映画評111 ~ 大統領のカウントダウン (06.4.16)

今回は「大統領のカウントダウン」

eiga060416.jpg


主演は、アレクセイ・マカロフ
共演は、ルイーズ・ロンバード、ジョン・エイモス、ヴァチェスラフ・ラズベガーエフ、ヴィクトル・ヴェルズビツキー、ラミール・サビトフなど

<ストーリー>
チェチェンの捕虜、スモーリン少佐は女性ジャーナリストの手を借りて逃亡する。同じ頃、イスラム過激派と手を組んだチェチェン独立軍による大規模なテロ計画が進んでいた。


ホントは、「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を観にいくつもりが、映画館前のポスターを見ただけで、どうやらアクションものらしかったので、内容も何もわからずに観ることとした。
そうしたら、何とロシア映画だった。

最初は、誰が何をしたいのかよくわからず、聞いたことのない言葉ばかりなので、ちょっと不安だったが、少しずつ内容がわかってくると、意外やこれがなかなか面白かった。

ストーリーは、チェチェンを舞台として、これにアラブのテロリストが絡んで、サーカス会場を人質にしたテロを計画するが、ロシアの特殊部隊の隊長であるスモーリン少佐が、いろいろと困難に遭いながらも、これを壊滅するというもの。

出演者は、主演の俳優を含めて結局誰も知らず、唯一NATO軍の司令官役で、「ダイ・ハード」などにも出ていた黒人俳優を知っていたくらい。

前半は、チェチェンとアラブがなにやら陰謀を企てていることが何となくわかるが、「正義の味方」が誰なのか途中まではわからなかった。

スモーリン少佐に、テレビ局の女性リポーターやチェチェン人の男が援護する形で話は進むが、ハデなアクションはあまりないものの、テンポもよく、最後の飛行機を着陸させる場面も、なかなか迫力があった。

結局アラブが悪者に仕立てられているような感じもあったが、ストーリーとしてはよくできていると思った。

ということで、意外な拾い物だったという意味で、評価は「B」とした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
283位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR