映画評533 ~ アザーガイズ

今回は「アザーガイズ」

eiga110820.jpg

『俺たちフィギュアスケーター』のウィル・フェレルと『ザ・ファイター』のマーク・ウォールバーグがダメ刑事コンビを演じた爆笑コメディー。ひとつも手柄を立てられないドジな刑事2人が、ひょんなことから金融詐欺事件に巻き込まれるさまをブラックな笑いを交えて描き出す。

主演は、ウィル・フェレル、マーク・ウォールバーグ
共演は、エヴァ・メンデス、マイケル・キートン、スティーヴ・クーガン
その他、レイ・スティーヴンス、リンゼー・スーロン、サミュエル・L・ジャクソン、ドゥエイン・ジョンソン

<ストーリー>
ある日、ニューヨーク市警のハイスミス(サミュエル・L・ジャクソン)とダンソン(ドウェイン・ジョンソン)のスーパー刑事コンビが職務中に殉職。テリー(マーク・ウォールバーグ)は、彼らにその他大勢呼ばわりされてバカにされていたが、本来は根っからの正義漢で、悪党と対決したくてしょうがなかった。ところが彼の相棒アレン(ウィル・フェレル)は、デスクワーク命で・・・


完全なドタバタ・コメディだった。

とは言え、随所で大笑いしてしまった。

まあ、バカバカして笑いだと言えば、それまでなんだけど・・・

序盤で、サミュエル・L・ジャクソンとドゥエイン・ジョンソンが出てきて、ドンパチやり始めた時には、「こっちの方が目立ってるじゃん」と思ったものだが、この二人は、すぐにあり得ない形であっさりと死んでしまう。
いわゆる「友情出演」ってヤツだろうか。

その後も、主人公の二人は、あまり暴れたりはしない。
ウィル・フェレルの方は、それでもあまり違和感はないのだけど、マーク・ウォールバーグの方は、もっとハデにやってほしかった。
それだけが楽しみだったのに。

特に、クライマックスの場面は、当然二人が大活躍する・・・と期待していたのに、そうでもなかったので、ちょっと拍子抜けしてしまった感じ。
結果的に、ストーリーとしては「まあ、あんなもんか?」という程度。

ということで、全体的にはブラックと言うよりお下劣ギャグ満載で、ストーリー展開よりも、そちらの方で笑う場面が多かった。
とは言え、結構笑ったので、評価としては、かなり甘めに「B」とします。


余談だけど・・・

これを吹替え版でやる時には、いったいどのように訳すんだろうか、と考えてしまった。
いちおう、字幕ではそれらしく訳していたようだけど・・・

こういう時に「あの広川太一郎さんがいれば」と、ちょっと思ってしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します~

本日『シャンハイ』見て参りました。
いやもうガッカリでした。ヤフー映画の観客評価も低く、もっともだと思います。中には反日映画云々と言う意見もありますが、それ以前に映画としてどうなの?という感じで。昼間に見たので中間全く眠らず。。逆に退屈で(笑)
主人公のジョン・キューザック君は私の好きな俳優さんなのですが今回は残念。あ、ケン・ワタナベさんは相変わらずで、ハリウッド映画だと誰をやっても同じなのでは…?
これならいっそB級コメディー見れば良かったです(>_<)。

ご無沙汰してます

「シャンハイ」は、キャストはともかく、時代設定と、それに日本が絡んでくる、というのがイヤでパスしました。

夏休みのせいか、子供向けの映画が多くて、今月に入ってまだ2本です。

再始動は9月からの予定でおりますので、これからもよろしくお願いします。
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
643位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR