映画評341 ~ ノウイング (09.7.11)

今回は「ノウイング」

eiga090711.jpg

主演は、ニコラス・ケイジ
共演は、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーンなど

<ストーリー>
大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから出てきたものだった。やがて数字に予告された日付に大事故が起きる。さらに数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていた。


う~ん、これは難しい。

評価じゃなくて、ネタばれなしで感想を書くことなんかできないから、どうしようということで。
だって、神様(?)が出てくるんだぞ。
あれは、どう見ても宇宙人じゃないだろう。
心に語りかけてくるわけだし。

でも、やっぱり書きます。

最初は、SFサスペンスかと思った。
人類滅亡が目前に迫ってきたのを知った大学教授が、最終的にこれを阻止する、というのが、物語のプロットだと思っていた。
だって、主人公ジョンは天文学の専門家だし。

ただ、50年前のタイムカプセルから出てきた数字の羅列を見て、いきなり「大惨事があった年号と死んだ人の数」を思いつく時点で、ちょっといや~な感じがした。
あれだけの数字が、罫線で区切っているわけでもなく、ただずらっと書かれているだけなのに、いったいどうやったら、こんなこと思いつくかね。

だけど、「そう思った」のだからしょうがない。
事実、彼のまわりでは、予言通りの事故が起きるし・・・

ところが、途中で変なヤツら(神?)が出てきて、何だかわけがわからなくなってくる。
こいつらは、いったい何者だ?
もしかして、宇宙人か?

そう思っていたのだが、何と神だった!
そして、人類の再出発のために選ばれた人だけを、別の世界に連れていく、というのが、こいつらの使命らしい。
それで選ばれたのが、ジョンの息子ケレイブと、50年前にこのことを予言していた頭のおかしな女性の孫娘。

もちろん、選ばれた理由なんか教えてくれないし、この子たちを連れていった神の乗り物(宇宙船?)は、そんなに多くなかったので、選ばれた人たちは、トータルでもせいぜい数十~百人程度。
これで、人類は再出発するの?
と思っていたら、最後には、何と地球がホントに滅亡してしまう。

この映像はすごかったけど、ただ茫然と見ていただけ。
その前には、ジョンとケレイブの悲しい別れも描かれていたけど、涙の一つも出やしない。
だって、目の前で行われていることが、さっぱりわからないもの。
これほど茫然と見ていた映画も珍しい。

細かいところで言えば、他にもいくつか。

ジョンが、飛行機事故の後、次の惨事が起こると予言された場所に行った時、地下鉄のホームで怪しい素振りの男を見つけると「あいつだ!」と叫んで、その男を追いかける。
結果的に、その男はただのこそ泥だったのだが、原因不明の惨事が起こるという予言のはずなのに、どうしてジョンはその男が関係あると思ったわけ?

神様(宇宙人?)は、ケレイブに黒い石を渡すのだが、あれはいったい何だったの?
選ばれた人の印という意味だとすれば、わざわざそんなことをしなくても、耳や心に語りかけることができるわけだから、結果的に無意味。
他の場所にも、結構落ちていたりしていたから、結局思わせぶりなだけで、何の意味もなかったことになる。

それと、神様(?)に取りつかれたケレイブが、自室で一心不乱に数字を書き始めた時、ジョンは何の関心も示さなかった。
50年前の数字には、異常なほど関心を持っていたのに、息子が書いた数字を、どうして解読しようとは思わないの?
何か重要なことが予言されているかも知れない、というのに。

だいたい、すでに人類滅亡が予言されているというのに、これ以上この男の子に何を予言させようとしていたんだろう。
人類再出発以降の予言?
だとしても、すでに年号なんてものに何の意味もないだろうに。

結局、「これはいったい・・・」と思わせるためだけの演出が随所に出てくるので、見ている方としては、わけがわからなくなるだけ。
しかも、それらはすべて放置されたまま終わる。


最後に、主役のニコラス・ケイジについて。

こいつは、ブサイクな上に、バカっぽい声をしているので、とてもじゃないけどMIT(マサチューセッツ工科大学)の教授なんかには見えない。
どうして、こんなヤツをキャスティングするんだろう。

ということで、久々に散々な映画を見ることができて嬉しかったです!?
評価は「D」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
297位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR