映画評505 ~ 劇場版マクロスF サヨナラノツバサ

今回は「劇場版マクロスF ~ サヨナラノツバサ」

eiga110226.jpg

人気SFアニメ「マクロス」シリーズで、2009年に公開されて大ヒットした『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』から続く完結編

<ストーリー>
銀河移民船団「マクロス・フロンティア」に住むパイロット志望の少年早乙女アルトは、歌姫のシェリル・ノームとスターを目指すランカ・リーと出会う。しかし、二人の歌声には、船団の脅威となる重機甲生命体「バジュラ」の謎が秘められていて・・・


いやあ、よく考えていると思う。
いろんな意味で・・・

戦闘シーンも、かなり迫力があって、見ていて目がクラクラするほど。
何よりも、声優さんが実際に歌っているらしい歌が良かった。
どの曲も、私好みのド派手な感じで、とてもノリがいい。

しかし・・・

内容はさっぱりわからなかった。

当日、映画館には「マクロス」専用のグッズ売り場があったけど、結構な人で賑わっていた。
たぶん、原作(テレビ版)のファンなんだろうと思う。

私は、原作も知らないし、09年の「イツワノリウタヒメ」を見たこともあり、一応結末が気になったから見たのだけど、結局何がなんだかよくわからなかった。

もちろん、シェリル・ノームとランカ・リーの歌声に秘密があり、物語の展開に大きく影響していることはわかる。
だから「戦闘しているすぐそばで、大声で歌っているなんて・・・」などと言う気はない。
これを否定してしまうと、物語そのものに入っていけないからだ。

しかし、ものすごく違和感があったのは・・・

重機甲生命体「バジュラ」には、実は感情がある、ということがわかった後の展開。

アルトは、なぜか攻撃の手を緩めて「バジェラ、私たちは敵ではない」と叫ぶ。

聞いていて、「はあ?」という展開だった。

重機甲だろうが何だろうが、自分たちを攻めてきている「敵」には違いない。
たとえ、「自分たちの方が侵略のために攻めていたのだけど、実は相手には感情があった」という展開であったとしても、相手はあくまでも「敵」だ。
その敵に、感情があろうとなかろうと、自分たちの仲間を殺し、地球(?)を滅ぼそうとしていることには変わりない。

そんな相手に対して、今さら「敵ではないんだ」と叫ぶことに、いったいどんな意味があるのか。

まるで、「死刑囚にも行きる権利はある」と叫んでいるヤツらみたいだ。

相手が「私たちには侵略の意図はない」と感情に訴えてきたのならともかく、ただ「感情があることがわかった」というだけ。

あまりにもバカげている。
作者(または監督)の頭の中の構造が、何となく見えてくる。

映画の本質とは関係ないとは言え、見ていてアホらしくなった。

とは言え、作品そのものはそんなに悪くはないと思う。
ただ、私にはよくわからなかっただけ。

ということで、評価は前作同様「C」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR