映画評700 ~ 柘榴坂の仇討

記念となる700回目の今回は「柘榴坂の仇討」

映画140920

『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君の仇討を命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚悟を持って生きる侍たちの姿を描く。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗、音楽を映画音楽の巨匠・久石譲が担当。『壬生義士伝』などの中井貴一が主人公を熱演し、阿部寛、歌舞伎役者の中村吉右衛門ら実力派が共演する。

主演は、中井貴一
共演は、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作
その他、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也、中村吉右衛門など


<ストーリー>
安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出し・・・


これは良かった。

時代的には、直前に見た「るろうに剣心」と同じで、幕末から新時代へと移り変わる過渡期を描いているのだが、「るろう」と違って、派手なアクションシーンはない。

しかも、ワイヤーアクションなどなく、たぶん竹刀なり刀をそのまま使用しているせいか、多少遠慮気味な部分があるので、迫力という点ではかなり劣る。

しかし、ストーリーがとてもいいので、そのあたりは気にならない。


ただ、冒頭シーンはちょっと残念だった。

いきなり主人公・志村金吾の夢の中で、主君・井伊直弼が襲われるシーンが出てくるのだが、その時の主人公は何だか頼りない感じの武士なので、ちょっと不安がよぎった。

「まさか、こんな情けない武士なの?」という感じだった。

だけど、その後の展開で、実はそうではないとわかるのだが、どちらかと言うといらないシーンだったような気がする。


さて、最大の焦点は、「仇討はいったいどうなるのか」ということ。

これも、中盤にきて何となく読めてくる。

それでも、こういう形で良かったと思う。
まっ、原作がそうなんだろうから当たり前と言えば当たり前なんだけど・・・

特に、その場所(柘榴坂)へ向かうまでのシーンは秀逸。

そして、最後中井貴一演じる志村金吾と、阿部寛演じる佐橋十兵衛が、それぞれの愛する人とのやり取りのシーンはなかなか良かった。

特に、広末涼子が抑えた演技でいい役どころを演じている。

ただ、何だか彼女もちょっと老けた感じ。

もしかして、時代劇向きではないのかも?

一方、阿部の相方は私の好みとはかけ離れていたせいで、ちょっと残念だった。

調べてみると、宝塚出身の元トップ女優らしいけど、見た目に華がなく、阿部が思いを寄せる女性という役どころにしては、ちょっと貧乏くさかった!?


あとの出演陣もなかなか揃っていた。

「鬼平」こと中村吉右衛門演じる井伊直弼が、画面全体を引き締めている感じ。

藤竜也も、かなり年を取った感じで、最初は頼りない役どころかと思っていたが、終盤ではびしっと決めていた。

吉田栄作は、ホント一瞬だけ。

堂珍クンは、残念ながら後で知った。

そして、主役の二人。

中井貴一と阿部寛では、やはり格は中井の方が上。

低い声でちょっと聞き取りにくい阿部に比べて、表情からセリフ回しから中井の方が貫禄充分だった。

最後の広末涼子とのシーンでは、さすがにちょっとうるっときてしまった。

終わり方も、あれで良かったと思う。


ということで、少し不満の部分もあるとは言え、最後のシーンでうるっときてしまっては、低い評価をつけるわけにはいかないので・・・

「A」にします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR