映画評348 ~ G.I.ジョー (09.8.8)

今回は「G.I.ジョー」

eiga090808.jpg

主演は、チャニング・テイタム
共演は、シエナ・ミラー、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド、レイチェル・ニコルズ
その他、イ・ビョンホン、レイ・パーク、ブレンダン・フレイザーなど


<ストーリー>
1990年代、世界征服をたくらむ悪の組織“コブラ”が各地で活動を活発化させていた。そして、最強のウィルス兵器「ナノマイト」を使い、パリのエッフェル塔を破壊してしまう。元々はNATOによりガン細胞破壊のため作られたが、実際はあらゆるものを破壊する威力を持っていたため、悪の武器商人デストロの手により脅威の兵器としてコブラの手に渡ってしまったのだ。コブラの脅威が各地を襲う中、アメリカ政府が送り込んだ最後の切り札。それは世界中から集められた史上最強の国際機密部隊G.I.ジョー。そして、コブラとの壮絶なバトルが始まる!


いやあ、面白かった。

何がって、やたらとハイ・テンポで、息もつかせぬ展開だったし。
しかも、敵・味方ともに、ものすごいハイテクを駆使した武器を持っていながら、双方とも、まったく防御には力を入れていないところがすごい!

まるで、広島対横浜の試合を見ているようだった。

まず、G.I.ジョー側は、砂漠の下に基地を作っていたのだが、いとも簡単に敵に見つかってしまう。
しかも、直前に「震動」は感知していたのに、敵の「侵入」には、まったく気が付いていない。

だから、簡単に「ナノマイト」を盗まれてしまうのだが、ナノマイトのある場所まで、誰にも気が付かれずにまっすぐ来た、というところが、すごい。
だって、「コブラ」は、こっそりと侵入してきたわけではない。
堂々と、基地をぶっ壊して入ってきたのに、G.I.ジョー側が気が付いたのは、「ナノマイト」が盗まれてから。
将軍がやられても、まだ気が付かないって、ある意味ものすごい守りだろう。

一方の「コブラ」の方も、守りはムチャクチャ。
こちらは、北極を基地にしていたのだが、あれだけの基地にもかかわらず、守備兵は、入口に二人だけ。
しかも、この二人がやられても、まだ警報は鳴らないし、もちろん、誰も気が付いていない。
こちらも、司令室というか基地の中枢まで簡単に入ってこられた上に、入口が爆破されると、外から水(氷水)が入ってくるという、まったくもってセキュリティがなっていない構造。

しかし、双方ともに攻撃はすごかった。
だって、お互いに乱れ撃ちだし、あれだけ撃ち合っていたら、敵か味方かも関係なく撃ち落としているだろうに。

ストーリーの方もすごかった。

敵の中枢にいるヤツらは、いずれも過去をひきずっているヤツばかり。
それが、途中や最後の方に明かされるわけで、みんな「お前らが裏切ったからだ」と言っているけど、見ていて「それは、ちょっと違うだろう」という理由ばかり。

しかも、主人公の元婚約者で、今では悪の中心人物であるアナは、途中から「あっ、ゼッタイこいつは寝返るぞ」というオーラがバリバリ。

最初は、主人公のことをボコボコに殴っていたのに、後半の方では、主人公を見る目が、明らかに「あなた、大丈夫?」だったもの。
さすがは、ハリウッド映画らしく、「愛があれば、どんな科学兵器にも打ち勝つ」という信念がうかがえる。
もう一つ、余計にラブ・ストーリーも入っていたし。

さらに、とどめは、これでまだ終わっていないこと。
悪の二人は、まだ死んではいないし、何よりも、大統領が・・・・・

ということで、最初から最後まで息の抜けない展開ではあったけれど、何だかわけのわからないお話だったので、評価としては「C」としておきます。


キャストで言えば・・・

デニス・クエイドは、こんな映画に出ていていいのか?
それに、ブレンダン・フレイザーは、キャストとして載ってはいるけど、ホントのチョイ役だった。
イ・ビョンホンは、白忍者だったから、当然のことながら日本人役。
どうして、こいつが選ばれたのか、と思っていたが、たぶん今の日本人俳優には、アクションをこなせる人が、あまりいなかったのだろう。
割と重要な役どころだったけど、特に違和感はなかった。

もう一つ、最近のハリウッド映画で気になるのは、主人公が危ない目に遭ったり、拉致されたりしたら、他の者(味方)がいくら殺されようとも、その主人公が助かった瞬間に、残っていた全員が「やった~!」と大喜びすること。
これって、ムチャクチャ違和感がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
244位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR