映画評540 ~ アンフェア the answer

今回は「アンフェア the answer」

映画110918-1

バツイチ、子持ち、大酒飲みだが、検挙率ナンバーワンの美人刑事・雪平夏見の型破りな捜査を描く人気テレビドラマの劇場版第2弾。前作から約4年が経過した今作では、北海道の紋別警察署に異動になった雪平に連続殺人事件の容疑が掛けられ、自分を陥れた巨大な陰謀と黒幕の正体を暴くため、雪平の孤高の逃避行がスタートする

主演は、篠原涼子
共演は、佐藤浩市、山田孝之、阿部サダヲ、加藤雅也、大森南朋
その他、寺島進、香川照之、モロ師岡、吹越満など

<ストーリー>
検挙率ナンバーワンの美人刑事・雪平夏見(篠原涼子)は、のどかで平和な北の大地・紋別署で勤務する日々を送っていたが、ある日、彼女に連続殺人事件の容疑がかけられる。警察内部の機密が隠されているといわれるUSBが事件と関係があることを突き止めた雪平は、追跡を交わしながら事件の全ぼうを暴くため逃避行を開始する・・・


いやあ、なかなか良かった・・・

と言うか、ネットでの評判があまり良くなかったことを考えると、まあまあだったような気がする。

テレビでも、ドンデン返しの多さをやたらとアピールしていたが・・・

あの中で、「もう誰も信じられなくなりそうです」って言ってた女。
大丈夫だよ、君は。
どうせ、何も考えていないのだから。
だいたい、誰も信用していない人は、こんな映画を見たら、犯人などすぐにわかってしまう。
と言うか、怪しいと思っていた人が、全員グルだったのだから。

つまり、そういうことだ。

あまりに「予想を裏切るクライマックス」とか言いすぎる上に、出てくるヤツは全部犯人みたいな振る舞いばかりするので、かえって面白みが半減してしまう。

まず、大森南朋をああいう使い方をしたのはなぜ?

最初、口元だけが映された時、どう見ても大森南朋だった。
次には、鼻から下が映された時には、もう完全な大森南朋。
その次には、何と顔全体が映されていた。

こうなると、連続猟奇殺人犯は彼かも知れないけど、その黒幕が別にすることが、すぐにわかってしまう。
あんな中途半端な演出をするのだったら、最初から全身を映せばいいのに・・・

それと、黒幕たちの多さ。
いや、「えっ、この人たちも?」と思わせたいのはいいけれど、ああいう形にすると、結局誰が黒幕でもいいような気がする。
要は、「信じていた人が、実は・・・」という全員が悪いヤツだったわけだから・・・

まっ、ここでは、あえて「全員が」と書いたけど、実際には違いますよ。


あと、最後の方で「黒幕だった」と思われたヤツが、「警察署内で自殺」という形にしたのは、マズいだろう。

アメリカみたいに、名前を変えて別の人間として生き残るということが可能な国であればいいけれど、日本ではまずムリだと思う。
狭い日本で、しかも閉鎖的とは言え、そう簡単に隠し通すことができそうにない警察の中で、あんなことなどできないだろう。
しかも、映画の中では、その後の展開は、「そういう事実って、あったっけ?」みたいな内容だったし。
別に、偽装自殺なんて小賢しいことをしなくてもよかったように思う。

雪平をダマすためだけならともかく、新聞に載るような形にするのは、どう考えても失敗だと思う。
なぜなら、雪平を殺すのではなく、「知らないまま生かす」という方法を取ろうとしているのだから。

そこまでの展開は、賛否両論あると思うけれど、この部分は明らかに間違いだと思う。

とは言え、全体的にはハラハラ・ドキドキ感が結構あったし、最後の部分を除けば、なかなか面白く見ることができた。

ということで、評価はかなり甘めに「B」にします。


細かいところを言えば・・・

序盤の連続殺人事件で、「容疑者と思われた人間が、次に殺されている」という厳然たる事実があるにもかかわらず、雪平の元夫である佐藤が殺され、雪平の指紋等が見つかった時に、皆がみんな「雪平は、なぜ殺したんだ?」みたいな言葉を口にする。

誰がどう考えたって「次は雪平が狙われる番か?」と思うはずなのに、そうではない。

黒幕たちは、当然自分たちが仕掛けたことだから、そのように向けようとするのはわかるが、そうではない人たち、たとえば刑事のモロ師岡などが、必死になって「どうして殺したんだ!」と雪平に詰め寄るのはおかしいだろう。
元夫を、あんな残酷な方法で殺すなんて、頭がおかしいとしか思えないはず。

あそこは、「警察って、バカなのか?」としか思えないので、とても違和感があった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR