映画評559 ~ しあわせのパン

今回は「しあわせのパン」

映画120129

『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、夫婦を演じたハートウオーミングな人間ドラマ。北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちとの温かい交流を紡ぎ出す。客として登場するのも森カンナ、平岡祐太、光石研、余貴美子といった個性派の俳優たちばかり。コメディーとはひと味違う優しさを醸し出す大泉と原田の掛け合いや、北海道の豊かな食材で作られた食事が起こす小さな奇跡が胸に染みる。


主演は、原田知世、大泉洋
共演は、森カンナ、平岡祐太、光石研、八木優希、中村嘉葎雄、渡辺美佐子
その他、池谷のぶえ、本多力、霧島れいか、あがた森魚、余貴美子

<ストーリー>
りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを彩っていた。そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだった


タイトルから予想するまでもなく、ほのぼの映画である。
そして、実際かなりの「ほのぼの」であった。

大泉洋が出ているので、多少笑いの部分もあるのかと思っていたが、それもほとんどなし。
彼は、単に「人のよさ」が期待されただけのキャスティングだったようだ。
とは言え、なかなかいい味を出していたと思う。

むしろ、「お笑い」担当だったのは、もはや「怪優」と言ってもいい余貴美子。
何というのか、ホントに独特の存在感があると思う。

そして、原田知世。
後で調べてみると、もう40歳を超えている。
考えてみれば、「時をかける少女」が30年近く前の作品だから、それくらいの年齢になっていても当然なのだが、まったく年を感じさせないのはおどきに値する。
ただ、失礼な言い方をすれば、まったく「生活感」を感じさせないので、そのまま大きくなった、というだけで、「大人になったなあ」というイメージはない。

演技としては、まああんなものだろうか、という程度。

内容としては、とにかくほのぼの一色
店のパンを食べることを通して、人々が幸せになる、という単純な図式で、以前見た「食堂かたつむり(柴咲コウ主演)」に何となく似ている。

だから、途中からややダレてくる。
ほのぼのはいいのだけど、そこに人生の重さが感じられないので、ちょっと軽さが目立つようになってくるわけだ。
「いくら何でも、そこまでうまくいくかね」みたいな感じ。

しかも、最初に出てくる若者二人の演技が下手だった(特に男の方)ので、「もしかしたら失敗か?」とさえ思ったほど。
次に出てくる親子も、ちょっと違和感はあった。

しかし、最後のお客さまとして、中村嘉葎雄と渡辺美佐子が出てきた時点で一変。
やはり重鎮のこの二人が出てくると、画面が引き締まる、というのか、ちょっと重みが出てくる。
ここで、不覚にもちょっとほろっとしてしまった。

最後は、まあ定番のオチみたいな感じで終わるのだけど、個人的には、大泉演じる水縞クンと原田演じるりえ夫婦の過去みたいなものにも、もう少し触れてほしかった気もする。

とは言え、全体的にはまずまず
最初から最後まで「ほのぼの」で、変なヒネりがなかったのは、逆に良かったかも知れない。

ということで、評価は「B」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
338位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR