2011映画総括 ~ 面白かった編

今年の映画総括パート2

今度は「面白かった編」

今年見た映画の中で「S」「A」評価のものは、「S」が1本、「A」が9本だった。

昨年が、「S」が5本で、「A」が21本だったのに比べると、やはり少ない気はするが、まあ映画の評価なんて、その日の気分次第ということもあるので、何とも言えない。

その「S」作品とは・・・

「塔の上のラプンチェル」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-520.html

意外やアニメだった。
しかも、いつもはまず見ない吹替え版だったにもかかわらず。

それほど面白かったし、感動もしたということだ。
中川翔子の吹替えがとてもウマかった、ということも大きかったと思う。
何せ、後で知るまでまったく気が付かなかったわけだし。

ということは、必然的に2011年度ナンバー1ということになる。
もちろん、事前にあまり期待していなかったこともあるかも知れないが、とにかく面白かったことは間違いない。


次に「A」評価の作品は次の9本

「英国王のスピーチ」
「阪急電車 片道15分の奇跡」
「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」
「ライフ」
「ミケランジェロの暗号」
「カンフー・パンダ2」
「探偵はBarにいる」
「フェア・ゲーム」
「リアル・スティール」


まずは、「英国王のスピーチ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-515.html

実話に基づくお話だけど、これは良かったと思う。
特に面白かったとか、感動したというわけではないが、全体的にとても良かった、という感じだろうか。


次は、「阪急電車 片道15分の奇跡」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-528.html

これまた「感動した」とか「爆笑した」とかいうものではなかったが、ほのぼのとして、とてもよくできていたと思う。
ほとんど期待していなかった、ということもあるが、特に文句をつけるところがなかったと思う。
もちろん「傑作」とは思わないが、「秀作」とは言えると思う。


続いて、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-544.html

言わずと知れた超大作のフィナーレだ。

原作を読んでいないので、最初は「明るいファンタジー」だと思っていたのが、トンデモなく暗い物語だったのには驚いたし、最終的に「ヴォルデモートって、そんなに強くないじゃん」と思うなど、随所にツッコミどころはあった。
しかし、第1作から通算して11年ということで、そこに敬意を表しての「A」評価である。

そんなことより、ハリー・ポッターのイメージが完全に定着してしまった主演のダニエル・ラドクリフ君の行く末が気になる!?


次は、「ライフ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-550.html

英国BBC制作のドキュメンタリー作品である。

もともとこの手の作品は大好きなので、最初から期待していたし、期待通りのすばらしい映像だった。

最近は「動物と子供を出していればウケる」と言われているが、子供はともかく、動物には演技など期待できないので、私は嫌いだ。
そんな「ウソ臭い」動物ものを見るのなら、こういう「本物」の方がいい。


次は、「ミケランジェロの暗号」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-551.html

これまた、まったく期待していなかったのだが、意外な掘り出し物ということで、とても面白く見ることができた。
サスペンスとコメディが混在したような作品で、出ている役者さんも知らない人ばかりだったのだが、とにかく「期待していなかっただけに面白かった」ということだけで「A」評価にした、と言っても過言ではない!?


次は「カンフー・パンダ2」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-552.html

これまたアニメだ。
前作が面白かったので、期待はしていたものの、何せ吹替えしかなかったので、見るのを躊躇しているのだが、見て正解だった。

とにかく面白くて、展開もスピーディーで内容も秀逸。
そして、ちょっぴり感動もする。
山口達也や木村佳乃の吹替えのマズさも吹き飛ばすくらいだった。

ただ、しいて言えば字幕で見たかった!?


続いては「探偵はBarにいる」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-557.html

大泉洋主演のミステリーもの。
映画評で「A」をつけたら、わざわざ「こんなのがA?」とコメントをもらったほどの作品だが、これまた「まったく期待していなかったので・・・」ということになる。
後は、普通の人なら読める展開も、鈍い私には読めなかった、ということで、余計に面白く感じた、ということはある。

これについては、「勢いでAをつけてしまった」としか言いようがないので、もう一度見た時に面白く見られるか、と言うと、まったく自信はない。

ただ、この手のお話は好きだ。


続いて「フェア・ゲーム」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-566.html

これも「英国王のスピーチ」と同様、実話に基づく映画。
内容的には、結構重いのだが、とてもよくできていたと思う。


最後は「リアル・スティール」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-569.html

はっきり言って、「父と子の愛」をテーマにして、ストーリーから展開からすべてが「ベタベタ」の映画だけど、それでも良かった。
しかも、ラストにちょっとしたオチ(?)があるのが良かった。
ヒュー・ジャックマンが相変わらずシブいのもいい。


今年は「A」評価以上のものは10本しかなかったけれど、全体的に見ても、そんなに「今年は良かったなあ」という印象はない。

その中でナンバー1を決めるとなると、普通なら「S」をつけた「塔の上のラプンチェル」だろうが、総合的に見れば「リアル・スティール」だろうか。

そして、特別賞(?)として、最後をほぼ期待通りに締めくくってくれた「ハリー・ポッター」を挙げたい。

以上、2011年の映画総括でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
276位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR