映画評617 ~ ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

今回は「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

映画130202-2

世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。主演は、オーディションで選ばれた無名のインド人少年スラージ・シャルマ、共演にはフランスの名優ジェラール・ドパルデューが名を連ねる。227日間という長い漂流の中で、主人公がどのように危機的状況を乗り越えたのかに注目

主演は、スラージ・シャルマ
共演は、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデューなど


<ストーリー>
1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて・・・


これは困った。

予告編を見て、かなり期待していた。

そして、ある程度は期待通りに進んでいた。

もちろん、いかにもなCGはあざとかったし、動物ものなどのドキュメンタリーを見る機会が多い私としては、あまり「すごい!」という感じでもなかった。

それでも、パイとトラとの攻防(?)は、なかなかいい感じで進んでいたと思う。

所々にユーモアを交えていて、ホントいい感じだった。


しかし、終盤から一気に様子が変わる。

パイとトラが、ある無人島に到着するのだが、そこでの出来事が違和感バリバリだった。

その島には、ミーアキャットがたくさん、それこそ異常なほど生息していたのだが、彼らはパイには、何の警戒心も持たない。

でもまあ、ここまではいい。

しかし、そこへトラも上陸してきたのだが、それでもミーアキャットたちは、微動だにしない。
今まさに、目の前で仲間が襲われ食われているというのに。

このシーンで一気に興ざめ。

しかも、その島は「人食い島」だと言う。

「はあ?」という感じだ。
この時点では、半ば唖然とした状態だった。

当然のことながら、日本から来たという保険屋は、この話が信じられないと言う。
そうしたら、何とパイは保険屋に対して、トラと過ごした、というのとはまったく違う話を始める。

しかも、パイは話し終えた後「どちらがいい?」とまで言う。

ここは、いったい何がしたかったのか。
何を表現したかったのか。

私としては、この終盤の展開は余計だと思う。

例え、トラと過ごしたことが事実であったとしても、これでは台無しになってしまう。

だから、一瞬評価をDにしようかと思ったくらいだ。

それ以前にも、一時同じボートにいたシマウマ、オランウータン、ハイエナが、それぞれ殺され、食べられたにもかかわらず、その残骸がまったく残っていなかったシーンがあったので、ちょっと違和感があった。

いくら荒波に晒されて、残骸が流されてしまったとしても、血の後くらいは残っているだろうに。

でも、話の本筋とは関係がないので、気にしないようにしていたのだが、最後の最後で、もっと別の問題が出てきてしまった。


最初は「これは最低でもA評価だろう。もしかしたらS評価かも?」と思っていただけに、かなり残念だった。

とは言え、全体的には「いい話」なので、ぎりぎりのところで踏みとどまって、評価は「C」にします。


ちなみに、会社で同僚と「トラは、最後どうなると思う?死ぬのか、それともパイに食べられてしまうのか」という話をしていたのだが、両方とも不正解でした!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰しております

H∧Lさん

大変ご無沙汰をしております。

前回(いつだったか忘れてしまいましたが)メールをいただいた時に返信するのを失念しておりました。
失礼しました。

さて、「ライフ・オブ・パイ」を見ましたか。
私も、期待が大きすぎたせいか、がっかり感は相当なものでした。

ところで、H∧Lさんは、パイの話はどちらが本当だと思いますか?

ラストで、小説家が保険屋の報告書のコピーを見た時、確か「少年とベンガルトラと227日にわたる・・・」みたいなことが書いてあったような気がしたので、やはりトラと過ごしたのはホントじゃないかと。

ただ、だったら何であんなウソ話を付け足したのか、さっぱり理解できないわけです。

今年もたくさん映画を見るつもりです。
また、お暇でしたら感想を聞かせてください。

                                      はぶて虫
アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR