映画評613 ~ ルーパー

今回は「ルーパー」

映画130113

タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とするすご腕の殺し屋が、殺しのターゲットとして転送された未来の自分とのスリリングな追跡劇を繰り広げるSFアクション。『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『ダイ・ハード』『エクスペンダブルズ』シリーズのブルース・ウィリスが、それぞれ主人公の現在と30年後を演じる。監督は、『BRICK ブリック』でジョセフとタッグを組んだライアン・ジョンソン。

主演は、ジョセフ・ゴードン=レヴィット
共演は、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン
その他、パイパー・ペラーボ、ジェフ・ダニエルズ、トレイシー・トムズ、フランク・ブレナン、シゲャレット・ディラハントなど


<ストーリー>
未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、「ルーパー」と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは、何と30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。ジョーは、未来の自分の殺害をためらい逃がしてしまうが、その後未来の自分から、やって来た理由を明かされる。


う~ん、何だかよくわからない作品だった。

難しかった、というのか、「設定がムチャクチャ」というのか・・・

「ルーパー」とは、30年後の未来から送られてきた人物を始末する暗殺者のこと。

そこに、30年後の自分が送り込まれてきたら・・・という物語だ。

当然のことながら、そこで未来の自分を殺すわけだから、殺した自分の未来は30年後まで。

しかし、30年後には、30年前の自分に殺される。

つまり、無限ループみたいな話になってくるわけだ。

まあ、SFなので、そのあたりの設定にいちいちイチャモンをつけるつもりもないけれど、そういう設定で話を展開させるつもりであれば、最後までそうすればよかったのに。

すでにネットでは話題になっているけど、前半は「ターミネーター」だけど、後半は「オーメン」(または「AKIRA」?)という感じだ。

だから、前半は何とかついていけるし、「これって、結末はどうなるんだろう」という期待感がまだある。
しかし、中盤以降「オーメン」になってからは、何だか雲行きがおかしくなる。

だいたい、タイムマシンが可能な世界になったのに、どうしてそれは使用禁止になってしまったのか。

しかも「だから、裏で悪党であるレインメーカーが悪用するようになってしまった」って、まるでアル・カポネが暗躍した「禁酒法」時代みたいな設定にするから、話が変になってしまう。

「酒を売買するのを禁止する」というのと「タイムマシンを使用することを禁止する」っていうのとは、どう考えても次元が違うだろう。

しかも、タイムマシンはその1台だけみたいだし、ずいぶんと古めかしい機械だった。

その頃(2044年頃)の機械技術って、いったいどうなってんの?

さらに、そのレインメーカーが「ルーパーを始末し始めた」というのも理由が不明だけど、そもそもレインメーカー率いる悪党軍団の存在がよくわからない。

犯罪者を次々と過去に送り込むほどの組織力の割には、主人公の30年後であるブルース・ウィリス演じるジョーには簡単にやられちゃうし。

現在に重きを置いているので、そのあたりは何も考えてはいないみたいだった。


で、CMでもやっていた「衝撃のラスト」だけど、いくら鈍い私でも、あれは選択肢の一つに入る展開だろう。

つまり、主人公が30年後の自分を殺し損ねた時点で、未来は変わってしまっている。

だから、最後がどうなろうと「意外なラスト」にはなりにくいわけだ。

だいたい、TKとかいう超能力という概念を取りこんだりするから、わけがわからなくなってしまう。

そりゃあ、「衝撃のラスト」のためには必要な前提だったのかも知れないけど・・・


いずれにしても、発想は面白いのだけど、肉付けに失敗した作品みたいな感じだ。

まあ、発想の詰め込みすぎ、という言い方もできるだろうか?


ということで、前半は良かったのに、後半ちょっとグタグタになってしまったので、評価は「C」にします。

ちょっと期待していただけに残念!


最後に・・・

ブルース・ウィリスの30年前がジョセフ・ゴードンって・・・

似てないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
318位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR