映画評464 ~ 君が踊る、夏 (10.9.12)

今回は「君が踊る、夏」

eiga100912.jpg

主演は、溝端淳平
共演は、木南晴夏、五十嵐隼士、大森絢音、DAIGO、本田博太郎、宮崎美子
その他、藤原竜也、隆大介、高嶋政宏、高島礼子など


<ストーリー>
カメラマンを目指して東京でアシスタントとして働く新平は、母が入院した知らせを受けて5年ぶりに帰郷する。病院で高校時代の恋人・香織や、その妹で難病を患っているさくらと再会した新平は、さくらと一緒によさこい祭りで踊る約束を思い出し、旧友たちと共に踊ることを決意する


いい話だ。

不治の病に罹った少女と、それを力づける皆と、そしてお祭り。
これで泣けないヤツは、神経のどこかが狂っているとしか考えられない。

実際、お祭り集団「いちむじん」を復活させようとしているものの、なかなか仲間が集まらなくて、たった3人で練習していたある日、十数台の車とともに、つかさを始めとする昔の仲間が集まってきたシーン。
あまりのベタさに、思わずうるっときてしまった!

しかし、相変わらず子役の子は下手だ。
他の映画やテレビでもよく見る女の子なので、一般的には「うまい」と言われているのかも知れないが、ベタな展開の中でのベタな演技は、やはり違和感がある。
特に「わ~い、わ~い」と喜ぶところなんか、わざとらしすぎて、ちょっとイラっときた。

あと、舞台が高知県であるため、みなさん高知弁(土佐弁)を使っていたが、この独特の方言のせいか、なぜかみんな下手クソに聞こえる。

また、ゼッタイにかたぎの者には見えない高島礼子と、やくざ映画にはまったく似合わない宮崎美子とのツー・ショットは、ちょっと変な感じだった。

そんな中、主演の溝端淳平クンはいい味を出していたと思う。

ヒロインの木南晴夏も、いい笑顔をしている。
だけど、この子は悲しいことに色気がまったくない。
二人のツー・ショットも、何だか・・・

DAIGOが、イッチョマエに演じていたけど、以前アニメ「コナン」で声優をやっていた時と比べると、ちょっとマシだろうか。
その彼女役をやっていたのが、何だか「バカっぽいな」と思っていたら、里田まいだった。
「ヘキサゴン」では、かわいい感じだったのに、やはりアイドルのなり損ない、ということで、あまり映画映えはしない。

展開面で言えば・・・

新平がカメラマンになるために上京するものの、挫折して帰ってきたが、ひょんなことから昔撮った写真が、コンテストで優秀賞を取った。
しかし、その授賞式がお祭りの日と重なるという事態となり、新平はどちらを選ぶか迷ったのだけど、結果的には「授賞式で写真だけ見て、とんぼ返りして祭りに出る」ということになる。

このあたりも、最初から祭りの方を取るだろう、と思っていただけに、何だか違和感のある展開だった。
受賞作となった写真が、5年前のあの祭りの時のものだったので、それを見せる必要があったのだろうが、ちょっと無理のある展開だったように思う。

そのせいで、新平が高知に戻ってきた時のシーンに、ムチャクチャ違和感があった。

新平のいないまま、お祭りをやろうとする面々(だけど、旗振り?をやる者が一人欠けているのに、いったいどうするつもりだったんだろう)の中で、不意にさくら(女の子)が、振り返るのだが、その先に、旗を振りかざして走ってくる新平の姿が映る、という展開だ。

しかし、さくらが振り返った瞬間、まだ新平が持っている旗さえよく見えていない。
「そんな気がした」という描写なのかも知れないが、あのシーンは違和感がありすぎる。
女の子の演技が下手なだけに、余計に変な感じだった。

新平が高知に戻ってくることが見えていただけに、ここはもう少しうまい演出ができなかったのだろうか。

そして最後。
祭りのシーンで終わるのかと思っていたが、最後は新平と香織のツー・ショットで終わる。
そこに流れてきていたのが、中途半端なテーマ曲だったので、どうせなら、あのお祭りの音楽の中で終わって方が良かったような気がする。

後で調べてみたら、テーマ曲を歌っていたのは、「東方神起」だって。
あらら・・・

さて、ここまで散々イチャモンをつけてきたけど、最初にも言ったように、内容としては「泣けない理由はない」ものなので、全体としてはいい感じ。

特に、最後の「よさこい祭り」の踊りは圧巻!

これだけ見ていても、「すごい!」と思えるほど。
お祭りの踊りが、こんなにも華やかでカッコいいものとは思わなかった。

ということで、このお祭りのすばらしさに敬意を表して、評価は「A」にします。


それにしても・・・

情けないことに、いまだに木南晴夏と谷村美月との区別がついていない。
エンドロールが始まるまで、ずっと香織のことを谷村美月だと思っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
266位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR