映画評750 ~ コードネーム U.N.C.L.E

今回は「コードネーム U.N.C.L.E.」

映画151122

1960年代の人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、『スナッチ』などのガイ・リッチー監督が新たな視点で映画化。東西冷戦下、CIAとKGBのエージェントが協力し合い世界規模のテロ事件を阻止すべく奮闘する。プレーボーイのソロと堅物クリヤキンという水と油のスパイコンビを、『マン・オブ・スティール』などのヘンリー・カヴィルと、『ローン・レンジャー』などのアーミー・ハマーが熱演。そのほか『アンナ・カレーニナ』などのアリシア・ヴィキャンデル、ヒュー・グラントらが脇を固める。

主演は、ヘンリー・カヴィル
共演は、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィカンバー、エリザベス・デビッキ、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント
その他、ルカ・カルヴァーニ、シルヴェスター・ビロート、クリスチャン・ベルケル、ミシャ・クズネツョフ、ガイ・ウィリアムズ、デヴィッド・ベッカムなど


<ストーリー>
東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。


これは面白かった。

テレビドラマの「0011ナポレオン・ソロ」は、私も何となく覚えているのだけど、アメリカと旧ソ連のスパイが共同で・・・というストーリーだ、というのは実は知らなかった。

そういう意味では、斬新な内容ではあるのだけど、何せ1960年代の話。

当時の乗り物・服装などの文化をあらためて見ると、「古いなあ」という気持ちがわいてくる。

そんな時代の物語なので、スパイ映画と言っても、「ミッション・インポシブル」とかみたいな派手さには欠ける。

それを補っているのが、所々に配されている軽妙なやり取り、というか、ユーモアだと思う。

当時のアメリカとソ連の技術の差(盗聴器とか金網を焼き切る機器とか)みたいなものが、随所に出てきて、「なるほど、当時はソ連の方が進んでいたんだ」と思う一方、アメリカとしては、技術の差は経験と頭の回転の速さでカバー、みたいな描写もあって、なかなか面白かった。

展開の方も、二転三転があって、適度なハラハラ・ドキドキ感もあり、それらが派手さのない部分を補っていた。

主役の二人もいい演技をしていたと思う。

ということで、「すげ~」という部分がなかった分、多少減点して、評価は「B」にします。


これがシリーズ化されるかどうか知らないけど、もしされたとしたら、もちろん見ます。

でも、当時の文化をそのまま再現するのは、結構大変そう!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
316位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR