映画評625 ~ シュガー・ラッシュ

本日2本目は「シュガー・ラッシュ」

映画130324-2

数々の名作を生み出してきたディズニーが手掛ける、ゲームの世界を舞台にしたアドベンチャー・アニメ。人気ゲームの悪役でいることに疲れてしまったキャラクターが、お菓子の国を舞台にしたレース・ゲームの世界に入り込んでヒーローになろうとしたことから思わぬ騒動が巻き起こる。「マリオ」シリーズのクッパ、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフとベガなど、人気ゲームのキャラクターたちが次々と登場。彼らが悪役としての苦労をセラピーで吐露するなど、マニアならずともニヤリとしてしまう場面が満載だ。

声の出演は、山寺宏一、諸星すみれ、花輪英司、田村聖子、多田野曜平など


<ストーリー>
アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してお菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、友情を深めていくように。だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界のおきてに背く行為であり


これは面白かった。

吹替え版しかなかったのだけど、主演が山寺宏一だったし、直前に見た「ジャックと天空の巨人」の吹替え版がお笑い芸人ばかり(ウエンツ瑛士を含む)だったのと比べるとプロの声優さんばかりだったので、見ることにした。

そうしたら大正解。

吹替えがどうのこうのよりも、ストーリーが抜群に面白い。

というか、ヒロイン・キャラのヴァネロペがメチャクチャかわいい!

以前「S」をつけたことのある「怪盗グルーの月泥棒」と同じ(ような)娘だけど、表情の多様さも含めて、これだけ愛嬌のあるキャラクターだと、感情移入も簡単だ。

これだけでも「A」評価に匹敵するほど。

その他のキャラクターやも秀逸。

笑いあり、感動ありで文句なし。

今年は、あまり面白い映画がなかっただけに、評価はちょっと甘いですが「S」にします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
355位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR