映画評654 ~ 攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers

今回は「攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers」

映画131130

士郎正宗による原作コミックを基に押井守や神山健治がアニメ化し、国内外で人気を博す作品の前日譚を描いたSFアクションアニメの第2弾。総監督に『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の作画監督・黄瀬和哉、脚本に小説家の冲方丁、音楽をコーネリアスが担当するなど豪華スタッフが集結。草薙素子がロジコマの破壊を狙う武装集団との戦いを繰り広げる。かつて英雄と称されたソガ大佐や米軍情報部のエージェント・ヴィヴィーが草薙とどう絡み、戦うのか目が離せない


<ストーリー>
501機関から独立したものの、公安9課の荒巻からの誘いを断った草薙素子。そんなある日、何者かがロジコマをハッキング。その後、荒巻からの要請でロジコマをラボに移送する草薙は武装集団から攻撃を受ける。武装集団は、難民虐殺の罪を問われている混成78部隊の元上官ソガ大佐の無実を信じ、特殊軍事モジュールで電子的作戦を断行し、ロジコマを破壊しようとたくらんでいた。


前作を見て、あまりよくはわからなかったものの、好きなジャンルだし、こういう画も好きなので、続編も見ることにした。

内容については、前回と同じ!?

つまり、あまりよくはわからなかった、ということ。

だから、ハラハラドキドキもあまりしなかった。

原作ファンからすると、お馴染みの登場人物や結構有名なセリフとか出てくるらしいが、私の方は、逆に登場人物すべてが前回も出ていたような気がしていた。

それに、登場する人する人が、腕を撃ち落とされたり、足をもぎ取られたり、結構ムチャクチャな展開になるのだけど、皆さん無事みたい。

「こいつら、いったい何なんだ?」と思っているようではダメなんだろうけど、慣れてしまえば、別に気にならない。

何ともまあ評価のしにくい映画だけど、パート3が出たらどうするかと問われれば、たぶん見ると思うので、前回辛めにCにした分、今回は「B」にしておきます。

原作ファンからすれば、どうなんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR