映画評595 ~ ロック・オブ・エイジズ

今回は「ロック・オブ・エイジズ」

映画120923


トニー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、ブロードウェイを筆頭に世界各国でヒットを記録し続けているミュージカルを映画化。1987年のロサンゼルスを舞台に、音楽で成功することを目指して奮闘する青年と少女の恋と夢の行方が、1980年代のロック・ナンバーに乗せて映し出されていく。『バーレスク』のジュリアン・ハフ、本作で映画デビューを果たすディエゴ・ボネータが主演を飾り、伝説的ロック・スターにふんするトム・クルーズやキャサリン・ゼタ=ジョーンズら、実力派たちが脇を固める。ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズの指導を受けた、トムの堂に入ったロックン・ローラーぶりも見逃せない

主演は、ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ
共演は、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッテイ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
その他、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、アレック・ボールドウィン、トム・クルーズ

<ストーリー>
1987年のハリウッド。サクセスをつかもうとする若者たちがひしめく大通り、サンセット・ストリップに建つライブハウス。そこで働きながらロック・スターを目指すドリュー(ディエゴ・ボネータ)とシンガーになるのを夢見て田舎から飛び出してきたシェリー(ジュリアン・ハフ)は、次第に心を寄せ合うように。一方、彼らがあこがれている人気バンド「アーセナル」のフロントマンであるステイシー(トム・クルーズ)は、成功に酔いしれ、酒と女におぼれていた。そんなある日、ひょんなことからステイシーとシェリーが関係を持ったとドリューが思い込んでしまい、二人はケンカ別れをしてしまう


これは最高!

1980年代のロックを中心としたロック・ミュージカルだから、昔よく聞いていた曲ばかりで、嬉しいやら懐かしいやら・・・

いきなりヒロイン・ドリューが乗るバスの中で、ナイトレンジャーの「シスター・クリスチャン」とデイヴィッド・リー・ロスの「まるっきりパラダイス」が流れてきた時点で鳥肌ものだった。

最初はトム・クルーズが主役かと思っていたが、そうではなく、若いジュリアン・ハフとディエゴ・ボネータ。
中でもジュリアン・ハフは、とても魅力的だし、歌もうまくて良かった。

とにかく大好きだった曲が流れてきただけで嬉しかったので、内容はどうでもいい、と思えるくらいだった。

・・・というほど内容も悪くなく、トム・クルーズの役も最初はいらないかと思っていたけど、もちろんそんなことはなくて、ロックをうまく使ってきちんとしたストーリーになっていたし、こちらも感動的だった。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズも、「シカゴ」などで実績があるのは知っていたけど、あそこまでやるとは・・・

時折「えっ?」と思えるような下ネタシーンもあったけど、それも適度に笑いにつながっていて、とにかく感動の120分だった。

この映画は80年代のロックにハマっていない人には、あまり面白いとは思えなかったかも知れないけど、私にとっては言うことなし!

だから、エンドロールが流れている最中もずっと聞いていて、珍しく最後までいました。

ということで、ちょっと過大評価かも知れないけれど、評価は「S」にします。


ちなみに、劇中で流れていた曲は以下の通り。(曲名、歌手・グループ、年次)


①「パラダイス・シティ」ガンズ・アンド・ローゼズ(1988年)

②「シスター・クリスチャン」ナイトレンジャー(1984年)/「まるっきりパラダイス」デイヴィッド・リー・ロス(1988年)/「ナッシン・バット・ア・グッド・タイム」ポイズン(1988年)

③「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー(1981年)/「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ(1981年)

④「強気で愛して」パット・ベネター(1980年)

⑤「ガール・ライク・ユー」フォリナー(1981年)

⑥「モア・ザン・ワーズ/ヘヴン」エクストリーム(1991年)

⑦「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ(1986年)

⑧「アイ・ウォナ・ノウ」フォリナー(1984年)

⑨「アイ・ウォナ・ロック」ツィステッド・シスター(1984年)

⑩「シュガー・オン・ミー」デフ・レパード(1988年)

⑪「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ(1981年) 

⑫「シャドウ・オブ・ザ・ナイト/ミスティ・ハート」パット・ベネター(1982年) クォーターフラッシュ(1981年)

⑬「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク(1982年)

⑭「涙のフィーリング」REOスピードワゴン(1985年)

⑮「お気に召すまま」ジャーニー(1980年)

⑯「undercover Love」現時点でオリジナルは不詳

⑰「エヴリローズ・ハズ・イッツ・ソーン」ポイズン(1988年)

⑱「ロック・ユア・ライク・ア・ハリケーン」スコーピオンズ(1984年)

⑲「シスコはロック・シティ/ウィアー・ノット・ゴナ・テイク・イット」ジェファーソン・スターシップ(1985年) ツイステッド・シスター(1984年)

⑳「ドント・ストップ・ビリーヴィン」ジャーニー(1981年)


なお、⑳の後に「カモン・フィール・ザ・ノイズ」(クワイエット・ライオット)1983年と「ロック・ユア・ライク・ア・ハリケーン」スコーピオンズ(1984年)が流れていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
180位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR