FC2ブログ

2011映画総括 ~ 面白くなかった編

今年の映画総括パート1

今年は「あまり見た気がしないなあ」と思っていたが、見た映画は全部で61本。

平均週1本見ている計算になり、意外と見ているような気もするが、何せ昨年が111本だったので、約半分に減っている。
一昨年も105本だったし、やはり「映画館が歩いて5分のところにある」環境とは状況がまったく違う。

そんな中、まずは「面白くなかった編」

今年見た中で、「D」評価以下だったものは、5本しかなかった。
映画館がちょっと遠くなったので、「これは面白くないかなあ」と思う映画は、ほとんど敬遠した結果だとは思うが、それでも少なかったように思う。
しかも「E」評価はゼロ。

たまには酷評もしたいので、来年はもっといろんなものを見てみたい。

さて、その「D」評価5本は、以下の通り

「僕と妻の1778の物語」
「ツーリスト」
「名探偵コナン/沈黙の15分」
「豆富小僧」
「岳」


こうしてみると、意外なことに、「面白そう」と思っていた作品が入っている。


まずは「僕と妻の1778の物語」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-507.html

私の大好きな竹内結子が出ているので「(大嫌いな草が出ているけど)まあ、ハズれはないだろう」と思っていたのだが、これがまた予想外のヒドい出来だった。
何よりも、竹内結子の病人としての演技に失望。
これが大きかった。
来年以降、ちょっと見方が変わってしまうかも知れない。
あと、全体的な描写も中途半端だったのが低評価の要因。


次は「ツーリスト」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-517.html

ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリーという2大スターが出演しているのにこの体たらく。
一言で言うと、「展開が私にも読めるほど単調だし、出てくる人物がアホばかり」という感じ。
だから、期待が大きかった反動で「D」になったというところだろうか。


続いて「名探偵コナン/沈黙の15分」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-524.html

大好きなシリーズだから、当然期待していた。
しかし、今回はそもそも「推理モノ」として失格。
あまりにもあり得ない展開に、「テレビ版として無理に30分でまとめる」のとは違い、映画用に作っているのに、いったい何をどうしたら、あんな作品になってしまうのかわからなかった。
たぶん、ツッコミどころの数では、過去最高かも知れない。


そして「豆富小僧」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-527.html

これは、初めからあまり期待してはいなかったけれど、ある意味予想以上(?)に面白くなかったもの。
まず、深田恭子の声優としてのダメさにがっかり。
しかも、面白い場面がまったくないという恐ろしいほどの展開に、まったく感情移入できないキャラクターという、まさに最悪の状況。
唯一大泉洋演じる死神がユニークだったので、「E」にしなかったというだけの感じ。
「な~んにも残らなかった」という意味では、今年ワースト作品だと思う。


最後は「岳」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-530.html

これまた大好きな長澤まさみ出演だったのだが、これまたあり得ない展開の連続で、序盤「C」だったのが、終盤一気に「E」にまで落ちそうな勢いで急降下し、最終的には「D」だった、という感じ。
それにしても、主人公たちを目立たせるために、よくまあ、あんな「あり得ない人たち」を登場させるものだと思う。
展開も変だけど、登場人物も「そんなヤツいないだろう」というヤツばかり。
これでは、いくら主人公たちが活躍しても、見ていて面白くない。


以上、昨年ほどボロクソに貶すような作品はなかったものの、やはり今思い出してみても「やっぱり、あれはないよな」と思うものばかり。

とは言え、こういう作品を見て、酷評するのも私の楽しみのひとつ。
来年は、もっといろんなものを見てみたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
217位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR