隣家に暮らす美女ツィマーマン(ケイト・ブランシェット)が魔女だと知る。ある日、ジョナサンの屋敷に世界を破滅させる力を持った時計が隠されていることがわかる。


残念ながら吹替え版しかなかった。

ジョナサンの声優さん(佐藤二朗)には、あまり違和感がなかったが、主人公であるルイスの声(コナンの高山みなみ)は、どこから聞いてもコナンにしか聞こえなかった。

しかも、この主人公に感情移入ができない。

両親が亡くなったというのに、その境遇があまり描かれていない(感じられない)し、学校でイジめられるのだけど、どう見てもみんなに好かれる性格ではなさそうだ。

頭がいいのかわからないけど、分厚い魔術の書をいとも簡単に覚えてしまうので、かわいいという感情さえ起こらない。

演じている子供は結構かわいい子なのに、演じている役柄のせいで、何だかもったいない気がする。

また、ジョナサンからある扉について「ゼッタイに開けてはならない」と言われていたにもかかわらず、友達を失いたくないがために、その扉を開けてしまう(実際に開けるのは、その友達だけど)が、これはルイスがどうのこうの言う以前に、あんなに簡単に開いてしまう扉の方がおかしいだろう。

だいたい、扉のところに鍵も一緒に置いておくなんて、間抜け以外の何ものでもない。

「押すなよ、ゼッタイに押すなよ」と言うアレと同じで、開けちゃうんだろうな、とは思ったけど、あそこまで間抜けだと、ツッコむ気にもならない。

この展開を始めとして、とにかく「これは何なんだ?」と思えるような展開ばかりなので、見ていて面白くないし、ベタな展開だから、ある程度読めるにもかかわらず、その予想を下回る進行って、どうなの?という感じだった。

ジョナサンとツィマーマンンとの会話やゲロを吐くカボチャなど、結構グロくて、汚い言葉が飛び交うのには、時々笑ってしまったけど、全体の展開にたいした影響がないので、単発で終わってしまう。

そもそも「魔術師」と「魔法使い」を意図的に混同しているのか、実際にはエラい違いだろうに、それを同じかのように描いているので、これも奇異に感じました。

最後の「時間を逆回しする」という流れも、なぜかジョナサンは、顔だけ大人のまま、体だけ赤ん坊になるという、わけのわからないギャグ(?)をやるのだけど、もはやさっぱり笑えない。

とにかく、せっかくジャック・ブラックやケイト・ブランシェットが出ているのに、「もったいない」としか思わなかった。

ファンタジーという好きなジャンルで、少々のことをやっても楽しめるはずなのに、残念でした。

ということで、評価は「C」にします。


でも、どうして吹替え版しかないのでしょうね。

映画評887 ~ 散り椿

今日は「散り椿」を見てきました。

映画181013

『永遠の0』などの岡田准一が主演を務め、カメラマンのみならず『劔岳 点の記』で監督もこなした木村大作と組んだ時代劇。葉室麟の小説を基に、誰にも恥じない生き方を貫こうとする実直な武士たちの姿を描く。『明日への遺言』などで監督としても活躍する小泉堯史が脚本を担当。『CUT』などの西島秀俊をはじめ、黒木華、池松壮亮、奥田瑛二らが共演している

主演は、岡田准一
共演は、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子
その他、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二など


<ストーリー>
享保15年、藩の不正を告発した瓜生新兵衛(岡田准一)は、追放の憂き目に遭う。藩を追われた後、最愛の妻・篠(麻生久美子)は病魔に侵され、死を前に最後の願いを夫に託す。それは、かつては新兵衛の友人で良きライバルでもあり、篠を奪い合った恋敵でもあった榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。


公開されて少し経つのだけど、見ようかどうか迷っていた。

迷った理由は、予告編でもやっていた岡田准一と西島秀俊との殺陣のシーンで、岡田准一はともかく、西島秀俊の殺陣がどうにもぎこちなくて、どうなることかと思っていたからだ。

そして、実際は・・・

思った以上に下手でした。

動きが鈍いのもあるけど、殺陣そのものに迫力がない、と言うか、「あんなやり取りがあるか!」と言えるほどヒドいものだった。

刀を抜いてひょいっと左の方に差し出したら、一人血しぶきをあげて倒れるし、上段に構えた敵が向かってくるところに、これまたひょいっと刀を前に出すと、これまた敵が血しぶきをあげる。

こんなしょうもない殺陣を見たのも、たぶん初めてだ。

内容としても、何だか展開にメリハリがない。

主人公の新兵衛が、何を思い、何をしようとしているのかよくわからないし、出てくる登場人物もなんだかしょぼい。

これは、ストーリーそのものよりも、役者の存在感がなさすぎるせいだと思う。

西島秀俊は、言うに及ばず。

主人公と采女(西島)を含めた「四天王」のうち、自決した最初の一人は、どこの誰だかよくわからないし、緒方直人も、もういい年だろうに、存在感がほとんどなく、とてもじゃないけど親父さん(緒方拳)には遠く及ばない。

西島の死に方もダサい。

矢で不意打ちをされて死ぬのだけど、あんなの敵の気配も感じていないし、せめて急所をはずすように避けろよ、という感じだった。

準主役的に立ち位置だった池松壮亮は、「デスノート」で結構存在感のある演技をしていたのに、最初見た時には「こいつ、どこの小僧だ?」と思ったほどガキっぽかった。

しかも、セリフは棒読みだし。

悪い家老役の奥田瑛二も、もともとあまりウマいと思ったことはないけど、思った以上に存在感がない。

柳楽優弥も、時代劇向きじゃないと思う。

結局、イメージ通りだったのは、岡田准一以外では石橋蓮司くらいか。

いつもの子悪党的な存在感は健在でした。

というように、見ていて迫力はないし、展開も平凡なので、ハラハラ・ドキドキ感がほとんどない残念な映画でした。

ということで、評価は「C」にします。

映画評886 ~ モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ

今日は「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」を見ました。

映画181006-2


ゲーム「モンスターストライク」を基にしたオリジナルストーリーが展開する3DCGアニメーション。二つに分断された東京を舞台に、通信、物理的な干渉が断たれた旧東京が、新東京に墜落することを知った人々の物語が描かれる。アニメーションを、『ご注文はうさぎですか??』シリーズなどのオレンジが担当。監督は『とある魔術の禁書目録』シリーズなどの錦織博が務める。主人公の声を窪田正孝、彼と一緒に戦う少女の声を広瀬アリスが担当する。


<ストーリー>
13年前、東京は空中に浮き上がった「旧東京」と地上の「新東京」に分裂した。新東京で祖母と生活しているカナタはある日、モンスターに襲われたところを謎の少女ソラに救われる。やがてカナタは自分の素性を知り、不思議な能力が目覚めて、ソラたちと地上を救う戦いに身を投じる。


原作(というかゲーム)は知らないけど、何となく画が気に入ったので、見ることにした。

その原作を知っている人からすると、かなり評判は悪いらしい。

何せ、登場人物が限定されていて、その他のキャラがまったく描かれていないからだ、という。

実際、エンドロールで流れてくる登場人物に、ルシファーだの坂本龍馬だの知名度のある名前が脈略なく出てきたので「はあ?こいつら、いつ出てきたの?」と思っていたのだけど、どうやらモンストでは有名なキャラが、どちらかと言うと雑魚扱いされていたのが気に入らないようだ。

しかも、今回の主人公であるカナタは、イメージで言うと、エヴァンゲリオンの碇シンジみたいなヤツで、最初はウジウジしているのに、急に勇気がわいてきて、最後は敵に対して敢然と向かっていく、みたいな感じ。

さて、内容である。

映画が始まると、東京がすでに分裂しているので、その前後の事情はよくわからない。

しかも、旧東京では、いくなりバトルが始まるのだけど、見ているこちらとしては、何が何だかよくわからない。

そして、新東京では、主人公であるカナタが、ただの高校生であるかと思いきや、実はある能力を持った人間(とモンスターの合いの子?)ということがわかり、そして旧東京に乗り込む。

ここから先は、いちいち説明してもあまり意味がないので(というか、よくわかっていないため?)省略するけど、とにかく人間とモンスターと「穢れ」とかいうバケモノとの争い、みたいな感じ。

主人公の成長、というか、自分の能力に目覚めてから、地上を救う戦いに挑むまでの流れが早くて、あれよあれよという間に、物語は終盤へと進む。

そして、最終的には・・・

・・・なんだけど、誰が悪いヤツで、誰がいいヤツなのか、今いちよくわからなかった。

しかも、主人公カナタが、ソラを命がけで(?)守ろうとする理由があまり理解できない。

だって、さっき(昨日?)会ったばかりなのに・・・

ただ、全体的に画が綺麗というか、見やすかったこともあり、割と楽しむことができた。

この続編があったらどうしよう、という気持ちはあるけど、なかなか面白そうなストーリーでした。

ということで、わけがわからないまま、評価は「B」にしておきます。

映画評885 ~ イコライザー2

今日は「イコライザー2」を見てきました。

映画181006-1

『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督が組んだクライムアクション『イコライザー』の続編。元CIAの工作員が、親友の死の真相を追う。前作に続きフークア監督がメガホンを取り、メリッサ・レオとビル・プルマン、ドラマシリーズ「ナルコス」などのペドロ・パスカルらが共演。

主演は、デンゼル・ワシントン
共演は、ペドロ・パスカル、アシュトン・サンダーズ、ビル・ブルマン
その他、メリッサ・レオ、サキナ・ジャフリー、ジョナサン・スカーフ、アダム・カースト、オーソン・ビーンなど


<ストーリー>
表向きはタクシー運転手として働くマッコール(デンゼル・ワシントン)は、CIA時代の上官で親友のスーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害されことを知る。独自に捜査を進める彼は、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づき危険にさらされる。その手口からCIAの関与が浮かび上がり、敵はマッコールと同じ特殊訓練を受けていることが判明する。


デンゼル・ワシントンが元CIA工作員として悪者をボコボコにするアクション映画の続編である。

だけど、前作ではホームセンターで働いていたのに、今回はタクシーの運転手だ。

ホームセンターで働いていたことなど、すっかり忘れていたけど、前作では「A」評価にしていたので、もちろん期待していた。

ただ、序盤から何だか展開がよくわからない。

いろんなエピソードみたいなものが出てきて、それらが最後にはたぶん一つにまとまるんだろうな、と思いつつも、いったいどういう関係にあるのか読めなかったからだ。

しかし、随所で暗殺(悪を懲らしめる行為)は続いている。

それだけに、途中でターゲットがわかった時には、ちょっと「はあ?」という感じだった。

しかも、今回の相手は意外と弱い。

主人公と同じ特殊訓練を受けてきた、という前提にはなっていたけど、最終的にはいとも簡単にやられてしまうので、最後のアクションシーンも、あまりワクワクドキドキ感がない。

主人公が窮地に陥ることがほとんどないので、前回は「ゴルゴ13みたいだ」と書いていたが、どちらかと言うとスティーブン・セガールの映画に近い。

主人公は、相手が誰であろうと一切関係なく、常に冷静だし、ビビることがない。

そして、いとも簡単にやっつける。

圧倒的に強いのはいいのだけど、展開にメリハリがないので、見ていてちょっと飽きてしまう。

さらに、今回は前回のクロエ・グレース・モレッツのような魅力的な脇役がいないので、画的にもちょっと残念だった。

元同僚の女性は、見た目がキャリアウーマンらしくないので、そのへんのおばさんにしか見えない。

美術学校に通っているバカ・ガキは、お頭がちょっと弱いので、感情移入がまったくできない。

特に、主人公宅で壁の塗り直しをしていた時に、暗殺者たちに押し入れられたシーンでは、どう考えたって「いることがバレてはいけないので、ゼッタイに声を出してはいけないし、声が出ない」はずなのに、なぜか携帯で主人公に対して何だかんだとしゃべりまくっている。

そして、暗殺者たちが去った(フリをしていただけだけど・・・)後には、普通ならもう少し様子を見るだろうに、彼らが出ていったすぐ後に隠れ部屋から出てきて、しかも玄関のドアまで開けて外に出てしまい、あっさりと拉致されてしまう。

見ていて「お前、バカなのか?」としか思わなかった。

そんなことより、どうして人の家に勝手に入っていけるの?

主人公が、そこまで不用心だったはずがないので、何だか違和感のある展開だった。

そんなこんなで、感情移入はできないわ、展開に違和感はあるわで、あまり楽しむことができませんでした。

ということで、評価は「C」にします。

期待していただけに残念でした。


ところで・・・・

今回この映画は、MX4Dでしか上映していなかった。

場面に応じて椅子が大きく揺れたり、風が吹いたり、臭いがしたりするアレだ。

しかし、この映画はアクション映画である。

あまり、椅子を揺らす場面などないはずだ。

と思っていたら、車が発信するたびにガクンきたり、銃撃があると左右に大きく揺れたり、
見ているこちらとしては「ええい、うるさいわ!!!」としか思えなかった。

こんなので1000円余計に取る理由なんか、どこにもないだろうに。

ホント、何でこの映画をMX4Dにしたのか、さっぱりわからない。
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
219位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR