映画評241 ~ ハンコック (08.8.23)

今回は「ハンコック」

eiga080823.jpg


嫌われ者のスーパーヒーローの活躍(?)を描いたアクション映画だ。

主演は、ウィル・スミス
共演は、シャーリズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、エディ・マーサン
その他、ジェイ・ヘッド、トーマス・レノン、ジョニー・ガレッキ、ダエグ・フェアークなど

<ストーリー>
強大な力を持つヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)だが、酒好きでキレやすく市民には歓迎されていない。ある日、事故を防ぐために電車をエルボーで止めたハンコック。このときに助けられたPRマンのレイ(ジェイソン・ベイツマン)は、嫌われ者のハンコックに真のヒーローになってもらうべくさまざまな戦略を練るが・・・


ストーリーの中に、主役級の女優シャーリズ・セロンが出てこないのには、実はわけがある。

この後、大変重要な役柄を演じるわけだが、それについては、まだ見ていない人のことを考えると、さすがに私でも書けない。
とにかく、予告編などでもまったく触れていなかった展開となっていくわけだ。

全体的に見れば、設定は荒唐無稽だ。
まず、「どうして空を飛べるのか」とか「なぜあんなパワーが」という疑問には一切答えてくれない。
しかも、どうやら何千年も生きているらしい。
宇宙人という設定でもないので、ここらあたりは支離滅裂、というかまったく辻褄が合っていない。
とは言え、適度に笑わせてくれたし、後半以降の展開は、はっきり言って予想外だった。

ただ、もともとウィル・スミスはあまり好きではない。
顔が小さい割に、耳が大きくて、少なくともヒーローの顔をしていないと思うからだ。
だから、あまり感情移入ができなかった。

シャーリズ・セロンは、いい女優さんだと思う。
最初は、「何だ、今回は脇役か」と思っていたのだが、やはりそれなりの存在感は見せてくれたと思う。

ということで、どうしようか迷ったけれど、評価はちょっと辛めに「C」とした。

でも、結構面白いと思う人もいるかも?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR