映画評569 ~ センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島

今回は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」

映画120331

ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」を題材にした2008年の前作に続き、同作家の「神秘の島」をモチーフにしたアクション・アドベンチャー大作第2弾。巨大な昆虫や小さな動物など大小が逆転した生物や、金の山が存在する不思議な島で繰り広げられる冒険を迫力満点のスケールで描く。前作に引き続き少年ショーンをジョシュ・ハッチャーソンが演じるほか、“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンや『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのヴァネッサ・アン・ハジェンズが出演。

主演は、ジョシュ・ハッチャーソン
共演は、ドウェイン・ジョンソン、マイケル・ケイン
その他、ヴァネッサ・ハジェンズ、ルイス・ガスマン、クリスティン、デイヴィスなど


謎の島からの遭難信号を受け取ったショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)は、義父のハンク(ドウェイン・ジョンソン)と共に島へと旅立つ。二人がたどり着いたのは「神秘の島」。巨大なトカゲやハチ、小さな象など自分たちの世界とは大きさがまったく違う生物、金の山やアトランティスといった驚くべき光景に遭遇する。しかし、その島はもうすぐ沈む運命にあった。


私の大好きなSFアドベンシャーものだけど・・・

残念ながら、吹替え版しかなかった。

だから、ドウェイン・ジョンソンなど、声を知っている俳優は、いくらプロの声優とは言え、何だか違和感がある。

ストーリーは、極めて単純。

父が追い求めていた神秘の島が、実は存在することがわかり、それを義父とともに探しにいく少年。
二人を島に連れていってくれるのは、調子のいいおっさんと、そのかわいい娘。
少年と娘は、当然のように恋に落ちる。
そして一行は、苦難の末に神秘の島にたどり着き、そこで少年の祖父に会う。
しかし、島は火山の噴火のせいで海に沈もうとしており、最初は仲が悪かった少年と義父も、次第に協力し合うになり、二人は昔ネモ艦長が作った潜水艦を探し当て、それで脱出する。
そして、最後はすべてがハッピー・エンド。

その神秘の島とは、実はヴェルヌの「神秘の島」と、スウィフトの「ガリバー旅行記」、そしてスティブンソンの「宝島」の3つを合わせたものだ。
それに「海底2万哩」が加わっている。

別に、それぞれの話をうまく繋ぎ合わせたのではなく、ただ3つの小説に出てくる島は、すべて同じ島である、という前提で作っただけ。
ついでに、「海底2万哩」のネモ艦長を適当に付け加えたもの。

しかも、その展開が早くて、どうしてそうなった?という説明的なものは一切ない。

だから、見ていて「お~!」と感心する部分がほとんどない。

さらに・・・

この島では、動物と昆虫・鳥の大きさが逆になっているのだけど、それによって特に大きな弊害はない。
襲ってくるのは、トカゲと鳥の化け物だけど、本来であれば、一番怖いのは、巨大化した昆虫のはず。

にもかかわらず、なぜか急にその昆虫であるミツバチの背中に乗って移動する。
しかも、ただそのミツバチに乗っているのではなく、何とミツバチの飛行を自由自在に操る。
このあたりは、見ていてさっぱりわからない。

だから、せっかくの冒険も恋の行方も、「何だかなあ」というものばかりで、ほとんど中に入っていけず、どの登場人物にも感情移入できなかった。

唯一、主役級のドウェイン・ジョンソンに存在感があるくらい。
後は、ヴァネッサ・ハジェンズがちょっと魅力的だった程度。

前作も、ちょっと無理のある展開だった記憶があるけど、今回もまたしかり。
あっちこっち話をつなげてしまうと、こんなになっちゃうという悪い例のような気がする。

何だか残念でした。

ということで、評価は「C」にします。



そう言えば・・・

この映画の前に、アニメの短編があったのを忘れていた。

あまりにもツマらなくて、唖然とした覚えだけある。

タイトルも・・・

忘れた!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR