映画評746 ~ PAN/ネバーランド、夢のはじまり

今回は「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」

映画151031

著名な冒険物語「ピーターパン」を、『つぐない』などのジョー・ライト監督が独自の視点で実写映画化。ピーターパンにはオーディションで抜てきされた新星リーヴァイ・ミラー、悪役の海賊黒ひげをヒュー・ジャックマン、フック船長に『トロン:レガシー』などのギャレット・ヘドランド、タイガー・リリーを『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラが演じる。黒ひげと対峙するピーターのストーリーなど、新たなピーターパンの描かれ方に期待

主演は、リーヴァイ・ミラー
共演は、ヒュー・ジャックマン、ギャレット・ヘドランド、ルーニー・マーラ、アマンダ・セイフロイド、
その他、アディール・アクタル、ノンソー・アノジー、キャシー・バーク、エメラルド・フェネル、カーラ・デルヴィーニュなど


<ストーリー>
ロンドンの児童養護施設で生活している少年ピーター(リーヴァイ・ミラー)は、ある日生き別れた母(アマンダ・セイフライド)が残した手紙を見つける。その後、冷酷な海賊・黒ひげ(ヒュー・ジャックマン)が立ちふさがる異世界ネバーランドにたどり着く。そしてピーターは、若いころのフック船長(ギャレット・ヘドランド)や女戦士タイガー・リリー(ルーニー・マーラ)と出会い


肩の凝らないファンタジーのはずなのに・・・

思ったよりツマらなかった。

何と言うか、何がどうなっているのかよくわからない。

途中で一瞬寝てしまったほどだ。

3Dで見たので、確かに映像はきれいだったけど、如何せん展開がよくわからないので、中に入っていけなかった。

「何かやってるな」というのはわかるのだけど、アクションも中途半端だし、描き方も中途半端というのか、せっかく主人公が空を飛べたというのに、見ていて飛んでる感がまったくない。

しかも、主人公が妙に大人びていて、子供感があまりない。

他の子供たちと比べても、その違いは歴然で「永遠の子供」になるはずなのに、もうすでに大人になっているようだった。

さらに、最後に黒ひげと戦う場面の表情は、笑顔というよりは、オーメンのダミアンみたいで、逆に怖かった。

あと、ネバーランドって、いったい何だったのか、今いちよくわからない。

最終的に、孤児院の子供たちがみんなで行くところだけど、どっちかと言うと、奴隷が連れていかれるところみたいで、あまりいいイメージがない。

ヒロインもあまり魅力的でなかった!?のも、面白くなかった原因の一つだろうか。

ということで、評価は「C」にします。


あと、フックを演じる役者さんが、その行動(女性と見るや、すぐに声を掛ける)を見ていると、何だか羽賀研二に見えてしまって、ちょっと笑ってしまった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
333位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR