映画評757 ~ 猫なんてよんでもこない

今回は「猫なんかよんでもこない」

映画160130

『映画 鈴木先生』などの実力派俳優風間俊介を主演に迎え、杉作の人気漫画を映画化した人間ドラマ。実話をベースに、パッとしないボクサーと2匹の猫たちの何げない日々の暮らしをつづっていく。歌手やタレントとしても活躍する『ウルトラマン』シリーズなどのつるの剛士が主人公の兄を好演し、ヒロインを『サムライフ』などの松岡茉優が演じている。猫との暮らしで新たな自分を発見する男の物語にじんとする

主演は、風間俊介
共演は、つるの剛士、松岡茉優
その他、内田淳子、矢柴俊博、市川実和子など


<ストーリー>
プロボクサーとして芽が出ず空虚な日々を送っていたミツオ(風間俊介)の兄(つるの剛士)が、ある日、2匹の猫を拾ってくる。彼はもともと犬派だったものの、ふとしたきっかけでなぜかその猫たちの面倒を見ることに。夢破れて沈みがちなミツオだったが、彼の気持ちなどお構いなしにマイペースで生活する猫たちとの暮らしが始まる。


これは良かった。

いわゆる「ほのぼの」系だし、映画館でも予告編はなかったのだけど、猫も大好きなので見ることにしたわけだけど、正直言うとあまり期待はしていなかった。

ただ、ある程度は面白いだろう、とは思っていたわけで、実際見てみると、これが思った以上だった。

とにかく、圧倒的に猫が面白い。

「かわいい」という面も、もちろんあるけど、画面に登場する猫(2匹)が、自由きままに走り回っていて、それがものすごく映像を引き立てている。

「ただ映しただけ」とか「無理やりな演技」とか「どこか他所で撮ってきたのを貼り付けたみたいなシーン」とかではなく(一部はそうなんだろうけど)、今まさに目の前で暴れまわっているので、それを見るだけでも楽しい。

そんな中で、主演である風間俊介のコミカルな演技も、とても合っている。

まあ、猫の演技の邪魔をしていない、と言った方がいいのか!?


ストーリー自体は平凡だ。
特に大きなヒネりはない。

むしろ、主人公とウメさんとのやり取りは、ちょっと抑え気味になっている。

まあ、ラストはあんなものだろうけど、違和感はなかった。

ということで、思った以上に楽しめたので、評価は「A」にします。

まあ、精神的に落ち込んでいる時って、こういう映画はいいかも知れません。


あと、劇中でも出ていた「イヌ派」とか「ネコ派」

私もたまに聞かれることはあるが、私は両方とも好きだ。

確かに「ネコは呼んでもこない」けど、遊んでいると楽しい。

一方、イヌの方は、「呼んだら来る」と簡単に言うが、主従の関係はネコよりもシビアなので、自分より格下だと見ると、呼んだって来やしない。

その点、ネコは自分勝手なので、家の中の順位なんか関係ない。

もちろん、イヌも飼ってみると、ホントにかわいいと思う時があるわけで、単純に「どっちがいい?」と聞かれたって、答えようがない。


ただ、映画で見る時は、基本的にイヌが主役級で出ている時は、まず見ない。

無理やり演技をさせているのがバレバレだからだ。

ホントに喜んでいる時と、そうでない時のしっぽを振り方は、まったく違う。

そこを「そんなのわからんだろう」みたいな感じで、適当にやっている映像を見ると、ホントに腹が立ってくる。

その点、ネコの場合、はなから演技なんてさせようとする方がおかしいわけで、自然な演技(というより、ただ好き勝手に走り回っているだけ)が、見ていて楽しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR