映画評532 ~ トランスフォーマー/ダーク・サイド・ムーン

今回は「トランスフォーマー/ダーク・サイド・ムーン」

eiga110731.jpg

あらゆるテクノロジー機器にトランスフォーム(変身)する金属生命体と人類の攻防戦を、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督のタッグで描くSFアクション超大作のシリーズ第3弾。最終章となる本作では、物語の主戦場を宇宙まで広げ、トランスフォーマーたちによる地球侵略を圧倒的なスケールで活写


主演は、シャイア・ラブーフ
共演は、ジョシュ・デュアメル、ジョン・ターシゥーロ、タイリース・ギブソン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
その他、パトリック・デンプシー、ケヴィン・ダン、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーランド、ヒョーゴ・ヴィーヴィングなど


<ストーリー>
1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功し、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは人類で初めて月に降り立ったが、全世界が見守ったこの歴史的偉業の陰で、NASAとアメリカ政府は、ある事実をひた隠しにしてきた。実は月の裏側には、彼らよりも先に未知の宇宙船が不時着しており・・・


いやあ、すごかった。

3Dで見たのだけど、とにかくものすごい迫力だった。
この映画は、やはり3Dで見るに限る。

ここまで迫力のある映画を見たのも久しぶり!というくらいの迫力だった。

だから、もちろん評価は「A」・・・

・・・というわけにはいかない。

いくら迫力があるとは言え、何をやっているのかほとんどわからない。

どっちが味方(オートボット)で、どっちが敵(ディセプティコン)かというのは、よ~く見ていないとわからない。

それ以前に、どんな戦いをしているのかも、よくわからない。
とにかく、あっちこっちぶつかり合って、壊しまくって、わあわあ言いながら地球人が逃げ回ってるんだけど、何だかよくわからない。
「すごい!」とは思うけど、ただそれだけ。

もっと言うと、ストーリーもある意味ムチャクチャだ。

金属体なのに何にでも変身できる、という設定自体強引なのに、もっと気の利いたものに変身すればいいものを、わざわざ車やトラック、そして四足の猛獣になんかに変身する。
「普通に空を飛んだ方がはるかに早いのに、どうしてそんなものに変身して追っかけるんだ?」と思うシーンが多すぎる。

そもそも、金属体なのに、原型が人間の格好をしている、というのはどうなの?
だったら、最初から「異星人」に設定した方が話はスムーズだったろうに。

さらに、そんな化け物のような敵に対する人間たち。
もうほとんど太刀打ちできない、というほどの圧倒的な差があるので、最初のうちはまったく歯が立たず、ただ逃げ回るだけなのに、最後の方は、みんなで応戦するばかりか、敵の何体かは倒していた。

「目を狙え!」ということで、相手の弱点を突くのはいいとして、相手の目を狙うなんてことは、最初にやることじゃないのか。
それでもダメだったから、全滅に近いほど追いつめられたはずなのに、なぜか最後は、目を撃たれた敵は、バタバタと倒されていた。

それに、敵が仲間を転送するために設置した柱を破壊したからと言って、それ以前に無数の敵がすでに地球上にいるのだから、そっちを倒すのも大変だろうに。
中でも、ショックウェーブとかいう大きな化け物は、そう簡単に倒せる相手ではない。

だけど、たった一つ「柱」を壊しただけで、相手の星(移送用?)そのものが破壊されていた。
単に「移送できなくなった」のではなく、星全体が大爆発してしまった。

この展開は、昔の「インデペンデンス・デイ」などと同じで、総力でもって無数にあるうちのたった1機の宇宙船を破壊しただけでなのに、「勝った!勝った!」となるのはどうなんだろう。

とは言え、所詮はSFアクション映画ってこんなものだから、ここまでケチをつける必要もないのかも知れない。

だけど、一番気に入らなかったのは・・・

ヒロインにまったく魅力を感じなかったこと。

どう見たって、主人公が命をかけてまでして守るような女性には見えなかったので、「主人公、がんばれ!」という展開にならない。

しかも、このヒロインは、別に特別な能力を持っているわけでもなければ、重要な秘密を知っているわけでもない。
ただ、主人公と裏切り者の男の両方から愛されていた、というだけ。

こんなヒロインが、戦闘の真っただ中に突入する(ただついていくだけ、だけど・・・)のはさすがにマズいと思ったのだろうか、「柱」の位置は彼女にしかわからない、という設定にしていた。
しかし、あんなに目立つ「柱」なんだから、そんな設定にする意味もない。

そこで、あろうことか、このヒロインにトンデモないことをやらせる。

何と、敵方(ディセプティコン)の大将を「説得する」という暴挙に出たのだ!

しかも、遠くから叫んだり、テレパシーで呼び掛けたり、とかいう難しい方法は取らない。
直接本人の前に行って、しかも相手に「アンタは騙されているのよ」と強く言い放つ。

すると言われた方は、ヒロインを叩きのめすどころか、言われたことをそのまま信じて、オプティマスを叩きのめそうとしていたセンチネルに対して攻撃を仕掛ける。
そのおかげで、オプティマスは助かり、最後はセンチネルを倒す。

この場面は、はっきり言って笑ってしまった。

いくらヒロインに魅力がなく、たいした出番がないからと言って、そんな大役を務めさせるのはムチャだろう。
ここだけ見れば、評価は「D」にしてもおかしくないほどだ。

こんなムチャクチャな展開であったとは言え、何度も言うようだけど、とにかく迫力はスゴかった。
この迫力は、今までにはなかったものだと言ってもいいと思う。

ということで、「D」にも等しいストーリーの中にもかかわらず、「A」にふさわしい映像だったことと、これでこのシリーズもやっと終わる、という嬉しさを考慮して・・・・

評価は「B」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
338位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR