映画評553 ~ スクライド 前編

今回は「スクライド 前編」

映画111120

放映開始10周年を記念し、テレビアニメ「スクライド」に新作パートを追加して再構成されたSFアニメーション2部作の前編。都市部と未開の地に住み分けがなされた日本を舞台に、特殊能力を手にした者たちの果てしない戦いの日々を描き出す


<ストーリー>
21世紀初頭の日本で突然大規模な土地の隆起が起き、ほかと切り離された「ロストグラウンド」という大地が誕生する。その後復興した日本は、新しく力を取り戻した市街の人々と、崩壊地域の住人とが隔絶した社会へと変化していった。やがてロストグラウンド地区の住民の中から、物質を分解して再構成する特殊な能力を備えた者が誕生し始める。


テレビで放映していた時には見たことがなかったのだが、何となく面白そうだったので、見ることにした。

とは言え、こんなお話とは思わなかった!?
一言で言えば、「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」みたいな感じ?

ただ、画がそれほどうまくなかったような気がする。

特に、セリフを言う時の口の動きが、ちょっと大袈裟(?)すぎて、少し違和感があった。

それにしても、いろいろと考え付くものだと思う。

東京湾で突如大隆起現象が起こって、外界と隔離されてしまったとか
さらには、その影響で、物質を分解して別物(アルター)として再構成する特殊能力を持つ人間「アルター使い」が出現したとか・・・

確かに、ものすごい能力なんだろうけど、物質を分解して他のものについ構築する能力までは何とか受け取れるとしても、バトルの時には、みんなトンデもなくジャンプしたり、中には空を飛んでいるような描写になっているのは、どうなんだろうか。

とにかく、一つ能力を手にしただけなのに、それ以外の能力まで格段にパワーアップするものだから、単に「アルター能力」の理屈付けだけを最初に考えていて、後はどうでもいいと考えているのではないか、とさえ思ってしまう。

物語の方であるが・・・

主人公であるカズマは、そんな隔離地区で生まれた「アルター使い」であり、本土の連中からヒドい扱いを受けている。
とは言え、そんな主人公にはまったくと言っていいほど感情移入ができない。

というのは、とにかく自己チューでケンカっ早くて、乱暴で生意気でおまけに単細胞だ。
ただただ、一度は自分を負かした劉鳳が憎くて憎くてしょうがない、というのだけが彼のとる行動の理由なので、途中でどうでもよくなってくる。

結果的に仲間を助けたり、協力したり、ということはあるのだけど、あくまでも結果論にすぎない。
それが目的のようには見えないから。

バトルの方は言えば、とにかく派手だ。
スケールがデカい、と言うよりは、物質を何にでも再構築できる、ということなので、大袈裟なだけで、「何で、そんなものに再構築するの?」というものさえある。

まあ、そんなところにまでケチをつけていてはいけないのだろうけど、あまりハラハラ・ドキドキもしなかったので、余計にそんな感じがした。

いずれにしても今回は「前編」なので、次回を見なければ結末はわからない。
ということで、とりあえず評価は「C」にしておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
335位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR