映画評564 ~ TIME

今回は、「TIME」

映画120225


テクノロジーの発展によって老化を克服し裕福な者は永遠に生きられる一方、貧しい者は寿命のために働き続けなければならない近未来を舞台にしたアクション・サスペンス。監督は『ガタカ』のアンドリュー・ニコルが務め、斬新な発想で時間に支配された究極の格差社会を描き出す。

主演は、ジャスティン・ティンバーレイク
共演は、アマンダ・セイフライド、アレックス・ペティファー、キリアン・マーフィ、ヴィンセント・カーシーザー
その他、マット・ボマー、オリヴィア・ワイルド、ジョニー・ガレッキ、コリンズ・ペニー、ベラ・ヒースコーストなど


<ストーリー>
科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。富裕層は寿命を気にしなくていい一方、貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせく働き続けなければならなかった。貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまう。


「命(時間)を金で買う」という設定はなかなか斬新だとは思ったのだけど、ネット上の評判があまり良くなかったので、見るのをちょっと躊躇していた。

いわく「ツッコミどころが多すぎる」ということなのだが、確かに「ん?」というところは結構あったと思う。

ただ、話の流れの中では、見逃してもあまり影響がない感じだったので、全体的には悪くなかったと思う。

「25歳で生体の成長が止まる」というのは、つまり皆見た目は若いわけだから、母も妻も娘も、みんな似たような感じなので、ちょっと気持ち悪い。
でも、それさえ慣れてしまえば、どうということはない。

主人公の青年が、どうやって富裕層が済む世界に入ることができたのかとか、逆に富裕層の娘が、どうして貧民街に入ろうなどと思ったのか、という心理的な部分も、特に違和感はなかった。

出演者で言えば、主人公のジャスティン・ティンバーレイクはなかなかカッコよかった。
共演のアマンダ・セイフライドは、「マンマ・ミーア」の時とはまったく違う雰囲気で、これまた良かったと思う。

また、時間の監視員役のキリアン・マーフィが、なかなかいい味を出していたと思う。
普段は、どちらかと言うと、悪役のイメージがある人だけど、それだけに今回の役どころは、彼のイメージだからこそできたのかも知れない。


ツッコミどころと言うか、細かい点では、やはりいくつか気になったところがある。


まず、物語は世界のすべての人たち老化現象がなくなった、という設定なのに、出てくるのはアメリカのごく一部だけ。
結局、貧民層の人たちがお金がないために早死にしなければならないのは、ある一人の富裕者が、すべての時間(命)を手に入れているから、みたいな展開だったけど、いくら何でもそれでは無理がある。

しかも、最後に主人公が、その富める者から奪い返した時間を、皆に分け与えるというシーンがあるのだけど、世界中の人間に分けるなんて、ちょっと不可能だ。
にもかかわらず、あっという間に、世界中(?)少なくともアメリカ全土の命が延びているようになっていたのは、辻褄をどう合わせるつもりだったのだろうか。


あと、貧民街にも、時間を「売る」施設(銀行みたいなところ?)があるのだけど、「時間の素」みたいなものがたくさんあったにもかかわらず、主人公に襲われた時には、何の抵抗もしなかった。
つまり、警備などまったくしていなかったわけだ。
いくら何でも、こんな銀行はないだろう。

あと、世界中の時間を持っているもっとも富める者が襲われた時も同じ。
ボディガードがついていると言っても、そのボディガードの中に主人公が紛れ込んでいることさえ気が付かないようなボディガードではいかんだろう。

このあたり、「ちょっとでも多くの時間を持っていれば、それを奪われる危険性がある」というのは、全体に流れる重要なことであるはずなのに、肝心の「奪われる危険性の高い」人たちが、まったく防備をしていないのは、見ていて違和感バリバリだ。


結局のところ、近未来らしき設定というのは「時間をお金で買うことができる」ということだけで、後は何にも変わらない。
だから、「命をたくさん持っている人は、すぐわかる」というすばらしいシステムを持っているにもかかわらず、それが「誰から誰に移ったのか」ということは、まったくわからない。
じゃあ、その命の量って、いったいどうやって量ってるのか、ということをまったく考えていない感じ。


などなど、今思い起こせば、こんな感じでたくさん出てくるのだけど、見ている間は、あまり違和感がなかった。
私がニブいということもあるだろうけど、全体の流れを束縛してはいない、ということではなかろうか。

ということで、いろいろツッコミどころはあったものの、思ったより面白かったので、評価は「B」にします。



最後に、ホントにしょうもないツッコミかも知れないけど・・・

主人公が、ギャングのボスと時間を賭けた勝負をした際、彼は「親父から習った、勝負に勝つコツ」ということで、「相手にわざと時間を取らせる。そうすると、相手は人の時間ばかり気にしているので、自分自身(相手自身)の時間をおろそかにしてしまう」みたいなことを言っていたが・・・

さっぱり意味がわからん!

相手から時間を奪っている間は、当然のことながら、自分自身の時間は同じだけ増えている。
その時間を気にしようが、気にしまいが、まったく関係ないだろうに。
時間が表示されていない方の腕同士で勝負をしているわけだから、お互いに相手の時間表示を見ているのは当たり前。
この部分、いったい何のことやらよくわからなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
293位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR