FC2ブログ

映画評526 ~ アンダルシア 女神の報復

今回は「アンダルシア 女神の報復」

eiga110626.jpg

『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となるサスペンス大作。海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する主人公が、日本人投資家殺人事件の真相を究明すべくスペインで国際犯罪の闇に立ち向かう姿を描く

主演は、織田裕二
共演は、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵利香、鹿賀丈史、夏八木勲
その他、福山雅治、谷原章介、大杉漣など


<ストーリー>
スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官・黒田康作(織田裕二)が調査に乗り出した。しかし、遺体の第一発見者、銀行員の新藤結花(黒木メイサ)は何者かに狙われ、インターポール捜査官の神足誠(伊藤英明)は捜査情報を隠そうとする。そんな中、黒田に最大の危機が訪れ・・・


実に淡々とした展開だった。

サスペンスだから、それなりの推理劇もあり、適度にアクションもあり、最後には2段構えのドンデン返しまであった、というのに・・・

何なんだろう、この空虚な気持ちは。

とにかく、序盤からハラハラ・ドキドキ感がまったくなかった。

谷原章介演じる川島が、スキーをしていて、いきなり危険防止網を突き破るものだから、「は?」と思っていたら、実は自殺しようとしていたとは・・・
後の展開に若干絡むシーンではあるのだが、終わってみれば、たいしたシーンにはなっていない。

その後、黒木メイサ演じる結花が、怪しさ全開で偽装工作をするのだけど、最後のドンデン返しに繋がるシーンとは言え、どうにもヌルい。

さらに、伊藤英明演じる神足が現れるのだが、こいつもまたヌルくて、とてもインターポールという感じがしない。

ホントに、この男には貫禄というものがないのだが、実際これがとてつもなく頼りない男だった。
何と、敵に襲われた時に、拳銃一つ満足に撃てない。
本人曰く「実戦では撃ったことがない」とのことだったけど、そんな問題ではない。
敵を前に、地面に突っ伏したまま、頭を抱えて震えていた。
よっぽどトラウマになるようなことがあったのか、と思うくらいの状況だったのに、何のことはない、何にもなかった。

だいたい、あんな臆病者に、インターポールで指揮を取るほどの役目などできるわけがないだろう。

あのあたりは、もっとウマく描くべきではなかったのだろうか。

この伊藤英明に限らず、今回の出演者は下手くそが多かった。

戸田恵利香は、見習いが解けて、晴れて外交官になれたようだけど、どう見たって頭が軽そう。
どうして、この娘を外交官役なんかに選んだのか、さっぱりわからない。

黒木メイサも、怯えたり、思わせぶりな行動を取る時など、とにかく演技が下手くそ。

お馴染み(?)の福山雅治も、「竜馬」で主役を演じたとは言え、相変わらず単調すぎて、ただのチャラい男にしか見えない。

途中、ちょっとだけ出ていた大杉漣も、どうしてあんなにセリフ回しが下手なんだろう、と思う。

結局、織田裕二ひとりが目立っている感じなんだけど、そのオダルフィ改めオンダルシアも、まったく笑うことなく、たいして叫ぶこともなく、淡々と話しているだけ。
「そんな男」を演じているつもりなんだろうけど、ちょっと単調すぎやしないか。

そして、最初にも書いたように、川島が死んだ理由が何であろうと、結花が何をしようが、淡々とした内容には、一切影響がない。

結花が、実は○○○であった、という事実が判明し、その背景に、数年前の事故が関わっていたことがわかったところで、見ていて「ふ~ん、だから何?」としか思えなかった。
黒田が撃たれた時も、「どうせ防弾チョッキ着てるんだろ」としか思えず、緊迫感の欠片もなかった。

黒幕も、「何だかなあ」という感じだし・・・

すべては、展開がヌルすぎたせいだと思う。

わざわざ夏八木勲まで出して、マネー・ロンダリングをテーマにして、いかにも「大作だぞ!」という雰囲気を出そうとしているのはわかるのだが、それがかえって逆効果にしかなっていないように思える。

昨日見た「スーパーエイト」は、最終的には「はあ?」という感じだったけど、途中まではハラハラ・ドキドキするものがあった。
しかし、この映画に限っては、な~んにもなし。

今回は、脚本もさることながら、やはりキャストのミスだと思う。

ということで、評価は「C」にします。

細かいところで・・・

黒田が撃たれたのは、実は罠だったということが判明したところで、3発撃って、すべて心臓に命中していた、というやり取りがあるのだが、結花を人質として盾にしていたあの状況で、はたして心臓に3発も撃ちこめるものだろうか。


最後に・・・

何だか、次に続きそうな気配があったけど、まだまだ続けるつもりなんだろうか。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
189位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR