映画評363 ~ エリザベス/ゴールデン・エイジ (09.9.27)

今回は「エリザベス/ゴールデン・エイジ」(DVD)

eiga090927.jpg

主演は、ケイト・ブランシェット
共演は、クライブ・オーウェン、ジェフリー・ラッシユ、アビー・コーニッシュ
その他、リス・エヴァンス、サマンサ・モートン、ジョルディ・モナなど

<ストーリー>
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。


本作は、2007年公開の作品。
当時は、あまり見たいとも思わなかったのだが、「ブーリン家の姉妹」を見て、エリザベス1世の時代にも、ちょっと興味がわいてきたので、改めて見てみたもの。

結果としては、まずまず。

もっと激しい気性の女王を期待していたのだが、まったく逆で、恋もすれば、精神的にやや不安定な面もある、弱い女性のように見えた。
だから、最後のスペインとの戦いの場面も、あっさりと終わってしまった。
もうちょっと「アルマダ海戦」の場面が見たかったけど、やはり主人公がエリザベス1世では無理か?

その邪魔になっていたものは、やはりクライブ・オーウェン演じるウォルター・ローリー卿だろう。
内容としても、「ブーリン家の姉妹」みたいに、不倫とは違うが、愛憎渦巻くドロドロとした部分が出てくる。
せっかくの色男も、今回は不要だったような気がする。

ただ、ベス役のアビー・コーニッシュはかわいかった。

ということで、ちょっと期待しすぎたこともあり、盛り上がりにやや欠ける面もあったので、評価としては「C」にしておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
180位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR