映画評742 ~ 進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド

映画150920
今回は「進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド」

諫山創のコミックを基に人間を食う大型巨人と人類のバトルを圧倒的迫力で描いたアクションの後編。対巨人のために結成された調査兵団の一員となった主人公エレンの絶体絶命の戦いや、突如現れた黒髪の巨人の謎などが活写される。『巨神兵東京に現わる』などの樋口真嗣がメガホンを取り、三浦春馬や長谷川博己、水原希子、本郷奏多らが出演。インパクト抜群の巨人のビジュアルやハードな戦闘シーンのほか、オリジナルのキャラクターと設定が後半の物語に及ぼす影響や物語の行方も見どころ

主演は、三浦春馬
共演は、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭みなみ
その他、松尾諭、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼など


<ストーリー>
100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが・・・


いよいよ後編である。

前編もわけがわからなかったけど、いちおう完結はするんだろうな、とは思っていたけど・・・

あれで完結したのか?

何だか物語そのものが変わってしまったような感じを受けたけど。


冒頭では、前作で巨人になったしまったエレンが、鎖に繋がれて、今まさに銃殺されようかというシーンが出てくる。

もう「敵は巨人」ということなんか、どうでもよくなったみたいだ。

そして、エレンが銃殺されるのを阻止しようとしたピエール瀧が、しゃべっている途中でいきなり殺される。

殺したのは國村隼だけど、何と隣に立っている部下が持っている銃の引き金を、持っている小さなムチのようなもので、ちょっと触れただけで、弾が発射された、ということらしい。

あんなの、どう考えたって無理だろう。

でもまあ、そんなことはまだ序の口だからいい。

その後、エレンが謎の巨人に捕まってどこかに連れていかれる。

そして、白い部屋の中で目覚めるエレン。

さらに、なぜか置いてあるジュークボックスに近づいたところで、どこから現れたのか、後ろからシキシマ隊長が出てくる。

劇中では、シキシマさんが助けた、ということになってるけど、いくら鈍い私でも、シキシマも巨人なんだろう、ということくらい、すぐわかるわい!

この部屋はいったい何なんだ?と思う間もなく、天井に映像が流されるかと思えば、どこから持ってきたのか木の椅子が用意されてるし、いつの間にかエレンもシキシマも白い服に着替えている。

ん?これは妄想の世界か?
そんな感じのするシーンだった。

そんなことより、シキシマさんって、何と言うか・・・・キモい!

全体に漂う気持ち悪さ感は、その後も違う形で出てくるのだけど、どういうキャラ設定なんだかよくわからない。

そして物語は、ここから急展開する。

何と、巨人は「実は人間だ」ということらしい。
人体実験の結果、ああなったんだとか。

いや、うすうす気が付いてはいたけど、爆発していきなり巨人になるって、いったいどういう理屈なの?

シキシマさんなんかも、もはや「なりたい時に、簡単に巨人になれる」みたいで、こうなったら、もう何がなんだかわからない。

お前らウルトラマンか!と思わずツッコみたくなるような展開だ。

その後、キリシマさんが考えていることがわかり、実は塀の中の人間たちは政府に騙されているんだ、ということらしいけど、その政府側の人間だと思われていた國村隼も、実は巨人だったりで、ますます話が混乱する。

ここからは、あのアホ面の巨人たちはほとんど出てこなくて、人間同士(一部は巨人)の争いとなる。

でも、國村隼が変身する巨人は無茶苦茶デカいけど、エレンやシキシマさんがなる巨人は、二回りも三回りも小さい。

何でなの?

それと、エレンや國村さん、シキシマさんなどの巨人は、理科室に置いてある人体模型みたいで、ちょっとカッコいいのだけど、前作で大量に出ていたアホ面の巨人たちって、いったい何なの?

実験で、どんな失敗をしたら、あんなになっちゃうの?

まあそれもいいとして、後は壁を壊す・壊させないの攻防になるのだけど、これも何だかよくわからない。

壁に開いた穴を防ぐために、壁の上の方を壊す、というのも、前作で言っていたから、何となく聞いていたけど、実際に壁の上の方を壊したところで、あんなにうまく穴は塞がらないだろう、と思うのだけど違うかな?

というか、前作でもそうだったけど、目の前に大きな壁の破片が落下しまくっているというのに、どうしてみんなに当たらないの?

というか、どうして遠くに逃げないの?

CGを使うのはいいけど、ちょっといいかげんすぎる。

最後の方で、落ちていくエレンをミカサが助けるシーンなんか最悪!

まわりを大きな壁の破片が落下しているというのに、まったく二人には当たらない。

ミカサが破片を避けながら助けている、というよりは、そもそもシーンがまったく違うというのがモロバレで、見ていて情けなくなってしまう。

そして、最後

いきなり巨人になった國村さんに対して、エレンにやられたと思われていた(思ってないけど)シキシマさんが、なぜか爆弾を持ったまま突っ込んでいって共に爆発し、果ててしまった。

その時のシキシマさんの言葉「(エレンは)オレの獲物だ!」

まったく意味不明だ。

國村さんに殺されそうになっていたエレンを助けるのではなく、わざわざ共倒れを狙っていった感じ。

アンタ、政府の陰謀を打ち砕くんじゃなかったの?

要するに、アンタはいったい何しに出てきたの?

とにかく、これでハッピーエンド・・・

・・・かと思っていたけど、何となく悪い予感がしてエンドロールが終わるまで待っていたら、案の定。

原作もまだまだ続いてるのだから、ここで終わるはずはないと思っていたけど、この後いったいどうするつもり?

もう見たくはないけど、気にはなる。

でも、エレンとミカサが最後に壁の上に立った時、壁の向こうには巨人なんか一人もいなかったけど、どういうこと?

というわけで、何だかわからないうちに、話は終わってしまいました。

あのアホ面巨人たちが、まったく関係なくなってしまっていることに、ちょっと驚きましたが、先の読めない展開は、ハラハラ・ドキドキの連続でした(棒)

とにかく期待(?)以上のわけのわからなさで、「原作って、なんでそんなに人気があるの?」と、逆に気になってきました。

ということで、評価は「C」にします。

次回作が出たら・・・見るかどうかわかりません!


さて、役者さんたちについて。

三浦春馬は、前作では「意外とハマっている」と書いたけど、やっぱりダメだな。

もともと腹から声を出していないので、絶叫シーンなんか、ほとんと声が枯れてしまっている。

それがまた、絶叫シーンが多いものだから、余計に気になった。

シキシマ役の長谷川博己がキモい!というのは、役柄のせいなのか、本人がもともと持っているものなのかはよくわからない。

國村さんは、あんな役引き受けていいのかね。

ちょっとイメージ悪くなったぞ。

だいたい、國村さんが出ているのに、どうしてここまで陳腐に見えてしまう映画が作れるのか、わたしには理解できませんでした。

本郷奏多も、何だかなあ。

存在感のある顔しているのだけど、如何せんセリフ回しがねえ。

むしろ存在感だけなら、黙っている時の水原希子の方がいい。

石原さとみは、一人だけ存在感のある演技をしていたせいで、逆に浮いていた。

桜庭みなみは、いったい何なんだ?

原作ではどういうキャラなのかは知らないけど、重要な役どころなのだったら、もう少ししゃべらせてやれよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR