映画評663 ~ ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

今回は「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」

映画140125

意欲的に海外の監督作品にも出演している西島秀俊が、『美しき野獣』のキム・ソンス監督と手を組んだサスペンスアクション。司城志朗原作のミステリー小説「ゲノムハザード」を映画化し、妻の死と奪われた記憶の謎を追う主人公が体験する驚きのてん末を描き出す。共演は、キム・ヒョジンと真木よう子。パワフルな展開はもとより、複雑に絡み合う謎が一気に氷解する衝撃のてん末に言葉を失う

主演は、西島秀俊
共演は、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり
その他、パク・トンハ、イ・ギョンヨン、伊武雅刀など

<ストーリー>
ある日、石神(西島秀俊)は自宅で殺害された妻を見つけてわれを失うが、いきなり鳴り出した電話の音で現実に引き戻される。電話に出ると通話の相手は死んだはずの妻で、彼は混乱したまま警察を装った男たちに追われることに。そんな彼に正体不明の女性記者(キム・ヒョジン)や、彼の妻をかたる謎の女性(真木よう子)らが近づいてきて・・・


目下人気・実力ともに急上昇の西島秀俊主演映画ということで、ちょっと期待していた。

しかし・・・

日韓合同作品である。

西島クンが「Kの法則」に引っ掛からなければいいのだけど。

しかも、原作は舞台も登場人物も日本だけらしい。

何であの国を入れてきたのか理解できない。

さらに、主人公は実は韓国人、そして天才科学者・・・って、もしかしてノーベル賞を取れないのが悔しくて、わざわざそういう設定にしろ、とねじ込んできたの?

随所に出てくる韓国語が、何とも聞きづらくて(?)ちょっと不快だった。

そして、ヒロインの女性記者の日本語が下手なものだから、余計に違和感がある。

さて、内容の方だけど・・・

序盤からわけのわからない展開が始まる。

記憶がどうのこうの、というのだけど、何だかよくわからない。

よくわからない中で、主人公が日本人になったり韓国人になったり・・・はいいのだけど、後で考えても、何だか辻褄が合っていないような気がしてならない。


元々の科学者からデザイナーに「記憶」が変わるのはいいのだけど、それですぐに綺麗な絵が描けるものだろうか。

しかも、右利きと左利きも変わってしまうなんて。

確かに脳からの指令が変わったとしても、すでに身体の方は、元々の生活に慣れてしまっているわけだから、そう簡単にいくとは思えないのだけど。

だいたい、すでに中味が別人になっているというのに、彼(元々の天才科学者)の研究資料を盗もうとしたところで、覚えているはずがないだろうに。

そのあたりが見ていてややこしい、というのか、違和感のまま話が進むので、余計に物語に入っていけない。

しかも、余計なカーアクションが、時間が前後して挿入されているので、何が何だかよくわからない。

さらに、周りの人間たちが、石神が入れ替わっていることに、まったく気がつかない、というのもあり得ないと思う。

石神が天涯孤独というのならまだしも、専門学校へ行ったり就職したりしているのだから。

この監督は話の辻褄というものをちゃんと考えて作っているのか?

ホント、そんな映画でした。

盛り上がりも今いちだったし。


せっかく西島秀俊は頑張っていたというのに、かなり残念でした。

しかも、真木よう子の使い方がもったいないし、逆にヒロインは美人でもなんでもないものだから、感情移入さえできない。


ということで、評価は「C」にします。


後は・・・

西島秀俊の身に不幸が降りかからなければいいのだけど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
245位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR