映画評500 ~ 白夜行

通算500本目の作品となる今回は「白夜行」

eiga110131.jpg

今まで舞台化やテレビドラマ化されてきた、東野圭吾の人気小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を軸に、19年に及ぶ男女の狂おしい愛情を描く映画だ。

主演は、堀北真希、高良健吾
共演は、船越英一郎、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗
その他、今井悠貴、福本史織、田中哲司、戸田恵子など

<ストーリー>
昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件が起きるが、結局被疑者死亡のまま解決。だが、当時の担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。数年後、事件の殺人犯と目されていたが、ガス中毒死した女の娘雪穂(堀北真希)は美しく成長し、一方質屋店主の息子亮司(高良健吾)も事件後は家を出ており・・・


これは、面白かった。

原作を知らなかったし、もちろんドラマも見ていないので、結末の衝撃度は相当なものだった。

内容的には「砂の器」(もちろん、加藤剛主演のヤツ)級だった。

推理モノなので、ネタばらしは避けるけど、一言で言うと、エラリー・クイーンの「Yの悲劇」風といった感じだろうか。

はっきり言って、堀北真希はあまりウマくないと思うし、亮司役の高良健吾も、たいしたことはなかったが、原作がいいので、ぐいぐい引き込まれる典型的な例かなと思う。

とは言え、最初のうちは、何だかよくわからなかった。
「何で、この人が出てくるんだ?」とか、前後関係がわからないので、その展開についていけない部分はあった。

ところが、終盤に来て、衝撃の事実が判明するにつれ、「な~るほど」と一気にクライマックスへ。
終わり方には、やや不満だったけど、これはいい作品だと思う。

ただ、タイトルである「白夜行」の意味がよくわからなくて、いちおう調べてみると、ちょっと描写不足の部分はあったらしい。
見た限りでは、陰の犯人が、実行犯をただ利用しただけの悪人のように思えたのだけど、原作では、そのあたりをもっと掘り下げていたので、タイトルの意味が見えてくる、ということのようだ。

ただ、今回は「いい」と思ったので、これ以上は書かないことにします。

ということで、記念すべき500本目を飾るに相応しい作品だったと思うので、評価は「A」にします。

ネットでは、いろいろと批判もあるようだけど・・・


ただ、非常に細かいところを言えば・・・

実行犯に、劇薬を用意させられた後で殺された女が死ぬ場面。

青酸カリで死んだ、ということで、多くの映画やドラマがそうであったように、ほぼ即死するという描写ではなくて、しばらく悶絶するという現実に即した描写を入れたのは良かったと思うのだが、その後、死体が警察によって運び出される場面。
警官二人が、実に軽々と運んでいたのだけど、いくら女性とは言え、ちょっとぽっちゃり系でもあるし、死体なんて、そんなに軽々と運べるものではない。

最初見ていて、「何か遺留品でも運んでいるのかな?」と思ったほどの軽い描写だった。

直前のシーンで「お~っ、やるじゃん」と思っただけに、変に気になったし、ちょっと残念だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
293位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR