映画評696 ~ イントゥ・ザ・ストーム

今回は「イントゥ・ザ・ストーム」

映画140823

史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック。ジャンボジェット機も簡単に飲み込む直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまを、臨場感あふれる映像で映し出す。メガホンを取るのは、『タイタニック』『アバター』などに携り、ジェームズ・キャメロン監督からの信頼も厚い『ファイナル・デッドブリッジ』などのスティーヴン・クォーレ。出演は『ホビット』シリーズなどのリチャード・アーミティッジら

主演は、リチャード・アーミティッジ
共演は、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー、アーレン・エスカーペタ
その他、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス、ジェレミー・サンプター、リー・ウィテカー、カイル・デイヴィス、ジョン・リープなど


<ストーリー>
直径3,200メートル、秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、住民たちはシェルターに避難。一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて・・・


予告編を見る限り、ものすごい迫力で面白そうだったし、実際迫力はあった。

しかし・・・

どう見てもCGだなあ、という感じがして、今いちハラハラ・ドキドキしなかった。

内容的にも、親子愛あり家族愛あり、恋愛あり、確執あり、仲違いあり、主要人物の死亡あり・・・で、何か考えられるものすべてを盛り込んでいる感じだ。

まあ、一言で言えば「ベタ」である。

唯一予想外だったのは、「冒険バカと、そのバカの友達」の出現だろうか。

しかも、このバカ二人は竜巻にモロに巻き込まれてしまうのだけど、なぜか助かってしまう。

せっかくその直前に主要人物の決死の行動を描いて、その死を感動的なものにしようとしているのに、どうして最後に笑いなんか取ろうとするのだろうか。

などなど、全体的に中途半端なイメージ。

しかし、ベタとは言え、物語としてはまずまず面白かった。

だって、感動の要素てんこ盛りだし、それぞれにいい話だし、ダラダラ撮らずに100分程度にまとめているので、違和感はあまりない。

役者さんも、知らない人ばかりだけど、逆にそれがドキュメンタリーみたいに思えて、かえって良かったかも知れない。

下手に有名な役者さんだと、かえって違和感があったかも。


まあ、実際にあんな竜巻がきたらいったいどうなるか、という気はするのだけど、見ていてそれほど恐怖に感じなかったのは、やはりCG感バリバリだったからだろうか。

それにしては、うまく作っているとは思うけど・・・


ということで、「すげ~」と思える迫力はなかったけど、そこそこ面白かったので、評価は甘めに「B」にしておきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
266位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR