映画評626 ~ ライジング・ドラゴン

今回は「ライジング・ドラゴン」

映画130413

香港を代表するアクション・スターのジャッキー・チェンがトレジャーハンターを演じるアドベンチャー。12体から成る清王朝時代の秘宝を捜し求めるトレジャーハンター軍団が、世界各国を巡るうちに陰謀に巻き込まれていく。全身にローラーブレードスーツを装着した壮絶なカー・チェイスをはじめ、ジャッキー・チェンが年齢を感じさせない超人的アクションを次々と披露する。

主演は、ジャッキー・チェン
共演は、クォン・サンウ、ジャン・ランシン、ヤオ・シントン、リャオ・ファン、ローラ・ライスベッカー
その他、アラン・サフィ、オリヴァー・プラット、ケニー・G、ヴィンセント・ツェ、スー・シーなど


<ストーリー>
19世紀に起きたイギリスやフランスの侵攻によって、中国から持ち出されてしまった清王朝時代の秘宝。それは12のパーツから構成されていたが、残る数体の所在が不明となっていた。世界的アンティークディーラーから幻のパーツの捜索を依頼されたトレジャーハンター「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。しかし、行く手を阻もうとする謎の敵と対峙。さらに、秘宝とその捜索の裏に巨大な陰謀が隠されていることを知る


ジャッキー最後のアクション超大作だそうだ。

そう自分で言っている。

確かに超大作だ。

スケールはデカいし、アクションも派手だ。

しかし・・・

何をしたいのか、何が言いたいのかよくわからなかった。


まず展開が早すぎる。

テンポがいい、というのではなく、早すぎる。

せっかく「12のパーツからなる秘宝」という設定があるのに、それがまったくといっていいほど生かされていない。

つまり、馬だの羊(?)だの動物たちの首像があるのだけど、どれがどれだかわからないし、それほど大事に扱われているわけでもない。

一番重要だと思われていた肝心の「龍」の首も、結局たいしたものではなかったし。

と言うか、すべての像が安っぽすぎる。
とても貴重な秘宝には見えない。


それに、ジャッキー演じるJCは泥棒だ。
トレジャーハンターなどと言うカッコいいものではない。

にもかかわらず、正義感の強いヤツという描き方をされている。

正義感の強い泥棒って、何だよ。

だから、最初から違和感のあるまま見ることになってしまった。

これが、ダークヒーローという設定であれば、まだ納得がいく。

だけど、最終的には、冒険した仲間はみんないいヤツだし、悪党だと思われていた男の中にもいいヤツがいるし、途中まったく登場もしない妻とのいざこざもうまくいくようになるし・・・みたいな展開で、いったいこっちはどうしたらいいの?

感動しろとでも?

相変わらず随所にちょっとした笑いを散りばめてはいるのだけど、如何せん展開が早すぎるので、笑ったりその余韻にふけったりしているヒマはない。

もう、こっちはただただ話についていこうと必死に見ているだけ。


そんなことより・・・

そもそもの設定が気に入らない。

今回ジャッキーたちの活動の理由が「かつて欧米諸国がシナから略奪した遺品や秘宝を取り返すため」だって?

周辺諸国に対して虐殺と略奪を繰り返しているシナが、まるで「略奪にあった不幸な国」みたいな描き方をされているのが違和感バリバリ。

ジャッキーも、香港がシナに復帰してから、何だか言動がおかしくなった、と言われているけど、今回の映画もそんな感じ。

しかも、劇中に出てくる海賊たちは、なぜか日本語を話していた。

もしかして、日本人にもいろんなものを略奪された、って言いたいわけ?

今まさに尖閣諸島を略奪しようとしているシナが、いったいどの口でもって「私たちは被害者です」などと言うのか。

プロパガンダ風の作りはしていなかったとは言え、見ていて不快な気分になってしょうがなかった。


最後に・・・

ジャッキーの十八番であるアクションだけど、確かにあの年でよく動いているなあ、という気はするけど、ただそれだけ。

女性同士の決闘(キャットファイト?)など相変わらず意味のない闘い(ケンカ)が多いし、ただアクションを見せたかっただけ、みたいなところが見受けられた。

予告編でやっていた全身ローラースケートで動き回るシーンも、冒頭にいきなり出てくるだけ。

あまり意味のあるシーンではなかった。


おまけで・・・

いつも通りエンドロールとともに「NG集」が流されるのだけど・・・

もう飽きた。

「失敗しました、ケガしちゃいました」って、毎度毎度同じ趣向で、まったく進歩がない。

昔なら、あれはあれでウケたのだけど、今はもはや笑いさえ出てこない。


ということで、見ている時には、それほど不満ではなかったのだけど、見終わって感想を書いているうちに、何だか腹が立ってきた。

なので、評価は「D」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR