映画評509 ~ 塔の上のラプンチェル

今回は、「塔の上のラプンチェル」(吹替え版)

eiga110320.jpg

「髪長姫」の呼称で知られるグリム童話のヒロイン、ラプンツェルを主人公に、自由自在に操れる驚くほど長い彼女の「魔法の髪」に秘められた謎と旅を描くアドベンチャー・アニメーション

<ストーリー>
深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり・・・


これは良かった。
すばらしい!の一言。

ディズニーの底力を見せつけられた感じだ。

まず、ストーリーがいい。
ハラハラ・ドキドキの展開は、最後はハッピーエンドに違いないとわかっているとは言え、最初から最後まで飽きさせなかった。

何よりも、主人公ラプンチェルがかわいい。
表情豊かで、感受性もあり、喜んだり悲しんだり、それぞれの表情がとても愛らしい。

そして、脇を固めるキャラクターがいい。

中でも、カメレオンのパスカルが秀逸だった。
言葉は一切発しないのだが、ちょっとした表情・仕草で、何を言いたいかがすぐわかるその描写は、「あんなのが一匹ほしい」と思うほどだ。

警備隊長を乗せていた白馬・マキシマスのキャラクター設定もよかった。
序盤は、大泥棒フリンを執念深く追いかけるしつこいヤツなのだが、後半になってラプンチェルたちを助ける方に転じる。
この馬の存在も、結構大きい。

あと、酒場の荒くれ者たちも、なかなかの存在感を出していた。

それと、画面がとても綺麗だった。
今回は3Dだったのだが、全体を通して言えば、「別に3Dでなくてもよかったのでは」と思うほどではあるものの、中盤に出てくるロウソクを空に飛ばすシーンは圧巻。
ここで、一度感動泣き(?)してしまうほど。

とにかく圧倒的なスケールには感嘆するばかり。

最初は、吹替え版しかない、ということもあり、あまり期待はしていなかった。
しかし、その声優陣たちがなかなか良かった。
途中で、ミュージカル風の歌が結構入るのだけど、皆さんまったく問題なし。

それにしても、主人公ラプンチェルの声を中川翔子がやっているとは思わなかった。
まったく違和感はないし、なかなかのものだと思う。
調べてみると、すでに実績もあるとかで、聞いていて「下手なタレントがやっているのではないな」と思ったくらいだから、実力はかなりのものだと思う。
ただ、歌のところは、別の声優さんだったようだが・・・

いずれにしても、笑いあり涙あり、そして感動ありの言うことなしでした。

ということで、評価は文句なく「S」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
283位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR