2014年映画総括 ~ 面白かった編

続いて、「面白かった編」

今年見た映画のうち、「S」評価だったものは1本、「A」評価だったものは11本あった。


「S」評価をつけたのは、今年は1本のみ。

「アナと雪の女王」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-692.html


「A」評価をつけたのは、以下の11本。

「ツナグ」(2012年作品)
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-686.html
「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-688.html
「LIFE!」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-694.html
「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-698.html
「るろうに剣心」(2012年作品)
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-712.html
「るろうに剣心 伝説の最期編」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-719.html
「柘榴坂の仇討」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-720.html
「イコライザー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-723.html
「トワイライト/ささらさや」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-727.html
「インターステラー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-732.html
「フューリー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-733.html


邦画・洋画ともに6本ずつと、半々だったので、邦画が健闘していると言えるだろうか。

また、アニメが2本、時代劇が3本、というのは相変わらずである!?


まずは「S」評価の「アナと雪の女王」

これはもう、あの主題歌がすべて。

もともとデイズニーのアニメはストーリーがしっかりとしているが、それにあの主題歌がつけば鬼に金棒。

しかも、私が見たのは公開2日目。

つまり、その後の狂騒が起こる前だったから、映画館であの主題歌を歌わされることもなく、普通に見ることができた。

あのバカみたいな騒ぎが起こった後だったら、いくら何でも「S」はつけなかったと思う。


次は「A」評価のものを簡単に。

「ツナグ」は2012年の作品だけど、なぜか映画館では見ていない。
主演の松坂桃李のことをよく知らなかったこともあるけど、見た目で「ジャニーズ系の優男」だと判断したのが失敗だった。
これは、感動的ないい映画だった。

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」は、単にクロエ・グレース・モレッツがかわいかった、というだけ。

「LIFE!」は、ちょっと不思議だけど、ほのぼのしていい映画だった。

「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」は面白かったし、良かった。
いつもながらよく出来ていると思うが、これまた傑作の一つだと思う。

「るろうに剣心」も2012年の作品だけど、当時は佐藤健と武井咲という二人に興味がない、というだけで映画館では見なかったもので、これが大失敗。
これほどスピーディーで面白い時代劇も久しぶりだった。
その後「るろうに剣心 京都大火編」はまずまずだったけど、最後の「るろうに剣心 伝説の最期編」もまた良かった。
内容的には不満だった人も多かったようだけど、ここまで次回作が待ち遠しかった作品も珍しいので、当然の「A」評価。
「S」ではなかったのは、福山雅治のシーンが冗長すぎたせいだろうか!?

「柘榴坂の仇討」は、「るろうに剣心」の後だっただけに、あまり期待していなかったのだけど、これまた良かった。
ハデな立ち回りがあるわけではないが、作りがとてもしっかりしていたと思う。

「イコライザー」は、クロエ・グレース・モレッツもかわいかったけど、内容もよく、デンゼル・ワシントンがとにかくカッコよかった。
誰かが「主演がスティーブン・セガールやジェイソン・ステイサムだったら、単なるアクション映画で終わっていただろうが、デンゼル・ワシントンだったので、内容に重みが出てきた」と言っている人がいたが、まさにそんな感じ。

「トワイライト/ささらさや」は、もちろん新垣結衣目当てだけど、内容もなかなか良かったと思う。
そして、新垣結衣は相変わらずかわいい!

「インターステラー」はSFだけど、スケールがデカくて、とにかくスゴかった。

最後「フューリー」は、面白い!と言うよりは、重い映画だ。
だけど、よくできていたと思う。


以上、「A」評価の映画総集編でした。


今年全体を通して言えば、58本のうち「C」が28本もあったのは、あまり面白い映画がなかった、ということだろうか。

特に「ノア 約束の舟」「西遊記 はじまりのはじまり」「ホビット 決戦のゆくえ」などは、期待が大きかった半面、それほどでもなかったことが大きいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
180位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR