映画評583 ~ ベルセルク黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略

今回は「ベルセルク黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」

映画120624

手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞したこともある、三浦建太郎原作の人気漫画「ベルセルク」を基に描くダークファンタジー3部作の第2弾。愛好家たちにも好評の劇的な展開が繰り広げられる「黄金時代」を中心に、本作では「鷹の団」のメンバーたちがドルドレイ要塞攻略に挑む姿を映し出す。3部作すべての監督を務めるのは、OVA作品『バットマン ゴッサムナイト』の窪岡俊之。


<ストーリー>
激動の戦乱期、自分の身長ほどの剣を難なく使いこなす剣の名手ガッツは、やがて傭兵集団「鷹の団」と行動を共にするようになる。彼は数多の戦いを乗り越えてきたが、自分が団長グリフィスの夢に振り回されていることに気付き、彼との決別を覚悟する。そんな折、ミッドランド王国より鷹の団にドルドレイ要塞陥落の命令が下される。


前作(3部作の1作目)は、まったく何の予備知識もなしに見たところ、意外と面白かったので、引き続き見ることにしたものだ。

何と言っても画がきれいだ。

あと、戦いの場面も迫力満点で描かれている。

まあ、今回はちょっとエグい、というか、際どい描写も結構あったのだが、全体的にとても見やすい。

物語の展開としても、トントン拍子というわけではなく、適度にヒネりを加えながら、いい感じで進んでいる。

次回最終作に向けての仕掛けは十分、というところだろうか。


ただ、あら探しをするとすれば・・・

難攻不落とされたドルトレイ要塞に陣取るチューダー帝国の幹部たちがアホすぎること。

いくらグリフィスを生け捕りにするため、とは言え、5千人の敵兵(鷹の団)に対して、3万人の兵の大半を繰り出すなんて、アホ以外の何物でもないだろう。

それに、「鷹の団」がドルトレイ要塞に侵入する方法も、ちょっと不自然。

敵(チューダー帝国)の将軍を人質にしていたキャスカたちが潜入できたのはいいとしても、他の軍勢が城門から中に入っていくのに、チューダー側の大軍勢に見つからずに、いったいどうやって城門までたどり着いたのだろうか。

それと・・・

チューダー帝国の兵士が弱すぎる!
いくら何でも、やられすぎ。


でもまあ、違和感があったのはその程度。

全体的には、なかなか面白かったので、評価は「B」にします。

第3部も、もちろん見ます!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
222位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR