映画評693 ~ るろうに剣心/京都大火編

今回は「るろうに剣心 京都大火編」

映画1407803

和月伸宏原作の人気コミックを基にした2012年の前作に続き、原作のクライマックスともいうべき「京都編」を前後編で実写映画化したアクション大作の前編。日本制圧をたくらむ強敵を倒すべく京都へと向かう、人斬り抜刀斎こと緋村剣心の活躍を描く。主演の佐藤健やヒロインの武井咲らが引き続き出演するほか、剣心の宿敵役の藤原竜也や伊勢谷友介らが新たに登場する。監督は、前作と同じくテレビドラマ「龍馬伝」や『ハゲタカ』などの大友啓史。迫力満点のスケールと驚異的なアクションに目を奪われる

主演は、佐藤健
共演は、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也
その他、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、宮沢和史、小澤征悦、高橋メアリージュンなど


<ストーリー>
かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。


第一作が思った以上に面白かったので見ることにしたのだが・・・

やはり、第二作目っていうのは、どうしても期待以下になることが多いので、ちょっと心配はしていた。

実際、第一作は幕末から新時代の幕開けにかけての流れの中で、登場人物も含めて結構魅力的なものばかりだったのに比べると、さすがに内容がマンガチックになっている。

まあ、原作がマンガだからある意味しょうがないとは言え、何だかわけのわからない連中が出てきて、意味不明の行動を取るので、随所で荒唐無稽な感じがする。

今回の敵役である志々雄真実も、あれだけ刀でメッタ刺しされた後、火をつけられて焼かれたというのに、何で生きてんの?というのは正直な感想。

討伐隊に取り囲まれて銃で撃たれても当たらないし、かと言って弾を避けている感じでもない。

じゃあ不死身のバケ物なのか、と言えばそうでもなくて、ただただ敵役として「トンデモないヤツ」を選定した、というだけの存在みたいだ。

そういう意味では、伊勢谷友介演じる四乃森蒼紫も、何のためにいて、何をしたいのかよくわからない存在だ。

たぶん完結編では、そのあたりを明らかにするのだろうけど、どっちかと言うと「どっちでもいい」存在だ。

第一作でいうと、吉川晃司と同じ立ち位置のような存在だけど、吉川晃司の場合は、抜刀斎の名を語って悪事を働いていたのだから、主人公と対峙するのは自然な流れだ。

でも、四乃森蒼紫の方は、直接の恨み辛みはないわけで、「どっちが最強かを決める」とか言ってるけど、それは志々雄真実も「抜刀斎の後継者」としては似たようなものだから、主人公と戦う理由はほとんどなく、あんまり存在理由がないような気がする。

さらに、志々雄真実の手下も変なヤツばかりで、手下ではないけれど仲間となる「10人衆」も、とても強そうに見えない上に、単なる頭のおかしい連中にしか見えない。

その「10人衆」の中で、ただ一人金髪の男だけが、主人公と立ち合うことになるのだけど、あの展開もよくわからないし、アジトに帰ってこなかったにもかかわらず、志々雄真実は気にする様子もない。

あのエピソードも、あまりよくわからなかった。

いずれにしても、第一作と比べても、登場人物は1枚も2枚も格が落ちる。


ついでに登場人物で言えば・・・

武井咲は、第一作では殺陣がほとんどなかったので、あまり違和感はなかったのだけど、今作は結構殺陣も多い。
そうして見ると、やはり下手さが前面に出てしまう。

殺陣をするのに、やはりあの声は違和感バリバリだろう。
それでなくても、チャンバラに女子供は余計だと言うのに・・・

蒼井優と比べても、女優としての格の違いは歴然だ。

ケンカ野郎の青木崇高も、結構下手だなあ、と改めて思う。

それに比べると、まだまだガキだと思っていた神木隆之介の方が存在感がある。


さて、内容の方だけど・・・

これだけ登場人物にケチをつけている割には、結構面白かった。

やはりアクションの多い時代劇は好きなので、動きが速いこのシリーズは、見ていて楽しい。

しかも・・・

志々雄真実との決着がまだついていないので、当然のことながら次回作に対する期待もある。

さらに、最後のシーンでちょろっと出ていたあの人の存在も気になるし。

たぶん重要な役どころなんだろうけど。

もちろん、次回作(完結編)は見ますよ。


評価は「B」にしておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
335位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR