映画評525 ~ スーパーエイト

今回は「スーパーエイト」

eiga110625.jpg


ハリウッドきってのヒットメーカーである2人のクリエイター、スティーヴン・スピルバーグが製作を務め、J・J・エイブラムスがメガホンを取るSF大作。1979年にアメリカで実際に起こった事故を引き合いに、アメリカ政府がひた隠しにする秘密と、映画撮影に夢中になる少年たちが真実を暴く冒険と成長を描く

主演は、ジョエル・コートニー
共演は、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ライリー・グリフィス、ライアン・リー
その他、ガブリエル・バッソ、ザック・ミルズ、ロン・エルダード、ブルース・ウィンウッドなど

<ストーリー>
1979年、アメリカ・オハイオ州。8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、貨物列車の衝突事故が発生。貨物列車は空軍施設・エリア51からある場所へと研究素材を極秘に移送中だった。アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、事故の一部始終が記録されていたが


いや、困った。

確かに、「ET」と「未知との遭遇」と「スタンド・バイ・ミー」をごっちゃにした映画だった。
そして、「ET」の二番煎じ(?)というか、「二匹目のどじょう」を狙っていたのだろうけど、はっきり言えば「残酷なET」になってしまっている。

「少年たちは、あの夏の日を忘れない」みたいな宣伝をしていたけど、そんな子供向けのファンタジーなんかじゃなくて、結構エグい。

だいたぃ、あのエイリアンは、いったい何だ。
「アメリカ政府がひた隠しにする」とは言うものの、あんなバケモンをどうやって隠そうとしたのか知らないけど、少なくとも「列車で輸送」なんて発想は、普通しないと思うぞ。
しかも、警備というか、護衛が一切いなかったし・・・

事故があってから、あわてて出てくるなんて、ちょっとおかしいだろう。
あんなもの、逆走してくる車を阻止しないと。

ということは、後から思ったことだけど、いちおう前半は、「何か起こりそう」という雰囲気はしていた。

しかも、流れは完全に「スタンド・バイ・ミー」なのに、どうも残酷感が漂う。
とても「何かが家や倉庫の隅に見え隠れしていて、いろんなイタズラをしている」という感じではなく、明らかに人を襲っているし、間違いなく人が死んでいる。

終盤になって出てきたエイリアンは、まさにバケモノ。
知能が高いとか、高度な文明を持っているとかいうイメージは、まったくない。
しかも、実際に人間を食べたりなんかしてるし、誰がどう見たって、「話してわかる」相手ではない。
にもかかわらず、主人公の少年は、そのエイリアンに追いつめられて観念したわけではないだろうけど、いきなり「気持ちはわかるよ」とか「きっとうまく生きていけるよ」とか、わけのわからないことを言い出す。
「えっ、もしかして説得しようとしてんの?」と思ったのだが・・・
・・・実際その通りだった。

途中までは、「いったい、どうなるんだろう」と思っていて、中盤から「何か変だなあ」と思い始めて、最後は「どうやって、あのエイリアンを倒すのだろう」と思っていたのに・・・

「気持ちが通じるエイリアン」にしたいのだったら、あんなグロテスクなバケモノにしなくたって良かっただろうに。
とにかく、ヘンテコな展開で、いったい何を表現したかったのか、さっぱりわからなかった。

しかも、子供たちの演技が結構うまかっただけに、子供たちの行動が、まわりの大人たちの行動とまったくかみ合ってなく、エラく浮いていた。

軍隊がエイリアンと戦っている間も、子供たちは、まったく関係がないみたいに走りまわっているので、緊迫感がない。
あの軍隊も、いったい何がしたかったのだろう。
エイリアンを捕まえようとしているのか、殺そうとしているのか。

しかも、最後の最後は、エイリアンが母国(?)に帰ろうとしていた時も、ぼけ~っと見ているだけ。
エイリアンと心が通じたのは、主人公の少年たちだけで、大人たちはそのことを知らない。
にもかかわらず、なぜぼ~っと見ていたのだろう。
もっと反撃しろよ。

結局、あれやこれやを詰め込んだあげく、中途半端に「感動」路線でまとめようとしたために、最後はわけがわからなくなってしまった。

面白いと思う人は面白いと思うのだろうが、私にはダメだった。

子供たちに、みな存在感があっただけに、ちょっと残念でした。

ということで、評価は「C」にします。

もしかして、もっと深い話なのかも・・・!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
335位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR