映画評734 ~ ターミネーター:新起動/ジェニシス

今回は「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

映画150711

大ヒットシリーズ『ターミネーター』に、『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきたSFアクション大作。将来人類反乱軍を率いることになる男の母親を闇に葬るため、未来から送り込まれた殺りくマシンことターミネーターと、同型の古いターミネーターの直接対決を描く。監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのアラン・テイラー。およそ12年ぶりに本シリーズに復帰したシュワルツェネッガーの熱演はもとより、新たな展開に息をのむ。

主演は、アーノルド・シュワルツェネッガー
共演は、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、イ・ビョンホン、J.K.シモンズ、マット・スミス
その他、ダイオ・オケニイ・コートニー・B・ヴァンス、マイケル・グラディス、サンドリーヌ・ホルト、オットー・サンチェスなど


2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み・・・


これは面白かった。

すでに完結していると思っていたこのシリーズは、スターウォーズみたいに、その前哨譚を描くみたいな流れになっていたと思っていたけど、今回は「その後歴史は変わった、という流れになっていて、主演のシュワちゃん以外は、ジョン・コナーとサラ・コナーも配役は別の俳優さんになっている。

ただ、今回サラ・コナー役のエミリア・クラークは、私としては「どストライク」なので、見ていて楽しかった!?

これまで演じていたリンダ・ハミルトンとは、イメージが全然違うので、賛否あるとは思うけど、私としては文句なし。


内容の方だが、今回は「過去・未来」が変わってきているので、その後の展開も前4作を引き継いではいるものの、まったく別のものになっている。

あまり書くとネタバレになるので、今回はあまり書かないけど、そのあたりはうまくまとめていたと思う。

主演のシュワちゃんは、すでに60代後半のご老体だけど、旧型(T-800型)の人工皮膚組織は、人間の皮膚組織と同じで老化する、ということで、この旧型ターミネーターも見た目は老けているのだという。

そして、サラ・コナーを守る役目があるということだけど、イメージをよくするために、「笑う」ということを躾けられているのだが、これがちょっと笑えた。

ただし、アクションの方は、そこそこ。

全体にCGが多いので、そのあたりは仕方がないと思う。


ということで、このへんにしておきます。

評価は、内容の面白さに加えて、エミリア・クラークに魅入られたので、もちろん「A」です!


ただ・・・

エンドロールの後に、また重要な映像が流れのだとか。

まだまだ続編があるということ?

でも、こういうのは、もうやめてほしい。

聞きたくもないテーマ曲を延々と聞きたくない人は、本編が終わったら、出口が混雑する前に出たいんです!

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の時に、「エンドロールの後に重要な映像が流れます」という案内があったので、エンドロールが終わるのをずっと待っていたのだけど、いくら有名なテーマ曲であっても、全曲聞くと飽きることが多い。

聞きたい人だけ聞けばいいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
318位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR