映画評597 ~ ボーン・レガシー

今回は「ボーン・レガシー」

映画120930

暗殺者ジェイソン・ボーンと彼をめぐる陰謀を、壮大なスケールで描いた『ボーン』シリーズの裏で進行していたストーリーを描くアクション大作。前3作と同じ世界と時系列を舞台に、ジェイソン・ボーンとは別の暗殺者アーロン・クロスが繰り広げる戦いを活写する。『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが暗殺者アーロンにふんし、体を張った見せ場を次々と披露。また、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズなどの実力派が共演してドラマを盛り上げる


主演は、ジェリミー・レナー
共演は、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョーン・アレン、アルバート・フィニー
その他、デヴィッド・ストラダーン、スコット・グレン、ステイシー・キーチ、オスカー・アイザック、コーリイ・ジョンソンなど


<ストーリー>
最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり


「ジェイソン・ボーン」シリーズは面白かった。

この「ボーン・レガシー」はその続編とも言うべき作品で、しかもボーンと匹敵する能力を秘めた男、ということで大いに期待していた。

ところが・・・

まず主人公・アーロン・クロスの強さが伝わってこない。

いや、結果的には相手に勝っているのだから、強いことは間違いない。

しかし、途中でオオカミと戦うシーンでは、かなり動揺している感じがしたし、フィリピンでの死闘の時には、明らかに弱気になっていた。

一言で言えば「冷静さ・冷徹さが感じられない」ということだろうか。

さらに、最後の敵・No.3との戦いでは、最終的に倒したのはアーロンではない。

そういう意味で、見ていて常にモヤモヤ感があった。
「ホントに大丈夫か?」という感じだ。

ストーリー展開も、今いち盛り上がりに欠けていて、ちょっと不満が残る。

だいたい、No.3の登場って反則だろう。

こいつも暗殺者の一人なんだけど、ストーリーの中で「今進んでいる極秘計画に関係している人たちは全員殺す」という流れがあって、主人公とヒロインであるシェアリング博士以外は「全員死んでいる」はず。

それなのに、こんなヤツが残っていたなんて、ちょっと卑怯だ。

しかも、見かけの割にはあんまり強くなかったし・・・


とにかく、全編通して、どう見ても、ジェイソン・ボーンの足元にも及ばない。

最初から最後まで、モヤモヤしながら見ていた。

最後の最後に、「ジェイソン・ボーン」シリーズでお馴染みのパメラがちょっと出てきた時に「おっ!」と思ったくらい。

そう言えば、冒頭のシーンでは、「ボーン・アルティメイタム」の最後の場面、ボーンが敵に追い詰められ、撃たれて海に落ちたシーン(と同じシーン)が出てきたので、かなり期待してしまったのに、ちょっと残念だった。


ということで、評価は「C」にします。


これって、続編があるんだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR