映画評588 ~ ダークナイト・ライジング

今回は「ダークナイト・ライジング」

映画120728

鬼才クリストファー・ノーラン監督が、『ダークナイト』に続いて放つアクション大作。8年間平和を保ってきたゴッサム・シティを狙うベインが出現し、再びダークナイト(バットマン)と激しい攻防を繰り広げる様子を映し出す。今回も主演のクリスチャン・ベイルをはじめ、マイケル・ケインやゲイリー・オールドマンらが続投。新キャストのアン・ハサウェイやトム・ハーディらと共に見せる、最終章にふさわしい壮絶なストーリー展開に熱狂する。

主演は、クリスチャン・ベイル
共演は、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ
その他、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン・レヴィット、モーガン・フリーマン、リーアム・ニーソンなど


<ストーリー>
ジョーカーがゴッサム・シティを襲撃するものの、ダークナイトが死闘を繰り広げ彼を撃破してから8年後。再びゴッサム・シティの破壊をもくろむベイン(トム・ハーディ)が現われる。


これは凄かった。

ストーリー的には賛否あるみたいだし、派手なCGがあるわけではなく、アクションもそこそこなんだけど、何と言えばいいのか、うまく表現する言葉が見つからない。

とにかく160分があっという間だったのは確かだ。

3部作の最終作だそうだが、前作「ダークナイト」は見たけど、第一作「バットマン・ビギンズ」は見ていない。
けれど、その必要はないと思えるくらいだったと思う。

原題は「THE DARK KNIGHT RISES」で「RISE」という動詞を使っているにもかかわらず、邦題では「ライジング」となっている。

「ライジング」だと、「上る、昇る」みたいなイメージがあるのだが、「RISE」という動詞には「蘇る」とかの意味のほかに、「暴動が起きる」とか」嵐が来るとかいう意味もあるらしいし、こっちの意味だと映画の内容にも合っている感じがする。

まあ「ライジズ」よりも「ライジング」の方が何となくカッコいい響きではあるのだけど・・・


さて、今回の悪役ベインは、バットマンよりも強い。

と言うか、バットマンもスーパーマンみたいな感じではなく、普通の人間みたいに描かれている。
だから、中盤では、このベインにボコボコにされる。

このベインは、前作のジョーカー同様に、街を支配する、というよりは、破壊することが目的のいわば狂人なので、余計に厄介だ。

しかも、この背後にいろんな人が絡んでいて、味方だと思っていた人が実は敵であったり、敵だと思っていた人が味方になったりと、終盤になって特にドンデン返しが繰り広げられる。

最初は、もっと残酷な映画だと思っていたのだが、前作同様とても「重い」内容だ。

前作の準主役であるアーロン・エッカートも写真だけ登場するし、第一作で渡辺謙が演じていたラーズ・アル・グールの名前も出てくるのだけど、まあそれらを見なくても、面白く見ることはできると思う。


もちろん、ツッコみどころはいくつかある。

先述した人間らしく描かれているバットマンだけど、相変わらず神出鬼没だし、高い塔の上にも平気で登っている。
これでベインに負ける理由がよくわからない。

あと、ベインの策略によって地下に閉じ込められた警官たちだけど、3カ月も閉じ込められていた割には、ヒゲが伸び放題というわけでもなく、姿恰好も小綺麗だったので、まるで街中から出てきた人みたいだった。
これはいくら何でも違和感がある。

その地下から出てきた警官たちと、ベインの部下たちが大乱闘をするわけだけど、銃器を持っているベイン側が押されているのも、何だか変。
だいたい、機関銃の弾がほとんど当たっていないのは、どうなんだろう。

あと、小型とはいえ、核爆弾があんな程度の爆発でいいの?

などなど・・・


ただ、そんな粗も気にならないくらい、スムーズな展開だったように思えたのは、やはり演出のうまさなんだろうと思う。


ということで、前作ほどのインパクトはなかったものの、とても面白く見ることができたので、評価は「A」にします。


最後の最後に、ブルース・ウェインがちらっと映ったのは、妄想だったということ?
それとも、次回作があるの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
297位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR