映画評728 ~ コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ

今回は「コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ」

映画150507

人気テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」から派生した新シリーズ第3弾。ID登録を抹消されて戻る場所をなくしたアキトたちワイバァン隊の行く末、謎めいた軍師ジュリアス・キングスレイとシン・ヒュウガ・シャイングの対決を見つめる。前ふ作に引き続いて監督を務めるのは、テレビアニメ「鉄腕バーディー DECODE」シリーズなどの赤根和樹。入野自由を筆頭に、ボイスキャストもレギュラー陣が結集する。アキトたちの運命、ユーロ・ブリタニアとユーロピア共和国連合の戦いの行方も見どころ。


<ストーリー>
任務を遂行して帰還するアギトたちワイバァン隊だったが、ある者の策略でID登録を抹消されたために駐屯地に入ることができなくなってしまう。当てもなくさまよう彼らは、旅の生活を続けている老婆の集団と過ごすことになる。つかの間の休息を取りながら、アキトやレイラらは、お互いの過去や素性について知っていくように。一方、ユーロ・ブリタニアに謎多き軍師ジュリアス・キングスレイが着任。シン・ヒュウガ・シャイングは、対ユーロピア戦線を指揮する彼の姿を静観しつつ、自身の野望を達成すべく動き始めようとしていた。


原作も知らずに見ているこの映画もすでに第3章。

第1章・第2章と、割と面白かったし、1時間前後という短い作品だけに、ちょっと期待していたのだけど・・・

何だかつまらなかった。

結果から言うと、前半の20分は不要だった気がする。

ID登録を抹消させたから、いったいどうやってIDを再取得して城の中に入っていくのか・・・というのが、一つの盛り上がり場面だと思っていた。

しかし、そんなのはほとんど関係なく、意味もなく老婆軍団と生活する。

このババア軍団と一緒になるくだりも、結構くだらないけど、何のために生活したのかも、理解不能だ。

結局、ID登録については、ハッキングによって回復するのだけど、ああいうのが簡単にできるのだったら、もっと早くやれよ、という感じ。

陥れようとしたヤツも、城の門番(セキュリティ担当?)も、単に無能だった、という証明にしかならない。

そんな意味不明なのどかな描写の後は、突如としてバトルモードに入るのだけど、元々主人公をはじめとして、誰が誰だかよくわからないほど顔に特徴がないので、見ていてよくわからない。

どう考えたって、タイトルにもなっているアキトが主人公なんだろうけと、少なくとも前半を見ている限りは、こいつが主人公だなんて、誰も思わないと思う。

バトルにしても、機動戦士ガンダム(実は、これも見たことないのだけど)の二番煎じみたいで何だかよくわからない。


そんなこんなで、何だかよくわからないまま1時間はあっという間に過ぎた。

流れからして、第4章の予告があるに違いないと読んで、そのまま残っていて、確かにそれらしいもの(ついでに第5章も)はあったけど、あれではこの先どうなるのか、どうにも予想できない。

年内には、少なくともあと2章あるので、たぶん見るだろうけど、期待値がちょっと下がってしまったみたい。


いずれにしても、今回の評価は「C」にしておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR